サイト内検索
月別アーカイブ
人気記事(最近)
催し案内
予定はありません
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが コモンズブログ を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01

連帯労組・関生支部がソウル平和統一集会に参加

東アジア平和キャラバンin韓国2016
韓国の闘争現場へ走る!キャラバンカー 日韓労働階級と市民相互間の平和連帯

連帯労組・関生支部がソウル平和統一集会に参加

日韓労働者階級で怒り共有
連帯労組・関生支部がソウル平和統一集会に参加
 連帯労組関西生コン支部では、8月12日から韓国に平和キャラバン隊を派遣し、今年も日韓労働者交流の実を見せ大きな成果となった。目的の一つはソウルで開催される8・15平和統一集会に参加し、沖縄・基地問題を日韓労働階級と市民相互で共有し東アジアでの真の平和実現を訴える事であった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【連帯労組・西山直浩執行委員の報告】

 12日の晩、フェリーに乗り下関港を出発。13日の朝、釜山に入港して始まったキャラバン隊は、一路、珍島(チンド)港へ。約400㎞の道のりだったが、カーナビのおかげで無事に到着。

注目集めたキャラバンカー

注目集めたキャラバンカー

セウォル号現場で追悼

 キャラバン隊は全羅南道珍島郡彭木港(ペンモクハン)に行き、2014年4月16日に発生した大型旅客船「セウォル号」珍島沖海上での転覆・沈没事故で犠牲になった方々を追悼した。
 私たち日本人もこの惨事を忘れてはならない。新自由主義が起こしたこの事故で亡くなった高校生の親たちによる真相究明と国家責任追及は現在も続いている。日本で起きた福島原発事故と共通するものがある。
 この事故では、死者が295名、行方不明者が9名にものぼっている。そのなかには修学旅行中の学生たち若者250名も含まれていた。事故で子どもを亡くした親たちの怒りや悲しみは限界を超えている。現場に行くことで親たちの深い悲しみの気持ちが切に感じられた。
 その後、全州市まで行き、連帯する仲間(民主労総全北本部のメンバー方)との再会を果たした。
この記事の続きを読む »

8.21 市ヶ谷防衛省前デモ DAの学生ら呼びかけにジグザク会ら参加

四谷見附公園を出発するデモ隊

8・21防衛省デモ 四谷見附公園を出発するデモ隊

 「安倍政権による憲法改正反対」「辺野古・高江の米軍基地建設阻止」「自衛隊の海外での武力行使反対」をスローガンに、8月21日、迎賓館横の四谷見附公園に約80名の学生や市民が集まり、集会と市ヶ谷の防衛省に向けて抗議するデモを行なった。
 主催は昨年8月に参議院議員会館前で安保法制反対のハンガーストライキを行なった(参照)学生らの「直接行動(DA)」。集会とデモには学生らの呼びかけに応えて、反原発ジグザグ会ほか団体や個人が参加した。
先頭を進むDAの学生たち

先頭を進むDAの学生たち

 出発前、参加者たちを前にDAの学生より、「憲法改正反対」を反戦運動の質で闘おう、「戦争反対」とは反安保の闘いでなければ勝利の方向にならないと呼びかけがあった。
 その後、DAの仲間のコールを先頭に元気に防衛省に向けて抗議のデモに出発。防衛省前では公安の私服刑事が前面に出た執拗な妨害をはねのけて、高江住民への暴力をやめろ!辺野古新基地建設を許さないぞ!の声をひびかせた。その後も“闘う学生運動”の登場に危機感を募らせる機動隊・公安の一体となった妨害と強弾圧体制の中、全員が最後までデモを貫徹し、この日の行動を終えた。
 DAでは、次回も10月16日(変更→)22日に再度の防衛省デモを呼びかけている。今後とも要注目の動きだ。
この記事の続きを読む »

関西短信】戦争あかん!ロックアクション/気軽に話そうあんぽと未来 他

戦争あかん気軽に話そうあんぽと未来のこと
みんなでピクニック 9月21日

 あんぽってなんだかよくわからない人も、安保法案に怒ってる人も、まずはみんなで集まりませんか? お弁当持って、おやつも持って気軽に集まりましょう。ママさん弁護士さんが「プチ青空憲法カフェ」してくれるかも?と、大阪府弁護士会が同日10時に大阪城公園集会に集まれと多くの市民に呼びかけている。

