辺野古リレー 5・21レジスタンス大行動 警察庁・海保前は怒りの渦に

国の暴力を許さない!沖縄への弾圧をやめろ!


5・21レジスタンス大行動 辺野古リレー ジグザグ会

警察庁前で座り込む抗議の人々

 沖縄では辺野古新基地建設強行のために、海上では本土から多くの海上保安庁職員が派遣され、また沖陸上でも沖縄県警だけでなく本土警視庁機動隊が動員され、現地で反対する住民と支援者に対して暴力を振るっている。とりわけキャンプ・シュワブゲート前では警視庁機動隊の凶暴さは沖縄県警よりもはるかにすさまじく、本土の沖縄への差別構造を見せつけるものだ。

 こうした本土の警察・海保に対する抗議の意志を込め、5月21日、辺野古リレー呼びかけによる抗議行動「レジスタンス大行動」が東京・霞が関の警察庁前と海上保安庁前の2ヶ所で行われ、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック、京都の川口真由美さん立川自衛隊監視テント村直接行動(DA)ジグザグ会、沖縄現地のヤスさんなど多彩な人々が参加し発言した。

5・21レジスタンス大行動 警視庁の弾圧 当日は抗議行動が始まる前から警察の目に余る挑発行為がおこなわれた。警察庁前では歩道に沢山の警官が並び、歩道をコーンで遮断し抗議行動への妨害をおこなってきた。ほとんど人通りもなく通行人もいない歩道で警察が叫ぶ「通行の妨げにならないように」という言葉が空々しい。抗議側がそれを追及するとコーンを引っ込め、次は集団で人垣を作り、抗議する市民たちを強引に一箇所に囲い込むという暴挙を行なった。
 こうした嫌がらせにも屈せず、参加者たちは海上保安庁前と警察庁前で抗議の声をあげ、沖縄の太鼓や三線によるエイサーのリズムに乗せてコールを行なった。「全ての基地を今すぐ撤去!」「米兵犯罪許さないぞ!」

5・21レジスタンス大行動 辺野古リレー ジグザグ会 この日の3日前に沖縄で女性への暴行殺人・死体遺棄事件が発覚したため、沖縄から参加が予定されていた沖縄平和運動センター議長の山城博治さんが現地での抗議行動のため参加できず、電話を通じての発言となった。山城さんはこの事件への沖縄の怒りを次のように伝えてきた。
 「ご存じのように恐るべき信じがたいような事件が発生してしまいました。若い命がむざむざと奪われて、いま県民は大きな悲しみに包まれております。今日、名護市の葬祭場で告別式があり、私たちもゲート前で祈りを捧げた所です。お集まりのみなさん。全ての米軍基地撤去のために、辺野古現地で血を流し歯をくいしばりがんばり続ける仲間たちと連帯をして、新たな決意を固めよう!」
5・21レジスタンス大行動 辺野古リレー ジグザグ会
 関西からは沖縄意見広告運動の名古屋・北陸をキャラバンしてきた連帯労組関西生コン支部の車が到着し、参加者の歓迎の拍手で迎えられた。
 二胡の見事な演奏があり、在日グループも太鼓や鉦を鳴らしながら賑やかなサムルノリを披露した。また抗議の仲間たちは「座りこめここへ」や「芭蕉布」「沖縄を返せ」「今こそ起ち上がろう」などの歌を歌い、せいいっぱいの抗議を叩きつけた。

5.21レジスタンス大行動の大報告!(辺野古リレー)
写真報告:全基地撤去しかない!~「レジスタンス大行動」(レイバーネット)





「コモンズ」96号の目次にもどる

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。