サイト内検索
月別アーカイブ
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが スケジュール を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
1 / 7212345...102030...最後 »

第88回中之島メーデーに参加しよう

第88回中之島メーデーが5月1日に開催されます



<長時間労働を是正し人らしく暮らせるワークルールを>
 戦争法NO! 共謀罪NO!
 辺野古基地建設NO!


◆2017年5月1日(月)13:00~
 集会後デモ

◆会場:中之島剣先公園
 地下鉄淀屋橋、北浜駅下車
 地図:http://bund.jp/modules/gnavi/index.php?lid=101

◆主催:中之島メーデー実行委委員会
 事務局:全日建連帯労組/連絡先:tel 06-6583-5546
 地図http://www.rentai-union.com/
この記事の続きを読む »

特別企画 労働者座談会

本紙特別企画

労働者座談会

貧困・格差ノー!  安倍政権の「働き方改革」と対決し
労働運動再生GO! 産別・業種別職種別組織化を全国に!




出席者
仲村実さん

司会:仲村実さん


  • 木下武男(労働社会学者、元昭和女子大学教授)
  • 樋口万浩(全日本港湾労働組合大阪支部執行委員長)
  • 広瀬英司(連帯ユニオントラック支部執行委員長)
  • 大野ひろ子(全国金属機械労働組合港合同南労会支部書記長)
  • 西山直洋(連帯ユニオン関西地区生コン支部執行委員)
  • 司会 仲村実(労働プロジェクト)
(注)座談会の編集は、労働プロジェクトの責任でおこないました。

仲村 木下先生らを中心に東京で「業種別職種別ユニオン運動研究会」を立ち上げる準備が進められています。今日は、「産別、業種別職種別組織化を全国化に!」というテーマで集まっていただきました。
 最初に木下先生の方から、現在進められている「業種別職種別ユニオン運動研究会」についての報告と、それに至る問題意識を話していただけますか。
この記事の続きを読む »

2017春闘 今年も2会場300台超でミキサー車パレード

産別闘争こそ運動の原点そして未来 高まる関西春闘の意義
関西生コン関連6労組の団結

2017春闘 今年も2会場300台超でミキサー車パレード

2017春闘 今年も2会場300台超でミキサー車パレード


 例えば原発問題を巡り連合など企業別労働運動での限界と方向性喪失は明らかだ。反国民性を露わにする安倍政権への対抗手段として…。労働運動の原点であり、未来も内包する<産業別労働運動>。その具体例としての関西生コン運動への注目と期待はさらに高まる。
 一昨年に党派の壁を乗り越えて大同化を果たした関西の生コン関連6労組で、その中心となる2組織<連帯関生支部><全港湾大阪支部>幹部に、今春闘へかける意気込みを聞いた。

****************************************

労使共闘の産業政策深化図る
連帯ユニオン関西地区生コン支部 武洋一書記長
武 洋一さん

武 洋一さん


――6労組が団結を果たし2年目の春闘ですが。
武 対資本と言う事でのわが組織でのスタイルに大きな変化はないが、従来足の引っ張り合いなど不毛な軋轢を解消した分運動の前進に必ず効果はある。
いずれにしても賃金交渉は5桁を狙いたい。
実質賃金が下がり残業費抑制などの中、停滞している消費を活性化するにも労働者国民中間層の所得拡大こそ急務だからだ。

――産業全体で考えると、輸送運賃アップが焦点に?
武 生コン価格の値戻しのない時期、輸送コストを切り詰める事でプラントは生き残ろうとする悪弊があった。
輸送労働もいきおい本勤が切られ非正規化を余儀なくされる状況になった。
この改善を図るには生コン輸送。バラ輸送の運賃上げは必須だ。輸送会社に賃上げ分の原資を保証するためにも、製品末端価格の値戻しからさらに値上げまでに業界全体で取り組む決意。それを呼びかける春闘になる。

――運送会社の体力を強化させたい?
武 これは労使一貫としての認識であり、運賃切り下げ圧力を跳ねのける中小一体=労使全体の取り組みと言う産業政策の引き続き追求深化させる事になる。
この記事の続きを読む »

写真報告】沖縄意見広告キャラバン隊、各地で交流!

辺野古新基地建設反対!工事強行糾弾!
沖縄意見広告キャラバン隊、各地で交流!

