サイト内検索
月別アーカイブ
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが スケジュール を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
  カテゴリー ‘読者からの投稿’ のアーカイブ
1 / 3123

ナチスの真似は止めよう/三宮克己(元府中市議)

投稿
三宮克己(元府中市議)

ナチスの真似は止めよう

 10月29日の東京新聞朝刊、スポーツ欄にグリーンリボンランニングフェスティバルで今年も右手を斜めに高く差し挙げている選手宣誓の写真が出ていた。その前の6月にも都の女子中学軟式野球大会で同様のスタイルで宣誓をしているのを見た。
 主催者はスポーツ大会での形式として例年選手に実行させているのかも知れないが、これはあの悪名高いヒトラーが率いていたナチスの敬礼である。

 今なおナチスの戦犯を追及しているドイツでは思いもよらぬ行為だが、そのナチスと同盟を結んでいた日本では、戦争責任をあいまいにしているので、十分な反省もないまま、未だスポーツ界ではこれを継続している。1984年の若草国体の頃までは、選手団も右手を挙げて入場するナチス式行進であったが、さすが今は無くなっている。しかし礼式は残っているので他にも実行している団体があるのか、外国にもあるのか。もし自信があるのなら日本国内ばかりでなく世界大会やオリンピックででも実行して見るがよい。

 「花の維新もナチスの勝ちも、みんな僕らの若い手だ」と歌った私たちの世代には、意味もわからず今も誇らしげに右手を高く挙げているスポーツ青少年たちがヒトラーユーゲントにつながったと見えて傷ましい。見るも不愉快な光景だ。型だけでも、もうナチスの真似は止めよう。

※東京新聞に提言が届く間もなく11月1日、2日の各新聞に、欅坂グループのナチスばりの服装問題が、イスラエル側の抗議として日本ばかりか外国の新聞にも抗議。疑問の声が上がり、日本は当惑している。
この記事の続きを読む »

投稿】日韓青少年平和交流団を迎えて(下)/村山和弘(不二越訴訟連絡会)

投稿(前号からの続き)

■韓日青少年平和交流団の5日間
8月5~9日、韓国光州市16名(高校生12名に引率通訳)が来ました。

■ 第1日目:歓迎講演・増田都子さん
日韓青少年平和交流団を迎えて、歓迎講演・増田都子さん 「日本における『歴史偽造』勢力との闘い」を増田都子さん(元社会科教師・実教出版教科書訴訟事務局)が講演を行いました。日本語とハングルを併記した資料が配布されました。2006年免職当時を取材した韓国とイギリスのTV報道の映像を見ました。
 高校生の感想は「自国の過ちを認め、自国とたたかう事はたやすくなかったでしょう……信念を貫く増田先生を私も見習います」(後略。全員感動)。増田さんは「高校生らの感想を読んでいると、じわ~りと胸が熱くなり、涙が出てきて困ります。私の宝物が増えました!」と述べられています。

■ 第2日目 尹奉吉(ユンボンギル)が処刑後(密かに埋めた)暗葬の地へ
日韓青少年平和交流団・尹奉吉暗葬の地へ 日本の植民地支配から韓国独立戦争では3人が有名です。安重根(アンジュングン:伊藤博文射殺)、李奉昌(イボンチャン:昭和天皇を桜田門で襲撃)、尹奉吉(日本軍の上海祝賀式に爆弾。ミズーリ号で降服文書に署名の重光が義足なのは尹奉吉による)です。彼は、上海から金沢に移送されて銃殺されます。
 遺体は市民が踏むように多数が通る狭い坂道に埋めた。日本の敗戦で「在日」の努力で遺骨を発見し、日本の市民も協力して碑を建てた。不二越強制連行訴訟の原告団も幾度も墓参している。強制連行の責任追及とは尹奉吉義士の想いを引き継ぐ「第二の独立運動」だからです。韓国からは大勢が墓参に来ています。だが、侵略側にいた日本人こそが尹奉吉を墓参すべきです。
この記事の続きを読む »

