沖縄・高江】市民ら結集し監視テントを守りぬく 山本太郎・福島みずほさんらも現地入り

沖縄・高江ヘリパッド建設強行許すな!
市民等結集し監視テントを守った

高江ゲート前にかけつけた山本太郎議員

高江ゲート前にかけつけた山本太郎議員


 沖縄県の東村高江では、米軍北部訓練場ヘリパッド建設で7月10日の参議院選挙直後からが資材反有が強行され、22日からは建設工事も始まっている。またそれにともなって全国から派遣されてきた機動隊による暴力行為も激しくなっている。

 建設地点6箇所のうち「N1」地点付近に市民らが監視のために建てた通称「N1裏」テントを沖縄防衛局が強制撤去するのではないかとみられていたが、8月6日、「ヘリパッドいらない住民の会」などの呼びかけにこたえて前日夜から泊まり込んだ人や未明に駆けつけた人々など500人が抗議したため、防衛局も手を出せず、機動隊も姿をあらわすことはなかった。
 国会議員の赤嶺政権さんや福島みずほさん、山本太郎さん、県議、市町村議らも大勢かけつけた。住民らは「みんなの力で止めたぞ!」「高江の森を守ろう!」と気勢をあげた。
 駆けつけた人々はその後も泊まり込みを続けている。





「コモンズ」98号の目次にもどる

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。