15日・沖縄防衛局へ抗議


 連帯労組関西生コン支部・沖縄意見広告西日本キャラバン隊は、2月13日大阪を出発し、沖縄、九州、中国、四国をまわるキャラバンコースを巡ってきました。
 沖縄県平和センターや全港湾、辺野古での座り込みの市民など各地の人々と交流してまいりました。
 6月4日、全国紙と沖縄タイムス、琉球新報に第8回沖縄意見広告を掲載します。今年は個人・団体合計1万件の賛同者をめざしています。本紙同封(郵送購読の場合)の意見広告チラシ添付の振込用紙にご賛同のこと、よろしくお願い申し上げます。

13日 キャラバン隊那覇へ、沖縄平和運動センターを表敬訪問
 13日 沖縄平和運動センターを表敬訪問

14日 辺野古へ、拘置所にて山城さん激励
 キャラバン14拘置所にて山城さん激励
この記事の続きを読む »

更新遅延のお詫び

サイト更新が滞り誠に申し訳ございません
お詫び
Web版担当者の体調不良と多忙のため、サイトの更新が遅れています。
一週間程度で追いつく予定ですので、今しばらくお待ちください。
お急ぎの方は、郵送・定期購読・書店売りをご利用くださいませ

『コモンズ』105号(2017.03.10)目次

コモンズ105号

2017春闘 今年も2会場300台超でミキサー車パレード

2017春闘 300台超でミキサー車パレード

※順次Web上でも公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい
 一面
 二面
  • 2・19 総がかり行動 格差・貧困にNO!
  • 強制連行被害者と韓国民衆の闘い
  • その4500万 上原元市長ひとりに払わせない!
  • 共謀罪の閣議決定を許すな
 三面
  • 安倍政権の軍国思想拠点「森友学園」疑獄の大きなうねり
  • 「宝島」訴訟 非道マスコミの捏造姿勢に鉄槌を!
  • 老朽原発の廃炉を!/若狭の原発を考える会
 四面~六面
 七面~八面
  • トランプ革命はどこへ行く-巨大原子力産業の没落/大内秀明(東北大学名誉教授)
  • 1・15「ソウル宣言の会」東京報告会-「高井報告」に注目集まる
  • 「家庭教育支援法」なる国家介入-戦前復古への仕掛け
  • 書評】永尾俊彦著『国家と石綿』/評者・大野和興
  • JCJ沖縄が発足-沖縄の真実を全国に発信
  • コモンズ川柳/乱鬼龍(川柳作家)
  • 編集室から 編集後記/次号予告 ほか

104号の目次に戻る 106号の目次に進む

『コモンズ』104号(2017.02.10)目次

コモンズ104号

山城さんらの釈放を求める東京集会

山城さんらの釈放を求める東京集会

※順次Web上でも公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい
 一面
  • 国家に異を唱え、抵抗・反対する労働者・市民への治安弾圧法
    テロ等準備罪=共謀罪の国会提出を阻止しよう!
    ……………………………………………………永嶋靖久(弁護士)

 二面
  • トランプ大統領と対決するアメリカ民衆の闘い-問われる日本の闘い
  • 山城博治さんらを釈放せよ!各地で抗議行動・アムネスティも要求
  • 報告】辺野古の海を埋め立てるな!2・2集会
  • 緊急】沖縄防衛庁が海上工事着手を強行の暴挙
 三面 更に進む関西の闘い
  • 近畿生コン関連団体「合同新年互礼会」共生協働社会実現のモデル地域へ
  • 2・22「宝島」裁判法廷へ参加を-悲しい「マスゴミ」の現実
  • 近畿生コン関連6労組が総会
  • 2・10 連帯ユニオン議員ネット総会-新自由主義と闘う自治体議員の砦
  • 「維新」各地で退潮の兆し-関心の薄れ、住民に飽きか?
  • 大阪労働学校アソシエ、2年目の飛躍へ取り組み
 四面~五面
  • 鹿児島】最近の鹿児島事情/広野俊(鹿児島)
  • 富山】真の日韓連帯を目指して/アジアと日本の連帯実行委
  • TPP亡き後の自由貿易交渉はどうなるか-メガFTAを中心に考える
  • 相次ぐパレスチナの人々へのイスラエルの人権侵害
 六面~七面
  • 現在に生き続ける植民地主義<連載第5回> 植民地主義的日米妥協へ
    ……………………………………………………齋藤日出治(大阪労働学校・アソシエ副学長)
  • 時代が求める日本労働運動の再生に向けて(4)業界共通の劣悪な環境に結集軸
    ……………………………………………………木下武男(元昭和女子大教授)
  • 1・15「ソウル宣言の会」東京報告会-社会的連帯経済の展望開けたモントリオール
  • くにたち上原景観基金1万人の会 発足&報告集会へ!
 八面
  • 沖縄ヘイト・東京新聞が一面で関与を「おわび」当のMXテレビは沈黙
  • 書評】中川右介著『SMAPと平成』・中山美里著『高齢者風俗嬢』/評者・西沢江美子
  • コモンズ川柳/乱鬼龍(川柳作家)
  • 編集室から/訃報】尾形憲さん/次号予告 ほか