投稿】日韓青少年平和交流団を迎えて(上)/村山和弘(不二越訴訟連絡会)

投稿 稲田防衛大臣は、8月4日記者会見(以下は私の要約)「私(個人)は一貫して『侵略でなくアジア解放戦争・南京虐殺の事実は無い・慰安婦に強制は無い』と言っている」が「防衛大臣としての発言は安倍政権の見解です」と言った。即ち、安倍政権の本音を稲田が防衛大臣として発言したのである。

日韓青少年平和交流団・未来の平和と友好は彼ら若者にかかっている

未来のアジアの平和と友好は彼ら若者の双肩にかかっている

 戦争渦中の南スーダンへ空自機を飛ばせたことは重大な派兵のエスカレートである。邦人救出を名目にして中国出兵を行った歴史の再現です。自衛隊員は生死の境の戦場に置かれている。安倍政権は自衛隊の戦死を望んでいる。稲田は「当然に戦死者が出るので靖国に祀ってこそ国の為に死ねる」と言っている。
 東北アジアをめぐる民衆の闘いは激動情勢です。米国の世界支配が衰退を示しているが、産軍共同体による米軍の巻き返しは軽視できない。北朝鮮危機を口実にした中国包囲網は、韓国に高高度ミサイル、沖縄の米軍基地、南中国(シナ)海へ日米の軍事展開を進めている。稲田は代議士時代に独島上陸を韓国政府から拒否された。その本人が防衛大臣になって日韓軍事一体化の下で自衛隊は朝鮮半島に米日韓の共同作戦を行うと宣言している。日韓民衆が戦争政治に立ち向かう強い意思と実践が必要です。
この記事の続きを読む »

読者からの便り】山河破れて「国」なし/三村洋明

投稿情況への提言詞
山河破れて「国」なし


国破れて山河あり
国などなくなっても民衆は新しい生活を始められる
山河破れて「国」はない 「日本」死ぬ

この国の政治家は、金の亡者の企業のために奉仕する政治家
すぐ側の火山が次々に噴火し、大地震が起きているのに
地震や火山の予知は難しいということが
ますます明らかになっているのに
まだ原発を動かし続けている
想像力のかけらもない
危機管理のイロハもしらない政治家たち

この機に乗じて、憲法の緊急事態条項の話をしている
歴史を知らない政治家達
この記事の続きを読む »

読者からの便り】いつもありがとうございます

投稿  いつもコモンズを読ませて頂き、有り難うございます。読者のT・Sと申します。2月21日の「連帯労組関生支部『50年誌』出版記念シンポジウム」にご招待下さり、有り難うございます。出席が出来なかったことと、返信がこのように遅くなってしまい、申し訳ありません。仕事で日にちの確保が難しい中、コモンズを通して現在の情勢や様々な理論、論評を読み、学ばせて頂いております。私の身のまわりでは、御用組合しか職場にない方、求職票をみても労働組合がなく、不安定な状況を多くみうけられ、労働者の為に日々活動されている労働組合、活動家の方々を心強く思います。
kakudai 連帯労組 沖縄の基地問題をはじめ、課題の多い現状ですが、カンパなどを通して微力ならがでもお力になれば幸いと思っております。コモンズを通して活動の様子をうかがっている関西地区生コン支部の方々がミキサー車を用いて辺野古の闘争でご活躍されている様子をインターネットを通して拝見しました。遠く東京まで、その行動は知られています。
 少しずつ温かい日も出てきましたが、寒い日も続いております。ご自愛頂けると幸いです。
 これからもよろしくお願い申し上げます。 東京・S・T

「コモンズ」94号の目次にもどる


勝ちに行く論理と主体を/乱鬼龍(川柳作家)

