殺人ロボットの時代が到来 アシモフの理想はどこへ/大野和興(ジャーナリスト)

アイザック・アシモフ(1920 – 1992)

アイザック・アシモフ(1920 – 1992)

 いまや古典となったSF(サイエンス・フィクション)の名作にアイザック・アシモフのロボットものがある。科学が進み、人間のように感じ、考える人型ロボットの物語である。

 『われはロボット』と題されたその作品の中で、アシモフは「ロボット工学三原則」なるものを打ち出した。三原則とは、「ロボットは人間に危害を加えてはならない」「ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない」「ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない」というものだ。自意識が生まれたロボットたちは、この三原則に縛られ、やがて自己崩壊を遂げる。

 この作品が発表されたのは1950年、今からほぼ70年前につくられたこの作品には、科学技術と人間についての深いペシミズムが流れている。そして70年後、殺人ロボットが登場した。

 兵器産業の最先端は「自律型致死兵器システム」の開発だといわれている。「人間の意思を介在させずに自ら攻撃目標を選別して殺傷する兵器」のことである。人工知能(AI)の急速な発達が、人に代わってロボットが戦争する時代を生みだしたのだ。このことを危惧して、アメリカに本拠を置く人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチなど世界20カ国以上の市民団体が「殺人ロボット反対」のキャンペーンを打ちだしている。
安倍のイスラエル支援
 日本がからむ最近の具体的動きとしては、軍用無人機ドローンのイスラエルとの共同開発がある。軍用無人機の開発ではイスラエルが世界をリードし、パレスチナへの攻撃に投入され、多くの市民を犠牲にしている。このイスラエルの技術に日本の高度なセンサー技術を組み込み、殺人ロボット機にしようというのが共同開発を進める防衛装備庁の狙いである。

 殺人ロボット兵器の登場は戦争の概念を大きく変える。同時に軍事技術と産業用ロボットとの境界が次第に消滅していく。ロボットはアベノミクスの最大の柱だが、それは軍需産業育成に他ならない。(大野和興)

「この世の中の最も悲しい側面は、社会が知恵を蓄積する速度よりも、科学が知識を蓄積する速度が上回っていることだ」。(アイザック・アシモフの言葉より)


ーーーーーーーーーーーーーーー
【参考】
日本がイスラエルと防衛装備研究 無人偵察機、準備最終段階(共同通信)

ガザ虐殺(2014)イスラエル軍は国連避難所まで攻撃。避難していたはずの肉親が殺され、泣き叫ぶ母と娘(田中龍作ジャーナル)

ガザ虐殺(2014)イスラエル軍は国連避難所まで攻撃。
避難していたはずの肉親が殺され、泣き叫ぶ母と娘。
(写真:田中龍作ジャーナル・取材カンパ募集中)

イスラエルとの無人機共同研究を狙う防衛装備庁に抗議の要請を!(レイバーネット)
[ネット署名]イスラエルとの無人機共同研究をやめてください!(change.org)
やはり「人殺し予算」ー防衛装備庁がイスラエルと兵器の共同研究、「死の商人」化する安倍政権(志葉玲の命で語れ!日本と世界)
「日本・イスラエル兵器共同開発に異議あり」専門家・ジャーナリストらが緊急集会(IWJ)

(「コモンズ」100号の目次にもどる)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。