サイト内検索
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 写真速報 を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
大野和興(8 件)
上のカテゴリへ
並び替え|タイトル|日時 |ヒット数|現在の並び: 日時 (新→旧)
1 - 8 件目 ( 8 件中)   
孤立し漂流する社会を生きる私 高ヒット
孤立し漂流する社会を生きる私
2016/5/27 21:24  投稿者: com21 (記事一覧) [ 1812hit ]
市民がつくる“憲活”レポート 憲法を変えようという動きが強まっていますが、本当にいいのでしょうか? まず、くらしの足元にたちかえって、のびのびとおだやかに、平和に自由に生きていく上で、憲法が果たしている役割を考えます。そして、お年寄り、若者、女性、子どもに寄り添いながら、何ができるかを考えます。■目 次ーーーーーーーーーーーーはじめに 大野...
発行元七つ森書館 (2016/5)
体 裁新書: 131ページ
価 格1000円(税込
著 者日本消費者連盟/消費者・生活者9条の会
3.11から一年 近現代を問い直す言説の構築に向けて 高ヒット
 3.11から一年 近現代を問い直す言説の構築に向けて
2012/5/27 23:47  投稿者: com21 (記事一覧) [ 3716hit ]
変革のアソシエ『年誌第3号』(2011年版) 3.11から一年 近現代を問い直す言説の構築に向けて3.11とその後の一年は何だったのか。近現代を問い直しつつ脱原発への確固たる言説・思想を構築しなければならない。大震災から一年、日本の何が変わり、何が変わらなかったのか。考えるよすがを本誌論文よりくみ取って欲しい。
発行元御茶の水書房 (2012/05)
体 裁A5ソフトカバー
価 格2,100円
著 者本山美彦,大野和興,三上治,川元祥一,河村哲二,高橋順一,伊藤述史
食大乱の時代 - “貧しさ”の連鎖の中の食 高ヒット
 食大乱の時代 -  “貧しさ”の連鎖の中の食
2008/7/8 23:53  投稿者: com21 (記事一覧) [ 2507hit ]
いま、食と農の世界が音をたてて崩れている。人びとの食を支え、そのことによって土や水を守り、地域の自然環境を守ってきた食と農の現場から世界を見据える。-------------------------------------------…食べることの根っ子のところで「食糧危機」が大きな問題になっています。……本書は、これらのグローバルな危機の要因とそれへの対抗軸を、身近な具体例を豊富に紹介しつつ...
発行元七つ森書館 (2008/7/8)
体 裁B6判 263P
価 格1,890円
著 者大野和興、西沢江美子
百姓が時代を創る[増補改訂版] 高ヒット
百姓が時代を創る[増補改訂版]
2008/2/28 9:40  投稿者: com21 (記事一覧) [ 2390hit ]
農民作家の雄と生涯一ジャーナリストが語り尽くしてから3年、グローバリズムは「農業恐慌」と「新しい貧困」をもたらした。農に吹く新しい風を論じ「環境問題、原油高、食品偽装、子どもの教育など、農業抜きでは解決できません」と食糧問題の根っこを考える!
発行元七つ森書館 (2008/2/2
体 裁単行本: 272ページ
価 格1,890円
著 者大野和興、山下惣一
儲かれば、それでいいのか - グローバリズムの本質と地域の力 高ヒット
儲かれば、それでいいのか - グローバリズムの本質と地域の力
2006/5/2 19:08  投稿者: com21 (記事一覧) [ 3673hit ]
グローバリゼーションや規制緩和を主張する人びとのモデルは、いつもアメリカでしかない。政治家が、強者の利益を公然と誘導するアメリカのルールがはびこっていいのか? 勝ち組だけがいい思いをする日本で、いいのか?グローバル・スタンダードの本質を平明に解きあかした本書は、地域の独自性の回復、暮らしを成り立たせる農業の復権など、自らの暮らしを自らの基準...
発行元コモンズ(2006/05)
体 裁四六判/176ページ
価 格1,575円
著 者本山美彦、三浦展、山下惣一、古田睦美、佐久間智子、古沢広祐、大野和興
日本の農業を考える(岩波ジュニア新書) 高ヒット
日本の農業を考える(岩波ジュニア新書)
2004/4/20 23:58  投稿者: com21 (記事一覧) [ 2864hit ]
スーパーや八百屋にならぶ大量の農畜産物。それらはどこで、どのように作られている?残留農薬や狂牛病、鳥インフルエンザなど、食の安全を脅かすこれらの問題はなぜおこる?食への不安が高まるいま、私たちの食料供給の根幹をささえる日本農業の現状と課題を考察し、風土に根ざした農業の再生を展望します。
発行元岩波書店 (2004/4/20)
体 裁新書 210P
価 格861円
著 者大野和興
アジア小農業の再発見 高ヒット
アジア小農業の再発見
1998/4/19 1:20  投稿者: com21 (記事一覧) [ 818hit ]
 アジアの経済成長は、かつて日本がそうであったように、小農業の衰退を招いている。アジアを覆う農業の崩れの背後にはどのような論理と力が働いているのか。 アジアの村々で展開された「縁の革命」と、ODAの農業援助などによる農業の近代化は農民の暮らしを豊かにするどころか、逆に不安定化させ、農業の破壊と環境の破壊をもたらすばかりであった。しかし「農業...
発行元縁風出版 (1998/04)
体 裁四六判並製/269ページ
価 格2200円
著 者岩崎美佐子/大野和興[編著]
農と食の政治経済学 高ヒット
農と食の政治経済学
1994/5/4 18:17  投稿者: com21 (記事一覧) [ 2313hit ]
農業の自由化・国際化は、日本の農業と食生活に何をもたらすのか?本書は、日本の農と食をめぐる現状を分析、その全面的解体ともいうべき状況がなぜ生まれたかを考え、再生と自立の方向を探る。【目次】第1部 日本農業の解体と再編 第一章 百姓と農業のいま 第二章 日本農業「解体」へのあしどり 第三章 ガット・ウルグアイ・ラウンド合意と農業再編 第四...
発行元緑風出版 (1994/05)
体 裁四六判上製/304頁
価 格2400円+税
著 者大野和興
1 - 8 件目 ( 8 件中)   
GNavi   (based on MyAlbum-P)