投稿:乱鬼龍(川柳作家・経産省前テント)
経産省前テント
 2015年、戦後70年は、新たなる日本軍国主義の復活、戦争へ向かって再び日本がその愚考と暴走を始めた感深き年だった。それに対抗・抵抗する労働者人民の主体の力量、その真の質としての論理は、果たしてこの程度ののレベルでいいのか、それで敵に勝つことができるのか!?という思いもまた強まった年だった。確かに新しい動き、若い世代の登場等、積極的にとらえて良い傾向はある。
 だが、この根源的問いは、この時代を生きる人々、全てに問い問われている事だと思いを新たにする年頭である。
 敵に勝ちに行く、質と量を精一杯獲得しなければ私たちの前進はない。それだけ時代の危機は深くて難しいと覚悟し、闘ってゆこう。

『コモンズ』91号の目次に戻る

機動隊の暴力には負けない!沖縄の不屈の闘いに続こう/辺野古リレー

投稿:辺野古リレー
辺野古
 「コモンズ」読者のみなさん、あけましておめでとうございます。
 私たち「辺野古リレー」は2014年9月に活動を開始しました。辺野古のたたかいの現場で出会った、首都圏出身の青年たちが集まり、「東京に帰ってからも、東京でこそやるべきことをやろう!」と相談して立ち上げたのが始まりです。
 以後、カンパを集めて辺野古へ仲間を派遣すること、街頭宣伝や報告会をどんどん行うことを両輪に、試行錯誤を繰り返しながらも、「辺野古に基地は作らせない!」の思いでまっしぐらに活動をしてきました。
この記事の続きを読む »

差別や貧困のない世界へ向け労働者の闘いを復権させよう/M・K(水道検針労組)

投稿:水道検針労組 M・Kさん
水道検針
 貧困と社会的格差はますます広がっています。私の所属する組合の水道検針の職場も例外ではなく「個人事業主」として扱われ(偽装請負い)、一切の諸権利がありません。
 大衆的団体交渉を行う中、請負いから労働協約へ転換させ、労働保険や年次有給休暇などを獲得してきました。しかし2008年より入札制度が導入され、他同業者と競争させられ、都水道局と各委託会社の契約単価は毎年の様に値下げとなり、労働条件の悪化を招いています。この様に職場末端にまで押し寄せる新自由主義の市場競争と個人主義の分断に抗し、労働者の連帯を形成してゆく希望の年にしていきましょう。

『コモンズ』91号の目次に戻る

投稿】戦争法案採決阻止を闘って/ジグザグ会

投稿 今年の夏の安保法制関連法案採決阻止・安倍政権打倒の闘争では、国会前に多くの人びとが結集した。私たち反原発ジグザグ会は、7月中旬の衆院強行採決阻止闘争と9月中旬の参院採決阻止闘争を闘った。とりわけ参院に焦点が移った8月以降の闘争では、ハンガーストライキにより法案制定の阻止と安倍政権打倒を訴える学生ハンスト実行委員会のハンスト闘争を全力で支えるという方針のもと、反安保法制闘争を闘い抜いた。

学生ハンスト実行委員会

学生ハンスト実行委員会

 学生ハンスト実の闘いは、この夏の反安保法制闘争に明確な分岐をつくりだした闘いだった。すなわち、警備公安警察との24時間の睨み合いと妨害という緊張関係の中で、ドクターストップがかかるまでの7日間にわたって続けられた壮絶な国会前ハンガーストライキは、一方でネット上でのネトウヨどもによる執拗なまでの猛反発をひきおこしたが、それ以上に国会前での予想以上の共感・連帯の広がりを生み出し、国内外のマスコミにも大きく取り上げられたのだ。それによって警察もうかつに手が出せない状況がつくりだされた。

 さらには、「ただ国会前でシュプレヒコールを挙げているだけで良いのだろうか?」という素朴な苛立ちを持つ参加者に、非暴力・不服従・直接行動といった一定の方針と明確な方向性を示すことで、戦闘的に闘えば闘うほど仲間が増えていく好循環がうまれた。ハンスト終了後の9月6日の辺野古連帯国会包囲闘争、さらには中旬以降の闘いでは、ハンストをはじめとする運動の中で出会った多くの仲間たちと、国会前での座り込み行動を共同し「沖縄のように闘おう!」という方針を、運動に参加する人々に実践をもって提起することができた。
この記事の続きを読む »

