サイト内検索
月別アーカイブ
人気記事(最近)
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが スケジュール を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
1 / 7112345...102030...最後 »

編集室から(102) カストロ元議長の死を悼む

■編集後記
ゲバラとカストロ 去る11月25日、キューバのフィデル・カストロ元議長が亡くなった。90歳だった。1959年、アメリカの傀儡(かいらい)であったバティスタ政権を打倒し、その後のキューバを社会主義に導いてきた素晴らしい指導者だ。

 キューバ革命政権の誕生によって、のど元にナイフを突きつけられた形となったアメリカは経済封鎖や軍事介入でキューバを苦しめたが、それでもキューバは一歩もひるむことなく持ちこたえ、教育・医療の無料化など貧困者のためにたたかい続けた。カストロ議長の死をキューバ国民は心から悲しみ、万余の人々が弔問の列に並んだ。追悼の記事を来年掲載予定だが、ゲバラとカストロの名は人類が永く記憶に留めて置くべき名だろう。

 日本では相変わらず安倍政権の暴走が止まらない。経済政策の破綻を年金や医療保険など弱者にしわ寄せし、戦争法を可決するや南スーダンへ派兵、そして今度はカジノ法強行採決だ。国民の年金資金を株式相場につぎ込み巨額の損害をこうむったばかりだが、他人の金で大損してもバクチの怖さは学習できないらしい。こんな政権は一刻も早く打倒しなければ本当に日本は「亡国」となる。

 本紙にこれまで8年間100号分全ての目次と表紙写真を掲載した。3~6ページで独立しているので、永久保存版としてご利用いただきたい。読者のみなさん、今年もお読みいただき感謝します。来年もよろしくお願いします。(幹)
この記事の続きを読む »

機関紙カンパのお願い

読者の皆さまへ。

 寒さもきびしくなってまいりましたが、皆さまにはご健勝にてお過ごしのことと思います。

 安倍政権は強行採決された戦争法にもとづき、いよいよ紛争国に武装自衛隊を派遣する事態となりました。戦後70年間守り抜いてきた私たちの平和憲法が事実上踏みにじられようとしています。また国際政治を扼する重要な要となるアメリカでは排外主義・差別主義のトランプが大統領となり、日米の危険極まりない排外的軍事同盟が推進されようとしています。

 グローバリズム資本主義の破綻が私たちの生活をますます困難にするのみならず、それを遠因として極右勢力が台頭し、世界中で戦争やテロの危険が高まりつつあります。

 しかし、これを変革しようとする私たちの隊列はまだまだ弱体であり、極右勢力の拡大を許してしまっている有り様です。この状況を打開するためにも、私たちは『コモンズ』をより役立つ新聞として充実させ、また部数拡大と月2回刊、3回刊へと発展を目指さなくてはなりません。またそのためにも編集体制の強化、インターネットとの連携が必要です。『コモンズ』を真に闘う労働者市民の役立つ新聞とするために、何卒、皆さまのお力をお貸し下さい。下記要項にてカンパをよろしくお願いします。  (コモンズ編集機関紙局

■郵便振替口座/00100-5-391171(コモンズ政策研究機構)

クリックで拡大

郵便局に備え付けの「払込取扱票」用紙の左側に、
・口座番号:00100-5-391171
・金  額:カンパいただける金額
・加入者名:コモンズ政策研究機構

をご記入いただき、郵便局の窓口へお持ちくださるか、ATMの「送金」ボタンを押して案内に従ってください。
右側に「払い込む人(あなた)の住所、氏名、電話番号」の記載欄があり、ここが領収書になります。
通信欄もありますので、コモンズに伝えたいことがございましたら、自由にお書き添えください。
この記事の続きを読む »

1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-

仙台・羅須地人協会

1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-へのお誘い


1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-チラシ表 1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-チラシ裏
(チラシ裏表、画像クリックで拡大)

○日時 2017年1月21日(土)13時00分~16時00分(開場12時30分)
○会場 名取市文化会館(仙台空港アクセス線「杜せきのした」、徒歩8分。
    タクシー利用の場合は名取駅からが便利です。→地図
○プログラム
 基調講演 「宮沢賢治と高橋秀松」
       大内秀明(仙台・羅須地人協会代表、東北大学名誉教授)
 太鼓演奏 「復興太鼓」宮城県農業高等学校和太鼓部
 群  読 宮沢賢治作「かしわばやしの夜」ほか
      NPOシニアネット仙台朗読グループ「注文の多い料理店」(代表:加藤益子)
○主催 仙台・羅須地人協会
この記事の続きを読む »

