沖縄選挙区・伊波洋一さん圧勝!‐現職大臣に10万6400票の大差

参院選沖縄選挙区・伊波洋一さんが圧勝
第24回参議院選挙沖縄選挙区 自民党・島尻安伊子現職大臣に10万6400票の大差で

伊波洋一さんが圧勝!


 第24回参議院選挙が7月10日行われ、「基地のない平和な沖縄を」をスローガンにオール沖縄統一候補として立候補した元宜野湾市長で沖縄意見広告運動全国世話人でもある伊波洋一さんが自民党現職で公明党の推薦も得た沖縄担当大臣の島尻安伊子を10万6400票の大差をつけて破り勝利した。
 午後8時に投票が閉めきられると同時に伊波さんの当選確実が発表され、伊波選挙事務所は応援に駆けつけた市民たちの喜びと興奮でいっぱいとなった。

 これにより、参議院沖縄選挙区の非改選1議席(糸数慶子さん)、衆議院小選挙区の4議席(赤嶺政賢さん、照屋寛徳さん、玉城デニーさん、仲里利信さん)を含め、辺野古新基地建設に反対する「オール沖縄」が国会沖縄選挙区6議席の全てを独占することとなった。

大差で惨敗した自民党・島尻現職大臣

大差で惨敗した自民党・島尻沖縄担当大臣

 それに先立つ6月5日投開票の沖縄県議選、県知事選、名護市議選、名護市長選においても全て、「新基地建設反対」の声が選挙の動向を決めてきた。沖縄県民の「民意」はここに明らかとなった

伊波洋一(オール沖縄)356,355票
島尻安伊子(自民党) 249,955票
・金城竜郎(幸福実現党)  9,937票



「コモンズ」98号の目次にもどる

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。