「二等兵物語」と日本人・日本兵の名誉(2)/神子上徹

精神科クリニックの窓から/神子上 徹

「二等兵物語」と日本軍・日本人の名誉
―慰安婦問題に寄せて
投稿 二等兵物語 標記の記事をコモンズ(2015・1月10日号)に掲載していただいたが、それを読んだ知り合いから、下記のような、感想をいただきました。

「…私も同年代のため懐かしく思いました。言われる通り、強制の何ものでもない証しとして、当時の様相を物語っている映画であると思いました。特に、お書きになている場面は、私もその台詞そのものもはっきりと覚えているほど、子供心にも強烈でした。
木の扉の前にずらりと並んで列をなす兵士たち。この姿に、品位はもちろん、人間性のかけらもない。女性も男性もそんなところに追い込んだ戦争をこそ廃絶しなければならないのに、戦争大好きな安倍さんたちから、記事の捏造やでっち上げやと言われたくないですよね。…」とありました。
この記事の続きを読む »

森田・植草氏ら知識人と辻恵・元議員が安倍打倒の国民戦線構想

森田実・植草一秀・ 白井聡氏らと辻・元議員

安倍政権打倒で広範な国民戦線構想、打出す

既報の通り、今回衆院選挙を闘い議席奪回はならなかった辻恵元議員だが、次回選挙に向けて広範な〈反安倍・反創価学会・反維新〉の声を集める受け皿的連携組織作りに奔走している。以下、辻氏よりの現況報告を掲載する。


森田実・植草一秀・ 白井聡氏らと辻・元議員 今回の安倍政権の権力維持のためだけの大義なき解散総選挙に対して、森田実・植草一秀・ 白井聡氏らと共に、昨年12月2日に「ストップ安倍政権を実現する国民会議」を結成し、 12月12日には、憲法改正反対、原発再稼働反対、消費増税反対を掲げる候補者への投票を呼び掛ける声明を発表した(写真)。

 総選挙後には、孫崎享・伊藤成彦両氏からも賛同を頂き、その後もっと多くの賛同を募り、 広汎な国民に広く呼びかける形を目指して協議を継続している。安倍政権の暴走に対して危惧を抱いている人々は多数であり、実際に沖縄・福島等の地域での戦いや、憲法・原発・消費税の他にTPP・貧困等様々な課題に対する戦いがあるのに、これらが政治に結びついていない現状を変えて行かなければならない。
この記事の続きを読む »

今年こそ安倍政権打倒の戦いへ!/辻恵(元衆議院議員・弁護士)

投稿今年こそ安倍政権打倒の戦いへ!
元衆議院議員・弁護士 辻恵(つじめぐむ)

1、第47回総選挙は安倍政権の目論見どおりの結果に終わり、今年の通常国会で集団的自衛権容認の国内法制化等、戦争を出来る国への環境整備を進め、一気に憲法9条改正まで狙ってくることは必至です。

つじ恵さん2、しかし、経済の長期低迷、格差拡大による社会分裂、官僚政治の一層の強化等日本が直面する課題は、1%の権力者がどんなに強権を振り回しても解決不能であり、99%が主人公になる政治によってのみ日本再生が可能となるのです。

3、企業中心の経済成長一辺倒でなく、自治体・協同組合・NPO中心の公平公正な経済と社会の仕組みに変更し、共生・共働・連帯の力を地域から作り上げる、99%の側に立つ政治勢力の構築こそ今最も必要です。

4、一強多弱の国会状況下安倍政権の強権的攻撃が続くものの、アベノミクスは破綻し年内にも行き詰まるに違いありません。野党が混迷を深める中、社会的経済の実現と世界への平和の発信を明確な旗印に掲げた99%の側に立つ政治勢力を、野党政治家とも連携して構築できる状況は高まっています。

 今春の統一地方選で多様な政治的ネットワークを形成し、国政選挙を戦う政治的枠組みを作り上げ、2016年7月の参院選と次の衆院選の戦いで必ず安倍政権を打倒する決意です。

『コモンズ』79号の目次に戻る

1 / 3123