朝霞基地の観閲式に抗議集会とデモ 行くな!南スーダン

南スーダンへの自衛隊派兵を許すな!

10・23 朝霞観閲式抗議集会とデモ

10・23朝霞観閲式抗議集会とデモ
 10月23日(日)、自衛隊朝霞基地において開催される軍事パレードに抗議する集会に市民や労働者など約300人が結集した。主催は「やめろ!軍事パレード 行くな!南スーダン 自衛隊国軍化を許さない!10・23朝霞デモ実行委員会」だ。

 朝霞駅に着いてまず驚かされたのは、朝から南口周辺一帯に埼玉県警機動隊や公安警察がウンカの如く群れ集まり厳戒体制を敷いていたことだ。その数は集会参加者数をゆうに上回るほど。政府・防衛省が抗議行動に対して神経を尖らせていることをよく示している。しかし参加者一同は警察の挑発にも動じることなく、毅然として集会を行なった。

 安倍政権が自衛隊を派遣しようとしている南スーダンはすでに内戦状態にあり、駐屯予定地でも戦闘が起こっている。にもかかわらず安倍政府は「戦闘ではない、衝突だ!」と詭弁を弄し自衛官たちを行かせようとしているのだ。危険極まりない!自衛官が殺されたらどうするのか!
 また沖縄周辺の南西諸島一帯には「対中国戦争」に備えたミサイル基地を建設中である。無謀な戦争へひた走る安倍政権の暴走を何としても止めなければならない。参加者たちの思いはみな同じだ。
10・23朝霞観閲式抗議集会とデモ
 集会後、参加者は隣の和光駅まで長距離のコースを行進し自衛隊派兵への抗議を訴えた。途中、基地正門前では自衛隊派兵反対のシュプレヒコールを叩きつけた。頭上を何度も戦闘機や大型輸送機、戦闘用ヘリコプターなどの編隊が低空飛行でパレードする。すさまじい騒音が頭上から降ってくる。沖縄ではこのような騒音がほとんど一日中続いているのだ。沖縄にも日本にも軍事基地はいらない。基地撤去、自衛隊の「国軍」化阻止のため、闘いぬこう!

(「コモンズ」101号の目次にもどる)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。