    103号の目次に戻る 105号の目次に進む

『コモンズ』103号(2017.01.10)目次

コモンズ103号

全世界に広がる反トランプデモ

全世界に広がる反トランプデモ

※順次Web上でも公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい
 主張
  • 「アメリカによる平和」の時代は終わった!
    対米隷従の「この国のかたち」を変える時
    沖縄と結び安保破棄・安倍打倒へ
 沖縄と共に辺野古阻止へ行動を!
  • 12・20 証人も審理もすべて拒否して上告却下!最高裁前に怒りの200人
  • 12・20 首相官邸前には300人が結集して声をあげる
  • 12・22 沖縄・名護市の抗議集会に4200人
  • 12・13 オスプレイが墜落大破!あからさまな植民地意識
  • 12・10 高江・辺野古連帯東京集会に3900人!厚木でも抗議行動
  • 安次富浩さんに聞く 正念場を迎えた辺野古闘争
  • 沖縄市民連絡会が多田謡子人権賞を受賞
 【新年特集1】新春特別座談会
  • トランプ登場で世界は、私たちはこれからどこへ向かうか
    希望は「共生・協同」の流れにこそある

    出席:本山美彦(京大名誉教授・大阪労働学校アソシエ学長)
       武 建一(連帯ユニオン関生支部委員長)
       司会  生田あい(コモンズ編集長)
 【新年特集2】ソウル~モントリオール宣言実現への道
  • GSEFへの提言・希望の火をどう繋げ広げるか(担当:大野和興)
  • 社会的経済の創造に向け具体的一歩を踏み出そう/津田直則
  • 日本の内側をどう変えていくかが問われている/若森資朗
  • 労働運動としてどういう未来を切り開いていくか/山元一英
 【評論・連載】
  • 上原公子さんに3千万円の損害賠償!全国住民運動への見せしめ
  • 真珠湾訪問にあたっての公開質問状・オリバー・ストーンさんら日米の有識者53名が公開
  • 時代が求める日本労働運動の再生に向けて(2)業種別職種別ユニオンの基盤と可能性
    …………………………………………木下武男(元昭和女子大教授)
  • 書評】猿田佐世著『新しい日米外交を切り拓く』/評者・大野和興
  • コモンズ川柳/乱鬼龍(川柳作家)
  • 編集室から/次号予告 ほか

102号の目次に戻る 104号の目次に進む

編集室から(102) カストロ元議長の死を悼む

■編集後記
ゲバラとカストロ 去る11月25日、キューバのフィデル・カストロ元議長が亡くなった。90歳だった。1959年、アメリカの傀儡(かいらい)であったバティスタ政権を打倒し、その後のキューバを社会主義に導いてきた素晴らしい指導者だ。

 キューバ革命政権の誕生によって、のど元にナイフを突きつけられた形となったアメリカは経済封鎖や軍事介入でキューバを苦しめたが、それでもキューバは一歩もひるむことなく持ちこたえ、教育・医療の無料化など貧困者のためにたたかい続けた。カストロ議長の死をキューバ国民は心から悲しみ、万余の人々が弔問の列に並んだ。追悼の記事を来年掲載予定だが、ゲバラとカストロの名は人類が永く記憶に留めて置くべき名だろう。

 日本では相変わらず安倍政権の暴走が止まらない。経済政策の破綻を年金や医療保険など弱者にしわ寄せし、戦争法を可決するや南スーダンへ派兵、そして今度はカジノ法強行採決だ。国民の年金資金を株式相場につぎ込み巨額の損害をこうむったばかりだが、他人の金で大損してもバクチの怖さは学習できないらしい。こんな政権は一刻も早く打倒しなければ本当に日本は「亡国」となる。

 本紙にこれまで8年間100号分全ての目次と表紙写真を掲載した。3~6ページで独立しているので、永久保存版としてご利用いただきたい。読者のみなさん、今年もお読みいただき感謝します。来年もよろしくお願いします。(幹)
この記事の続きを読む »