「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告

「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ

「GSEF2016モントリオール大会」から見えた「社会的連帯経済」の到達点と今後

(チラシ:裏・表、画像クリックで拡大)
「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告 「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告(裏)
⇒チラシダウンロード(PDF)

■日時:2017年1月15日(日)午後1時半~5時(開場1時)
■会場:明治大学駿河キャンパス:グローバルフロント2階4021教室
   (⇒アクセス地図キャンパスマップ
■共催:ソウル宣言の会/明治大学日欧社会的企業比較研究センター


■プログラム
  1. 開会及び主催者挨拶
    ・明治大学日欧社会的企業比較研究センター代表
     中川 雄一郎 明治大学政経学部教授
  2. 報告
    (1)2013年の「ソウル宣言」から2016年の「モントリオール宣言へ」
       ソウル宣言の会代表 若森 資朗
    (2)GSEF2016モントリオール国際会議参加報告
       大会参加団団長・明治大学副学長・元日本協同組合学会会長 栁澤 敏勝 氏
  3. パネルディスカッション:モントリオール大会の成果とは?
    司会 ソウル宣言の会 牧 梶郎
    パネリスト モントリオール大会参加者
    高井 康裕 さん(中小企業組合総合研究所 理事長)
    松田 舞 さん(アジェンデ21)
    瀬戸 大作 さん(パルシステム生活協同組合連合会・地域支援本部担当部長)
    上野 しのぶ さん(生活クラブ山梨 理事長)
    松村 和則 さん(筑波大学 名誉教授)
    鈴木 岳 さん(生協総合研究所研究員)
  4. 2018年の開催地、ビルバオ市、モンドラゴン市の紹介
    ・明治大学 特認教授
     マット・ノイズ
この記事の続きを読む »

コモンズ川柳(二〇一六年師走)/乱鬼龍(川柳作家)

・安倍悪政もはや悪魔と化す政治

・列島に憤怒の声は発火点
2016師走・大掃除
・滅びへの道にあふれるノーテンキ

・私なら文春砲より川柳砲

・去年今年貫く末世諸行無常

(『コモンズ』102号の目次に戻る)

書評】サンダーズが展望するアメリカの未来(『世界』12月号)/大野和興

書評】『インタビュー:サンダーズが展望するアメリカの未来』(「世界」12月号)

トランプに真っ向から対峙する人物が語るアメリカ

大野和興(ジャーナリスト)

最悪の二人、安倍・トランプ 米国の次期大統領になったドナルド・トランプをどう規定するかは、一筋縄ではいかないが、排外主義のレイシストで、扇動家であるといういい方は間違いではあるまい。政治家である前に、人間として最低の部類に属する人物像ではある。
 「類は友をよぶ」ということわざがあるが、世界の首脳のなかでいち早くトランプと面会した安倍首相が、面会直後の記者会見で「信頼できる人物と確認できた」と話したのは、自分はトランプと同類の人間だと認めたようなものだろう。トランプ・安倍会談に意味があったとすれば、安倍が自ら自分もレイシストであることを世界に知らしめたことにあるのが、とても面白い。

 今回の米大統領選はもう一人の人物を生みだした。ヒラリー・クリントンと最後まで民主党大統領候補の座を争ったバーニー・サンダースである。社会主義者を自任する人物が大統領になっていたかもしれないと考えると、トランプ大統領出現と合わせて、現代アメリカを象徴する出来事ではあった。日ごろのニュースに接していて感じるのは、いま米国でトランプに真っ向勝負を挑んでいるのはサンダースにつきるということだ。

 ではサンダースとは何者か。雑誌『世界』2016年12月号の特集「混迷するアメリカ―大統領選の深層」所収のサンダースへのインタビュー「サンダースが展望するアメリカの未来」がおもしろい。内容は多方面にわたるが、三つに絞って紹介する。
この記事の続きを読む »

ナチスの真似は止めよう/三宮克己(元府中市議)

