11・20 最高裁前キャンドルアクション 沖縄でも900人

最高裁は中立・公正な審理を行え!高裁判決を破棄しろ!

11・20―21最高裁前連続アクション

11・20 最高裁前キャンドルアクション


 9月16日、福岡高裁那覇支部(多見谷裁判長)は辺野古埋立承認への取消処分を違法だと国が訴えた裁判の判決をくだした。その判決内容は沖縄県の実情を全く踏みにじり、司法の独立をかなぐり捨て「普天間基地の辺野古への移設が唯一の解決」という国の主張に全面的に追随する、裁判史上まれに見る不当判決と言わざるを得ない。
 同23日、翁長知事はこれを不服として最高裁に上告した。そして、この上告に連帯する多くの団体・個人の呼びかけ・賛同のもとに11月20日~21日の連続闘争が組まれた。

 11月20日夕刻、最高裁判所西門前にて中立・公正な審理と高裁判決破棄を求める集会が「『止めよう!辺野古埋め立て』国会包囲実行委員会」の呼びかけで行われ、寒風ををついておよそ400名の人々が手に手にペンライトなどの明かりを持って結集した。

伊波洋一さん

 沖縄から駆けつけた宜野湾市議の玉城健一郎さんは「辺野古ノーの民意は選挙で示されてきた。最高裁は高裁判決破棄を」と訴えた。また「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」事務局次長の志喜屋盛隆さんも「公正で迅速な判断を」と訴えた。参議院議員の伊波洋一さんは「1996年のSACO合意から情勢は大きく変化しており、海兵隊の基地は沖縄に必要なくなっている」と海兵隊撤退を訴えた。
 このほか平和フォーラムの藤本泰成さんや全労協辺野古実辺野古リレーなど、多数から発言があり、紅型の着物姿でカチャーシーを踊る参加者らとともにシュプレヒコール、歌など大きな声で訴えた。
 翌日も早朝から最高裁に出勤する職員に向けてのビラ撒き、集めた署名を提出する要請行動などが行われた。

■沖縄では900人が結集

 「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」は東京・最高裁前の集会と連動して、21日正午より、辺野古埋立訴訟についての不当判決をくだした福岡高裁那覇支部前の城岳公園(沖縄県那覇市)で「最高裁に中立・公正な審理を求める集会」を開催した(告知記事)。当日、会場には900名以上の人々が集まり、国会議員始め多くの人々が公正な審理と高裁判決破棄を訴えた。

(「コモンズ」102号の目次にもどる)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。