機関紙カンパのお願い

読者の皆さまへ。

 寒さもきびしくなってまいりましたが、皆さまにはご健勝にてお過ごしのことと思います。

 安倍政権は強行採決された戦争法にもとづき、いよいよ紛争国に武装自衛隊を派遣する事態となりました。戦後70年間守り抜いてきた私たちの平和憲法が事実上踏みにじられようとしています。また国際政治を扼する重要な要となるアメリカでは排外主義・差別主義のトランプが大統領となり、日米の危険極まりない排外的軍事同盟が推進されようとしています。

 グローバリズム資本主義の破綻が私たちの生活をますます困難にするのみならず、それを遠因として極右勢力が台頭し、世界中で戦争やテロの危険が高まりつつあります。

 しかし、これを変革しようとする私たちの隊列はまだまだ弱体であり、極右勢力の拡大を許してしまっている有り様です。この状況を打開するためにも、私たちは『コモンズ』をより役立つ新聞として充実させ、また部数拡大と月2回刊、3回刊へと発展を目指さなくてはなりません。またそのためにも編集体制の強化、インターネットとの連携が必要です。『コモンズ』を真に闘う労働者市民の役立つ新聞とするために、何卒、皆さまのお力をお貸し下さい。下記要項にてカンパをよろしくお願いします。  (コモンズ編集機関紙局

■郵便振替口座/00100-5-391171(コモンズ政策研究機構)

クリックで拡大

郵便局に備え付けの「払込取扱票」用紙の左側に、
・口座番号:00100-5-391171
・金  額:カンパいただける金額
・加入者名:コモンズ政策研究機構

をご記入いただき、郵便局の窓口へお持ちくださるか、ATMの「送金」ボタンを押して案内に従ってください。
右側に「払い込む人(あなた)の住所、氏名、電話番号」の記載欄があり、ここが領収書になります。
通信欄もありますので、コモンズに伝えたいことがございましたら、自由にお書き添えください。
この記事の続きを読む »

1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-

仙台・羅須地人協会

1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-へのお誘い


1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-チラシ表 1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-チラシ裏
(チラシ裏表、画像クリックで拡大)

○日時 2017年1月21日(土)13時00分~16時00分(開場12時30分)
○会場 名取市文化会館(仙台空港アクセス線「杜せきのした」、徒歩8分。
    タクシー利用の場合は名取駅からが便利です。→地図
○プログラム
 基調講演 「宮沢賢治と高橋秀松」
       大内秀明(仙台・羅須地人協会代表、東北大学名誉教授)
 太鼓演奏 「復興太鼓」宮城県農業高等学校和太鼓部
 群  読 宮沢賢治作「かしわばやしの夜」ほか
      NPOシニアネット仙台朗読グループ「注文の多い料理店」(代表:加藤益子)
○主催 仙台・羅須地人協会
この記事の続きを読む »

「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告

「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ

「GSEF2016モントリオール大会」から見えた「社会的連帯経済」の到達点と今後

(チラシ:裏・表、画像クリックで拡大)
「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告 「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告(裏)
⇒チラシダウンロード(PDF)

■日時:2017年1月15日(日)午後1時半~5時(開場1時)
■会場:明治大学駿河キャンパス:グローバルフロント2階4021教室
   (⇒アクセス地図キャンパスマップ
■共催:ソウル宣言の会/明治大学日欧社会的企業比較研究センター


■プログラム
  1. 開会及び主催者挨拶
    ・明治大学日欧社会的企業比較研究センター代表
     中川 雄一郎 明治大学政経学部教授
  2. 報告
    (1)2013年の「ソウル宣言」から2016年の「モントリオール宣言へ」
       ソウル宣言の会代表 若森 資朗
    (2)GSEF2016モントリオール国際会議参加報告
       大会参加団団長・明治大学副学長・元日本協同組合学会会長 栁澤 敏勝 氏
  3. パネルディスカッション:モントリオール大会の成果とは?
    司会 ソウル宣言の会 牧 梶郎
    パネリスト モントリオール大会参加者
    高井 康裕 さん(中小企業組合総合研究所 理事長)
    松田 舞 さん(アジェンデ21)
    瀬戸 大作 さん(パルシステム生活協同組合連合会・地域支援本部担当部長)
    上野 しのぶ さん(生活クラブ山梨 理事長)
    松村 和則 さん(筑波大学 名誉教授)
    鈴木 岳 さん(生協総合研究所研究員)
  4. 2018年の開催地、ビルバオ市、モンドラゴン市の紹介
    ・明治大学 特認教授
     マット・ノイズ
この記事の続きを読む »

1 / 7212345...102030...最後 »