戦争あかん!ロックアクション
戦争法可決に抗議!戦争法反対街宣 9月21日

 同日、大阪では、ヨドバシカメラ前で。また「関西共同行動秘密保護保廃止!ロックアクション」は9月23日(水) 17時~18時 京橋(JRと京阪の間)で、戦争あかん!街かどプロジェクトを計画している。 よびかけは「秘密保護保廃止!ロックアクション」。9月24日(木) 18時~19時 ヨドバシカメラ前で再び 戦争法可決に抗議!戦争法反対街宣行動を「関西共同行動・とめよう改憲!おおさかネット」と共催で行う。

豊かな大阪をつくる
~「大阪市存続」の住民決断を踏まえて 9月23日

 大阪市立大学で、(第三回:橋下維新大阪市政を検証する)の総合講座がある。
<プログラム>(午後2:00~3:50 話題提供) 藤井聡(京都大学大学院教授)
・「第一回、第二回シンポジウムの報告と『橋下維新の言論封殺』の検証」 村上弘(立命館大学・教授)
・「維新の党~右派ポピュリズムの国政進出」冨田宏治(関西学院大学・教授)
・「住民投票が浮き彫りにした政治的対抗軸」薬師院仁(鉄香山学院大学・教授)

(「コモンズ」99号の目次にもどる)

緊急】9・28 政府による沖縄への弾圧を許さない集会・デモ 日比谷へ!

9.28 日本政府による沖縄への弾圧を許さない集会へ
翁長知事への提訴 辺野古の工事再開 高江の工事強行を許さない!


9・28 政府による沖縄への弾圧を許さない集会・デモ

 翁長沖縄県知事は県民を代表して裁判で訴えました。「自国の政府に、ここまで一方的に虐げられている地域が、沖縄県以外にあるのか。沖縄県を政府が総力を挙げてねじふせようとしている」「地方自治の根幹、ひいては民主主義の根幹が問われている」と。
 ここまでして、沖縄の民意を強権で押しつぶす日本政府。今、沖縄で起こっていることは沖縄だけの問題ではありません。日本全体の問題です。日本政府の沖縄差別に屈することなく不屈に闘う沖縄県民の闘いに連帯して、日本政府に怒りの声を上げていきましょう。多くの皆さんの集会への参加を呼びかけます。

  • 日 時:2016年9月28日(水)18:30~20:00(集会後デモ出発)
  • 会 場:日比谷野外音楽堂(東京都千代田区日比谷公園1−5)
  • 交 通:東京メトロ丸の内線 霞ヶ関駅 B1a、B2、B3a出口 徒歩3分
        都営地下鉄三田線 内幸町駅 A7出口 徒歩3分
        東京メトロ千代田線 日比谷駅 A14出口 徒歩5分
        東京メトロ千代田線 霞ヶ関駅 C4出口 徒歩3分
        JR山手線 新橋駅 日比谷口 徒歩15分
        地図→http://hibiya-kokaido.com/image/map-d-ya.jpg
  • この記事の続きを読む »

9.22 さようなら原発 さようなら戦争 全国集会に参加を

クリックで拡大

画像クリックで拡大

川内原発再稼働、戦争法制、辺野古新基地建設、高江ヘリパッド建設の暴力を使った強行着工、多くの市民の反対の声を無視してゴリ押しする安倍政権!9月23日の代々木公園での集会は、NO NUKES NO WARの声で埋め尽くそう!

■日時:2016年9月22日(木、秋分の日)
■場所:代々木公園B地区・けやき並木
JR山手線「原宿駅」、東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」
千代田線「代々木公園駅」、小田急線「代々木八幡駅」下車

■プログラム
  • 11:00 ブース開店(けやき並木)
  • 12:00 第1部 トーク&ライブ(野外ステージ)
    音楽:寿  報告:福島の現状と課題
  • 13:30 第2部 トーク(野外ステージ)
    呼びかけ人あいさつ:鎌田慧(ルポライター)、澤地久枝(作家)
    発言:アーサー・ビナード(詩人)、木内みどり(俳優)
    福島から 協力団体から
  • 15:00 デモ出発
    渋谷方面コース:代々木公園~渋谷駅~神宮通公園
    原宿・青山方面コース:代々木公園~原宿~表参道~(青山通り)~明治公園周辺

■主 催:「さようなら原発」一千万人署名市民の会
 協 力:「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲行動実行委員会
     戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
 連絡先:さようなら原発1000万人アクション事務局

(「コモンズ」99号の目次にもどる)