投稿
三宮克己(元府中市議)

ナチスの真似は止めよう

 10月29日の東京新聞朝刊、スポーツ欄にグリーンリボンランニングフェスティバルで今年も右手を斜めに高く差し挙げている選手宣誓の写真が出ていた。その前の6月にも都の女子中学軟式野球大会で同様のスタイルで宣誓をしているのを見た。
 主催者はスポーツ大会での形式として例年選手に実行させているのかも知れないが、これはあの悪名高いヒトラーが率いていたナチスの敬礼である。

 今なおナチスの戦犯を追及しているドイツでは思いもよらぬ行為だが、そのナチスと同盟を結んでいた日本では、戦争責任をあいまいにしているので、十分な反省もないまま、未だスポーツ界ではこれを継続している。1984年の若草国体の頃までは、選手団も右手を挙げて入場するナチス式行進であったが、さすが今は無くなっている。しかし礼式は残っているので他にも実行している団体があるのか、外国にもあるのか。もし自信があるのなら日本国内ばかりでなく世界大会やオリンピックででも実行して見るがよい。

 「花の維新もナチスの勝ちも、みんな僕らの若い手だ」と歌った私たちの世代には、意味もわからず今も誇らしげに右手を高く挙げているスポーツ青少年たちがヒトラーユーゲントにつながったと見えて傷ましい。見るも不愉快な光景だ。型だけでも、もうナチスの真似は止めよう。

※東京新聞に提言が届く間もなく11月1日、2日の各新聞に、欅坂グループのナチスばりの服装問題が、イスラエル側の抗議として日本ばかりか外国の新聞にも抗議。疑問の声が上がり、日本は当惑している。
この記事の続きを読む »

あけましておめでとうございます

2017酉年新年あけましておめでとうございます

激動の2017年!あけましておめでとうございます!
旧年中はわたしたち『コモンズ』に格別の配慮を賜り、誠にありがとうございました。
本年も変わらぬご支援、ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


なお、ブログのほうでは、引き続き2016年12月号の更新を続けます。
この機会に、最新記事がすぐにお手元に届く、定期購読のご検討をお願いいたします。


現在に生き続ける植民地主義<連載第4回> 「戦後」という名の植民地主義

「現在に生き続ける植民地主義<br />
―歴史的断絶を通して再生する同一の原理とその危機」【連載4】齋藤日出治 大阪労働学校・アソシエ副学長
連載第4回 (⇒前回を読む)

1933年に日本で制作された中国と東アジアの地図。満洲が中国から色分けされ、朝鮮は日本の領土とされている。

(前項「三.日本における植民地主義の統治術―生かす権力と殺す権力」の続き) 日本がアジアの植民地統治において発動した権力は、フーコーが指摘する生かす権力と殺す権力の双方であり、この二つの権力が車の両輪のようにして発揮された。つまり、日本はアジアの植民地に対して内政国家の二つの統治技術を発動したのである。

 日本は植民地に各種の調査機関を設け、統計学、地理学、地政学、人類学、地質学などあらゆる知を動員した調査研究を実施し、都市計画にもとづく都市建設、道路・鉄道・港湾などのインフラの建設、各種の産業開発を通して植民地におけるひとびとの生命活動を効率よく調整し動員し、そこから日本国家にとって有用な富を引き出すことを植民地政策の課題とした。
 植民地の地図の作成(植民地支配以前からひそかに測量技師を送り込んで行う潜入盗測もふくむ)、土地の測量、人口統計調査、識字調査、生計調査、医療と衛生の調査、工場労働の調査、人骨の分析、体力の測定、都市計画の整備、といった内務行政のような統治政策が植民地統治下で積極的に推進された。

戦前の植民都市ハルピン

大連、新京、ハルピン、北京、京城、釜山、台北、高雄など中国、朝鮮、台湾で植民地都市の建設が推進され、都市が「市街化区域」と「市街化調整区域」とに区分され、周囲には緑地地帯を設け、公園緑地と水利施設を設ける都市計画が整備された[11]

 要するに、フーコーが「内政」として位置づけた生権力の行使が、日本の場合、アジアの植民地地域において発動されたのである。その内政の統治を正当化するために、日本語教育、日本文化の普及、神社の建設など、現地社会の文化破壊行為が強力に推進された。
この記事の続きを読む »

