国内短信】自衛官の母が国を提訴 南スーダン派兵取消求め 他2件

■自衛官の母が国を提訴
 南スーダン派遣差し止めを求めて


安倍による新たな戦死者を絶対に出してはならない
(写真はサイパン島の日本軍戦死者)

 自衛官の息子を持つ北海道千歳市の50代の母親が自衛隊の南スーダンPKO(国連平和維持活動)への派遣を憲法違反として派遣差し止めを訴え、11月30日、札幌地裁に提訴した。南スーダンPKO派遣に対して自衛官の家族が訴訟を起こしたのは初めてのこと。
 原告は実名ではなく「平和子」(たいらかずこ)と名乗っている。自衛隊員の家族として平和的生存権を侵害され精神的苦痛を受けたとして国に対し20万円の国家賠償請求も行っている。原告には陸上自衛隊東千歳駐屯地に勤務する次男がおり、「駆けつけ警護で隊員が犠牲になる。自分が産んだ子も誰の子も死なせたくない」と訴えた。
 訴状は自衛隊の国連PKO派遣の違憲性について①各国軍隊が派遣される国連PKOは本質的に軍隊であり、これに自衛隊も参加することは憲法9条1項が禁ずる「武力の行使にあたる②自衛隊を海外へ派遣することは「専守防衛」という憲法9条の政府解釈によっても自国防衛の範囲を超え明らかに9条2項の「戦力不保持」の規定に反すると指摘している。

■年金カット法案強行
 自公維 野党反対押し切り会期延長


 自民、公明、維新は11月29日の衆院本会議でTPP(環太平洋連携協定)や年金カット法案の成立を狙って、11月30日までの国会会期を12月14日まで延長することを決めた。
 11月に衆院厚生労働委員会で強行採決された「年金カット法案」は衆院本会議でも可決され、14日までに参院でも強行採決の見込み。今後は物価や賃金が下がると、それに連動して年金も下げられることになる。年金生活者の暮らしはますます追い詰められていく。
 安倍政権は2014年12月、「株式市場活性化」の名目で年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)の運用計画を見直し、株式比率を50%にまで高めたが、1年半も経たずに積立金の運用損失が10兆円に達した。安倍政権はこの運用損失についてまったく責任を明らかにしないまま、その損失を年金受給者に押し付けようとしているのである。

■70歳以上医療費負担増
 年収370万未満の約1200万人も対象


 医療費は「高額療養費制度」により収入に応じて毎月の自己負担額の上限が決められている。上限を超えた分は公的な医療保険などが負担する仕組みであり、70歳以上はその上限が低く設定されている。厚労省は年収370万円未満で住民税を払っている所得層(都内単身なら年金収入が155万円以上)も引き上げ対象に追加する。政府はこれを来年8月から順次見直してゆく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自衛官の母、安保法「反対」貫く 迷惑かかる…息子と「絶縁」
東京新聞2016/5/19

自衛官の母が国を提訴 母の愛 アフリカ・南スーダンでの自衛隊の国連平和維持活動(PKO)で、三月の安全保障関連法の施行後初めての派遣部隊の交代が今月二十二日から始まる。新たな派遣部隊の主力となる陸上自衛隊北部方面隊第七師団がある北海道千歳市で暮らし、二十代の自衛官の息子を持つ女性が、安保法に反対の声を上げ始めた。息子に迷惑をかけぬよう、「縁を切った」上での街頭活動。「恨まれるよりも死なれる方がつらい」との思いに突き動かされている。 (小林由比)

 「私は自衛隊員の母です。何かあったら責任を取ってくれるのですか」。今月五日、「安保関連法に反対するママの会」が東京・新宿で開いた街宣。本名は明らかにせず、平和子(たいらかずこ)の名で活動する五十代の女性は、安倍晋三首相への手紙という形で思いを語った。

 人前でマイクを握り始めたのは、この日からわずか二週間ほど前。安保法をめぐり国会の議論が大詰めだった昨夏も、ビラ配りなどはしたが、前面には出なかった。息子からは「母さん、困るからね」とクギを刺されていた。

 しかし、安保法の是非が争点の一つとなった四月の衆院北海道5区の補欠選挙の論戦で、千歳の部隊が南スーダンに派遣されることを知った。道内の陸上自衛隊に所属する息子は今回は派遣されないが、いずれ紛争地域に派遣されるかもしれない。「今ここで声を上げないと一生後悔する。自分が動かなければだめだ」と強く思った。

 札幌市内で安保法反対の集会があった四月十九日、一人で出掛け、「話す時間をもらえますか」と、事前の約束もないまま申し出た。「大切な息子がいつの間にか危険な海外へ送られることが決まりそうでたまらない」。緊張で用意してきた紙を持つ手が震えた。

 息子が任官したのは数年前。勤務していた会社の業績悪化がきっかけだった。「おれは戦争マニアでも何でもないから。嫁と子どもを養っていくためだから心配しないで」と当時、息子は言った。

 だが、女性は安保法の施行で自衛隊の状況は激変したと感じる。札幌でのスピーチの数日前、「別の人生を歩んでいきましょう」と、縁を切る決意の手紙を息子に渡し、連絡を絶つことにした。便せん七枚に生まれてからの思い出や、何があっても生きていてほしいと思うからこそ、反対の意思を示すことを許してほしい、とつづった。

 基地の街に生まれ育った女性には、声を上げにくい自衛官の家族の気持ちがよく分かる。それでも、他の家族にも不安や心配の声を今、語ってほしいと願う。「息子が部隊を辞めて無事ならいい、という話ではない。隊員一人でも、何かあってからでは遅い。行かせたいなら、憲法をねじ曲げ、海外の紛争地域に自衛隊を駆り出すことを決めた人が行けばいい」

(「コモンズ」102号の目次にもどる)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。