投稿】日韓青少年平和交流団を迎えて(上)/村山和弘(不二越訴訟連絡会)

投稿 稲田防衛大臣は、8月4日記者会見(以下は私の要約)「私(個人)は一貫して『侵略でなくアジア解放戦争・南京虐殺の事実は無い・慰安婦に強制は無い』と言っている」が「防衛大臣としての発言は安倍政権の見解です」と言った。即ち、安倍政権の本音を稲田が防衛大臣として発言したのである。

日韓青少年平和交流団・未来の平和と友好は彼ら若者にかかっている

未来のアジアの平和と友好は彼ら若者の双肩にかかっている

 戦争渦中の南スーダンへ空自機を飛ばせたことは重大な派兵のエスカレートである。邦人救出を名目にして中国出兵を行った歴史の再現です。自衛隊員は生死の境の戦場に置かれている。安倍政権は自衛隊の戦死を望んでいる。稲田は「当然に戦死者が出るので靖国に祀ってこそ国の為に死ねる」と言っている。
 東北アジアをめぐる民衆の闘いは激動情勢です。米国の世界支配が衰退を示しているが、産軍共同体による米軍の巻き返しは軽視できない。北朝鮮危機を口実にした中国包囲網は、韓国に高高度ミサイル、沖縄の米軍基地、南中国(シナ)海へ日米の軍事展開を進めている。稲田は代議士時代に独島上陸を韓国政府から拒否された。その本人が防衛大臣になって日韓軍事一体化の下で自衛隊は朝鮮半島に米日韓の共同作戦を行うと宣言している。日韓民衆が戦争政治に立ち向かう強い意思と実践が必要です。
この記事の続きを読む »

8・26 日韓労働者連帯交流集会 朴槿恵政権の労働者抑圧と闘う韓国労働運動

最低賃金1万ウォン獲得、首切り自由化絶対阻止

朴クネ政権の労働者抑圧攻撃と闘う韓国労働運動


ゼネストに起つ韓国労働者

ゼネストに起つ韓国労働者

 今、韓国労働運動は揺れている。時給わずか2500ウォン(約250円)しかもらえない非正規労働者の賃金、半導体製作作業で白血病にかかり労災を認められない職場、長時間労働に対して保障が無いなど、劣悪な職場環境、さらにはそれを放置し、警察権力による弾圧を行う朴クネ政権に対して、韓国労働者の階級的怒りが燃え上がっている。
 7月には韓国民主労総が起ち上がり、労働条件の改善や最低賃金1万ウォン(920円)の賃上げ、政府の首切り自由化政策阻止などを目的としてゼネストを決行。全国27万人の労働者がこれに参加した。9月の第二次に続き、今後11月にも第三次ゼネストが予定されている。また7月6日にはソウル市庁前広場に全国建設労働者2万人が結集し、弾圧粉砕!ゼネスト闘争勝利!建設労働者総力闘争決意大会を開いた。
この記事の続きを読む »

経産省前テントひろば撤去!真夜中に寝込みを襲う卑劣さ

経産省前テント強制撤去! 21日未明 寝込みを襲う卑劣と臆病!
夕刊報道を恐れて異例の日曜未明に執行、現場を記録していたカメラマンを逮捕・封殺

経産省前テントひろば撤去は、普段は朝9時以降にしか執行しない役人が、深夜就寝中に寝込みを襲い、夕刊報道での反発を恐れて通常は行わない日曜に執行するなど異例づくめの卑劣でビクビクとした強制執行だった。

普段は朝9時以降にしか執行しないくせに深夜就寝中に寝込みを襲い、夕刊
報道での反原発世論への刺激を恐れて通常は行わない日曜に執行する卑劣さ

 8月21日、間もなくテント建設5周年を迎えるこの日、まだ夜も明けぬ午前3時半に裁判所執行官20名、作業員40~50名、警官など総勢100名が東京霞ヶ関の経産省前テントひろばを包囲し、テント内で泊まり番の5名を排除。続いてテントの強制撤去を行なった。そして撤去後の跡地は、およそ身長ほどの高さのバリケードで誰も立ち入りできないように覆ってしまった。

 撤去後、現場で記者会見が行われ、テント撤去裁判の被告を代表する淵上太郎さんは「日曜の寝込みを襲うとは卑劣だ! テントを無くすことはできても私たちの脱原発の意志は無くせない」と怒りに声を荒らげた。
経産省前テント跡地では今も毎日座り込みが続けられている

