サイト内検索
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが スケジュール を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
金融権力 - グローバル経済とリスク・ビジネス(岩波新書) 高ヒット
2008/4/22 4:58 投稿者: com21 (記事一覧) [ 2592hit ]

サブプライムローン問題から、新たな秩序の模索へ
世界経済をゆるがしたサブプライムローン問題は、「カネこそが商品」となった現在の投機的金融システムの危機と限界を明らかにした。ブレトンウッズ体制の崩壊にさかのぼり、金融が本来の役割を離れて「リスク転売ビジネス」の性格を深めていった過程を具体的にたどる。金融に秩序を取り戻すために何をすべきかを真摯に問う。
-------------------------------------
■目次
はじめに
第一章 サブプライムローン問題が示したもの―金融システムの危機
 1 サブプライムローン問題の衝撃度
 2 一挙に拡大した金融危機
 3 安易な貸付を促進させた背景
 4 金融権力の威力─格付け会社と企業
第二章 金融の変質─「金融技術」の仕組み
 1 ギャンブルの社会化
 2 ヘッジファンドは「金持ちクラブ」
 3 ヘッジファンドの収益源
 4 不確実性と経済学─ケインズ、ヒックスの懐疑
第三章 リスク・テイキングの理論―シカゴ学派の論客たち
 1 数学者と金融商品─クオンツ
 2 リスクの移転─ブラック=ショールズ・モデル
 3 ドルのアメリカ環流―円キャリー・トレード
 4 企業の資金調達をめぐって―モディリアーニ=ミラー命題
第四章 新金融時代の設計者たち─ミルトン・フリードマンを中心に
 1 通貨先物市場の創設─レオ・メラメッドの意図したこと
 2 モンペルラン協会─反マルクス、反ケインズの潮流の中で
 3 フリードマンの自由観
 4 クルーグマンのフリードマン批判
 5 「ノーベル経済学賞」の装われた中立性
第五章 リスク・ビジネスのはてに─脆弱な金融
 1 過剰金融と債権の証券化
 2 グローバルな危機の配当
 3 短期化する金融
 4 ドル神話の終わり─多極的通貨体制へ
終章 金融権力に抗するために─新たな秩序への道筋
 1 生産を軽視する金融
 2 「地域」に向き合う思考
 3 ESOPのすすめ─金融ゲームを終わらせるために
あとがき
主要参考文献/巻末資料/索引

参考URLhttp://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0804/sin_k406.html
発行元岩波書店 (2008/4/22)
体 裁新書: 242ページ
価 格819円
著 者本山美彦
ISBN4004311233
カテゴリ内ページ移動 ( 39  件):     1 ..  22  23  24  25  26  27  28  .. 39    
GNavi   (based on MyAlbum-P)