主要記事一覧4(79号~100号+2)ー「コモンズ」100号への道(5)

(→前ページからのつづき)               【各紙面写真クリックで拡大↓】

【2015年】
コモンズ79号
第79号1月10日
■戦争でなく、人が人らしく生きられる
 共生・協同・連帯の道こそ希望!
■歴史的節目となる新しい年に!(各界から新年のごあいさつ)
■戦後70年、沖縄にとって/第6期沖縄意見広告関西集会
■11・2「ソウル宣言」プレ・フォーラム-新たな協働の発見
■GSEF(グローバル社会的経済協議会)創立さる!
■精神科クリニックの窓から
 「二等兵物語」と日本軍・日本人の名誉
■乱鬼龍
 「主体の危機、それをどう乗り越えることができるのか」

第80号2月10日
■対「イスラム国」戦争
 いったい誰が湯川さん後藤さんを殺したのか
■沖縄の民意を無視するな!1・25国会包囲
■沖縄県議団東京報告集会
■連帯関生支部旗開き/連帯関生支部滋賀県ミキサー車パレード
■新春第二特集 産別、職種・業種別組織のゼネラルユニオンへ
■大内秀明 戦後70年の『戦後』とは何か?
■大阪「府民のちから2015」結成
■マルクス経済学からみた『21世紀の資本』ピケティ検証
■映画紹介『日本と原発』/意見広告運動・関西キャラバン/GSEF報告
この記事の続きを読む »

主要記事一覧3(55号~78号)ー「コモンズ」100号への道(4)

(→前ページからのつづき)               【各紙面写真クリックで拡大↓】

【2013年】
コモンズ55号
第55号1月1日
■時代の左へ! 共生・協同の反資本主義対抗勢力を
 安倍極右政権の戦争国家への中央突破許さない
■新年のごあいさつ:
 大内秀明さん/尾形憲さん/矢山有作さん/土屋源太郎さん
 本山美彦さん/安次冨浩さん/山内徳信さん/野添憲治さん
■座談会《いのち》から《いのち》へ未来の希望を拓く
■労働者座談会 関生型モデルの成果と今後の発展
■田淵太一:論考「極右排外主義と対米従属の間隙を突く」
■根本がんさんが多田謡子反権力人権賞を受賞
■沖縄に呼応し厚木基地闘争/乱鬼龍「たたかいの文化を」

第56号2月10日
■平成の沖縄一揆:
 復帰後初144名の大直訴団、政府に建白書!
■NO OSPREY東京行動/関西集会/オスプレイ反対全国キャラバン
■宗教界の腐敗と闘う労働者/社会保障改悪阻止!
■労働者組織化の最前線/集団自衛権の行使容認へ
■米軍の前方展開戦力と化す自衛隊/砂川事件
■3・9~11反原発連続行動/第4期意見広告
この記事の続きを読む »

主要記事一覧2(31号~54号)ー「コモンズ」100号への道(3)

(→前ページからのつづき)               【各紙面写真クリックで拡大↓】

コモンズ31号【2011年】

第31号1月1日
■<年頭>人が人らしく生きられる社会へ
 東アジア・沖縄民衆と結び安保破棄を!「反資本主義左翼」挑戦への大きな協働を
■大きな結集めざし、力を合せよう!〈新年あいさつ〉
■生コン関連ストライキ勝利と今後の目標(武委員長)
 私達は座して死を待つより立って闘ったそして完全勝利した
■新春 労働者座談会:
 2010春闘5ヶ月の大ストライキ関生・闘争の現場から
■11月国際労働者シンポジウム「反資本主義左翼」への挑戦:仏NPAを招いて
■沖縄・第二期意見広告運動へのおねがい ほか

第32号2月5日
■許さん!米国・財界にひれ伏す菅政権
■第2期沖縄意見広告運動成功を
■新連載・TPPが農家の崩壊を加速する
■新連載・新防衛大綱解説
■4月門真市議選で左翼「真剣議員」復活を(戸田ひさよし)
■「プログラム」深化のために
■協同組合運動再生への課題(下山保・武建一)
■アラブ民主革命の大波/書評「新しい労働社会」 ほか
この記事の続きを読む »

1 / 7112345...102030...最後 »