テントは破壊されたが今も毎日座り込みは続いている

 撤去の報せを受けて、都内近在の市民が続々と結集し、テント跡地のバリケードの前の歩道に椅子をならべ、抗議の座り込みを続けた。

 午後1時より緊急抗議集会が開かれ、約100人の市民が集まった。福島県浪江町の畜産農家吉沢正己さんも参加し、ウシのオブジェを持ってきたが、丸の内警察がこれを力ずくで奪い取ろうとした際、その様子を撮影していたカメラマンを大勢で取り囲み、逮捕していった(後日釈放)。

 日曜日に執行したのは、新聞の夕刊による報道を避けるためだと考えられる。テント撤去を市民の目からできるだけ遠ざけ、こっそりと行なったところに、カメラマンの逮捕とあわせて警察権力の「うしろめたさ」を見て取れる。
 この日はテント建設1807日目。これからも経産省前「テント跡地」前での抗議は原発廃炉までつづく。(東京M)
この記事の続きを読む »

日本消費者連盟が共謀罪に反対の声明「市民の基本的権利を脅かす」と

日本消費者連盟が共謀罪に反対の声明
共謀罪を廃案に追い込んだ運動をさらに継続するとの決意あらたに……

【編集部より】 リオ五輪報道の喧騒に紛れ込ませるように、8月後半安倍内閣は、これまで3度も廃案に追い込まれた共謀罪の復活を目論見、国際テロに対応させるとの見苦しい言い訳で、名称を「テロ等組織犯罪準備罪」に変更した上で、秋口の国会に上程しようとしている。
 戦前の警察国家体制へ引き戻すための、新たな権力ツールとして機能させることを図る安倍政権に対し、日本消費者連盟(略称:日消連)が断固反対するとの連盟としての声明を明らかにし、国民各層への警鐘を鳴らしている。以下、その声明の全文を、日消連のご了承を得た上で紙面にて紹介させていただく。
この記事の続きを読む »

「共謀罪」再提出を許すな!労働者・市民への弾圧立法/永嶋靖久(弁護士)

「テロ等準備罪」と名前を変えても危険な本質は変わらない


共謀罪新設阻止

 自民党政権がこれまで三度にわたって国会に提出し、そのたびに危険な人権侵害との世論の強い批判を浴び、反対運動が盛り上がって廃案となってきた「共謀罪」。第3次安倍政権がまたも名称を変えて9月26日召集の臨時国会に提出する構えである。
 「テロ対策」のための法案と強調されているが、思想・信条の自由など人権、労働者の団結権などを侵害する「現代の治安維持法」と危険視された「共謀罪」法案の再上程である。戦争法に続いて憲法9条を改憲し、日米軍事同盟強化の下に「戦争のできる国家」へ突き進む安倍政権の狙いは、これに反対する沖縄―本土の労働者・市民や闘う団体を弾圧し、物言えぬようにするためにある。以下、永嶋弁護士に新法案の実態と危険について暴いていただいた。
(注―コモンズ編集部の責任で一部編集しています)
この記事の続きを読む »

『コモンズ』99号(2016.09.10)目次

コモンズ99号

DAの学生らが防衛省に抗議デモ

DAの学生らが防衛省に抗議デモ(二面)

※次号発売日までに順次Web上でも公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい
 一面主張
 各地の報告と呼びかけ
 関西から
 論説
 ワールドレポート
 文化面・お知らせ

98号の目次に戻る / 100号の目次に進む

編集室から(98)

■編集後記

伊波洋一さん圧勝 残念であるが参院選の結果は、与党陣営が4分の1程度の得票率ながら、3分の2と言ういわば<デッドライン>を超えた議席数となった。
 これは奇しくも60年前の同じ7月での参院選挙。合同を果たしたばかりで当時鳩山一郎の首班、これに岸信介幹事長での自由民主党。彼等が改憲再軍備を旗印に選挙に挑んだものの、これら聖域の壁を崩すことが出来ないままでいたのが、今回ついに、保守人脈の底深い野望と宿願を果たしたことにはなる。
 だが、反面全国1人区でのTPPなど、政治争点の明確だった地域などは揃って野党統一候補が勝利した。中でも沖縄での伊波さんの圧勝は、保守反動が何より恐れる、自公戦争勢力を包囲する、保革を越えて結びついた大衆の力の証しでもあり、今後への貴重な指標と思える。(関M)
この記事の続きを読む »