サイト内検索
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 出版物の紹介 を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
哲学(8 件)
上のカテゴリへ
並び替え|タイトル|日時 |ヒット数|現在の並び: 日時 (新→旧)
1 - 8 件目 ( 8 件中)   
廣松哲学ノート -「共同主観性」の哲学と人間生態系の思想 高ヒット
廣松哲学ノート -「共同主観性」の哲学と人間生態系の思想
2016/11/6 3:30  投稿者: com21 (記事一覧) [ 1231hit ]
「共同主観性」という概念を糸口として、廣松渉の哲学の諸論から学び、廣松いうところの人間生態系、地球生態系の保護・防衛のために、それと関説して、現代の「世界戦争」状況にかかわる思想的諸問題を考える。 【序章より(抜粋)】 本書『廣松哲学ノート─「共同主観性」の哲学と人間生態系の思想』は、私が、二〇〇六~二〇〇八年にかけて刊行した、『廣松哲学...
発行元社会評論社 (2016/10)
体 裁単行本: 248ページ
価 格2200円+税
著 者渋谷 要
アウトノミーのマルクス主義へ―廣松哲学と主権の現象学(3) 高ヒット
アウトノミーのマルクス主義へ―廣松哲学と主権の現象学(3)
2008/7/28 0:24  投稿者: com21 (記事一覧) [ 1172hit ]
〈緑〉のコミュニズムへ。前衛主義の破産が告げられた現代においてこそ、マルクスが展望した「政治的規制を端的に廃棄する自律(アウトノミー)」の地平における人間的自由の思想が甦る。【目次】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーはじめに    アウトノミーとマルクス主義    〈共〉としての「自主管理」闘争の思想    基礎条件としての「ラディカルな...
発行元社会評論社 (2008/07)
体 裁四六判並製/271ページ
価 格2000円+税
著 者渋谷 要
東洋自然思想とマルクス主義―東洋・日本の土着伝統思想と今日の普遍世界的時代におけるマルクス主義と 高ヒット
東洋自然思想とマルクス主義―東洋・日本の土着伝統思想と今日の普遍世界的時代におけるマルクス主義と
2007/11/27 23:56  投稿者: com21 (記事一覧) [ 3298hit ]
東洋・日本の土着伝統思想と 今日の普遍世界的時代におけるマルクス主義第1部 司馬遷『史記』の古代東洋文化の原点である“殷周革命”の両義的性格について第2部 東アジア世界の土着的伝統思想-中国・インド・日本・英雄的ヴェトナム自己解放運動における儒教とマルクス主義との現代的フュージョン・『バガヴァッド・ギーター』の時代と、現代における「正法」と...
発行元御茶の水書房 (2007/11)
体 裁655ページ
価 格9,450円
著 者いいだもも
ロシア・マルクス主義と自由―廣松哲学と主権の現象学(2) 高ヒット
ロシア・マルクス主義と自由―廣松哲学と主権の現象学(2)
2007/8/27 23:54  投稿者: com21 (記事一覧) [ 1265hit ]
『構成的権力』のネグリに学びつつ、エコロジズムと廣松社会哲学、マルクス経済学、現代物理学の諸成果を論述の手段として、近代資本主義国家を超えようとしたロシア・マルクス主義の破産を思想史的に再審。【目 次】ーーーーーーーーーーーーーーーーー  はじめに─ロシア革命九〇周年にあたって─0●─ネグリの創造性と革命ロシア問題   「構成的権力」概念と...
発行元社会評論社 (2007/08)
体 裁四六判並製/263ページ
価 格2000円+税
著 者渋谷 要
国家とマルチチュード―廣松哲学と主権の現象学 高ヒット
国家とマルチチュード―廣松哲学と主権の現象学
2006/4/27 23:33  投稿者: com21 (記事一覧) [ 1277hit ]
「前衛―大衆」図式を超えようとする廣松渉の問題意識とネグリの「マルチチュード」(多数多様性)の親和性。国家の機制を解明し、それを超えていく人間的自由の共同性に向けた論考。ーーーーーーーーーーーーーーー【目 次】序章 民衆的マルチカルチャリズムへ     国家を論じることの必然     「マルチチュード」と廣松の「前衛―大衆」図式の克服論の親和...
発行元社会評論社 (2006/04)
体 裁四六判並製/291ページ
価 格2000円+税
著 者渋谷 要
“主体”の世界遍歴〈3〉―八千年の人類文明はどこへ行くか 高ヒット
“主体”の世界遍歴〈3〉―八千年の人類文明はどこへ行くか
2005/11/28 0:00  投稿者: com21 (記事一覧) [ 2949hit ]
宇宙形成から地球生物の誕生を起点に、人類が織りなした文明の軌跡を遡り、9.11事件の「いま、ここから」から8000年の文明史を俯瞰する。第三巻は、ヘレニズム時代やローマ帝国を考察、人類精神史を分節化して再総括する。 ‐第三巻目次‐VII部 古典古代ギリシア文化の曲者的一極であるディオニューソス大神のすべて第1章 ディオニューソス神は、 二つの面をかぶり、 ...
発行元藤原書店 (2005/11)
体 裁2655ページ
価 格8,820円
著 者いいだもも
“主体”の世界遍歴〈2〉―八千年の人類文明はどこへ行くか 高ヒット
“主体”の世界遍歴〈2〉―八千年の人類文明はどこへ行くか
2005/11/28 0:00  投稿者: com21 (記事一覧) [ 3272hit ]
宇宙形成から地球生物の誕生を起点に、人類が織りなした文明の軌跡を遡り、9.11事件の「いま、ここから」から8000年の文明史を俯瞰する。第二巻では、古典古代ギリシア文化やアテネ民主主義に関する論考などを収録。‐第二巻目次‐2 部 東西文明の交差する 〈主体の世界遍歴〉 へ (承前)第3章 地中海世界の青銅器時代から鉄器時代への遷移第4章 古典古代ギリシア...
発行元藤原書店 (2005/11)
体 裁1786ページ
価 格8,820円
著 者いいだもも
主体の世界遍歴〈1〉―八千年の人類文明はどこへ行くか 高ヒット
主体の世界遍歴〈1〉―八千年の人類文明はどこへ行くか
2005/11/28 0:00  投稿者: com21 (記事一覧) [ 3080hit ]
宇宙形成から地球生物の誕生を起点に、人類が織りなした文明の軌跡を遡り、9.11事件の「いま、ここから」から8000年の文明史を俯瞰する。第一巻は、ウィトゲンシュタインとメルロ・ポンティについての論考などを収録。 西洋文明の原点となる古典古代ギリシアを形成した蛮族とは?ミノア・ミュケーナイ文明を解明し、東西文明顛倒の濫觴となったペルシア戦争の目撃者ヘ...
発行元藤原書店 (2005/11)
体 裁883ページ
価 格8,820円
著 者いいだもも
1 - 8 件目 ( 8 件中)   
GNavi   (based on MyAlbum-P)