8.21 市ヶ谷防衛省前デモ DAの学生ら呼びかけにジグザク会ら参加

四谷見附公園を出発するデモ隊

8・21防衛省デモ 四谷見附公園を出発するデモ隊

 「安倍政権による憲法改正反対」「辺野古・高江の米軍基地建設阻止」「自衛隊の海外での武力行使反対」をスローガンに、8月21日、迎賓館横の四谷見附公園に約80名の学生や市民が集まり、集会と市ヶ谷の防衛省に向けて抗議するデモを行なった。
 主催は昨年8月に参議院議員会館前で安保法制反対のハンガーストライキを行なった(参照)学生らの「直接行動(DA)」。集会とデモには学生らの呼びかけに応えて、反原発ジグザグ会ほか団体や個人が参加した。
先頭を進むDAの学生たち

先頭を進むDAの学生たち

 出発前、参加者たちを前にDAの学生より、「憲法改正反対」を反戦運動の質で闘おう、「戦争反対」とは反安保の闘いでなければ勝利の方向にならないと呼びかけがあった。
 その後、DAの仲間のコールを先頭に元気に防衛省に向けて抗議のデモに出発。防衛省前では公安の私服刑事が前面に出た執拗な妨害をはねのけて、高江住民への暴力をやめろ!辺野古新基地建設を許さないぞ!の声をひびかせた。その後も“闘う学生運動”の登場に危機感を募らせる機動隊・公安の一体となった妨害と強弾圧体制の中、全員が最後までデモを貫徹し、この日の行動を終えた。
 DAでは、次回も10月16日(変更→)22日に再度の防衛省デモを呼びかけている。今後とも要注目の動きだ。

008 8・21防衛省デモ DA
8・21防衛省デモ DA 8・21防衛省デモ DA
8・21防衛省デモ DA 9601_n

(「コモンズ」99号の目次にもどる)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。