サイト内検索
月別アーカイブ
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが スケジュール を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
  カテゴリー ‘学習・資料’ のアーカイブ
1 / 612345...最後 »

現在に生き続ける植民地主義<連載第4回> 「戦後」という名の植民地主義

「現在に生き続ける植民地主義<br />
―歴史的断絶を通して再生する同一の原理とその危機」【連載4】齋藤日出治 大阪労働学校・アソシエ副学長
連載第4回 (⇒前回を読む)

1933年に日本で制作された中国と東アジアの地図。満洲が中国から色分けされ、朝鮮は日本の領土とされている。

(前項「三.日本における植民地主義の統治術―生かす権力と殺す権力」の続き) 日本がアジアの植民地統治において発動した権力は、フーコーが指摘する生かす権力と殺す権力の双方であり、この二つの権力が車の両輪のようにして発揮された。つまり、日本はアジアの植民地に対して内政国家の二つの統治技術を発動したのである。

 日本は植民地に各種の調査機関を設け、統計学、地理学、地政学、人類学、地質学などあらゆる知を動員した調査研究を実施し、都市計画にもとづく都市建設、道路・鉄道・港湾などのインフラの建設、各種の産業開発を通して植民地におけるひとびとの生命活動を効率よく調整し動員し、そこから日本国家にとって有用な富を引き出すことを植民地政策の課題とした。
 植民地の地図の作成(植民地支配以前からひそかに測量技師を送り込んで行う潜入盗測もふくむ)、土地の測量、人口統計調査、識字調査、生計調査、医療と衛生の調査、工場労働の調査、人骨の分析、体力の測定、都市計画の整備、といった内務行政のような統治政策が植民地統治下で積極的に推進された。

戦前の植民都市ハルピン

大連、新京、ハルピン、北京、京城、釜山、台北、高雄など中国、朝鮮、台湾で植民地都市の建設が推進され、都市が「市街化区域」と「市街化調整区域」とに区分され、周囲には緑地地帯を設け、公園緑地と水利施設を設ける都市計画が整備された[11]

 要するに、フーコーが「内政」として位置づけた生権力の行使が、日本の場合、アジアの植民地地域において発動されたのである。その内政の統治を正当化するために、日本語教育、日本文化の普及、神社の建設など、現地社会の文化破壊行為が強力に推進された。
この記事の続きを読む »

主要記事一覧4(79号~100号+2)ー「コモンズ」100号への道(5)

(→前ページからのつづき)               【各紙面写真クリックで拡大↓】

【2015年】
コモンズ79号
第79号1月10日
■戦争でなく、人が人らしく生きられる
 共生・協同・連帯の道こそ希望!
■歴史的節目となる新しい年に!(各界から新年のごあいさつ)
■戦後70年、沖縄にとって/第6期沖縄意見広告関西集会
■11・2「ソウル宣言」プレ・フォーラム-新たな協働の発見
■GSEF(グローバル社会的経済協議会)創立さる!
■精神科クリニックの窓から
 「二等兵物語」と日本軍・日本人の名誉
■乱鬼龍
 「主体の危機、それをどう乗り越えることができるのか」

第80号2月10日
■対「イスラム国」戦争
 いったい誰が湯川さん後藤さんを殺したのか
■沖縄の民意を無視するな!1・25国会包囲
■沖縄県議団東京報告集会
■連帯関生支部旗開き/連帯関生支部滋賀県ミキサー車パレード
■新春第二特集 産別、職種・業種別組織のゼネラルユニオンへ
■大内秀明 戦後70年の『戦後』とは何か?
■大阪「府民のちから2015」結成
■マルクス経済学からみた『21世紀の資本』ピケティ検証
■映画紹介『日本と原発』/意見広告運動・関西キャラバン/GSEF報告
この記事の続きを読む »

主要記事一覧3(55号~78号)ー「コモンズ」100号への道(4)

(→前ページからのつづき)               【各紙面写真クリックで拡大↓】

【2013年】
コモンズ55号
第55号1月1日
■時代の左へ! 共生・協同の反資本主義対抗勢力を
 安倍極右政権の戦争国家への中央突破許さない
■新年のごあいさつ:
 大内秀明さん/尾形憲さん/矢山有作さん/土屋源太郎さん
 本山美彦さん/安次冨浩さん/山内徳信さん/野添憲治さん
■座談会《いのち》から《いのち》へ未来の希望を拓く
■労働者座談会 関生型モデルの成果と今後の発展
■田淵太一:論考「極右排外主義と対米従属の間隙を突く」
■根本がんさんが多田謡子反権力人権賞を受賞
■沖縄に呼応し厚木基地闘争/乱鬼龍「たたかいの文化を」

第56号2月10日
■平成の沖縄一揆:
 復帰後初144名の大直訴団、政府に建白書!
■NO OSPREY東京行動/関西集会/オスプレイ反対全国キャラバン
■宗教界の腐敗と闘う労働者/社会保障改悪阻止!
■労働者組織化の最前線/集団自衛権の行使容認へ
■米軍の前方展開戦力と化す自衛隊/砂川事件
■3・9~11反原発連続行動/第4期意見広告
この記事の続きを読む »

主要記事一覧2(31号~54号)ー「コモンズ」100号への道(3)

(→前ページからのつづき)               【各紙面写真クリックで拡大↓】

コモンズ31号【2011年】

第31号1月1日
■<年頭>人が人らしく生きられる社会へ
 東アジア・沖縄民衆と結び安保破棄を!「反資本主義左翼」挑戦への大きな協働を
■大きな結集めざし、力を合せよう!〈新年あいさつ〉
■生コン関連ストライキ勝利と今後の目標(武委員長)
 私達は座して死を待つより立って闘ったそして完全勝利した
■新春 労働者座談会:
 2010春闘5ヶ月の大ストライキ関生・闘争の現場から
■11月国際労働者シンポジウム「反資本主義左翼」への挑戦:仏NPAを招いて
■沖縄・第二期意見広告運動へのおねがい ほか

第32号2月5日
■許さん!米国・財界にひれ伏す菅政権
■第2期沖縄意見広告運動成功を
■新連載・TPPが農家の崩壊を加速する
■新連載・新防衛大綱解説
■4月門真市議選で左翼「真剣議員」復活を(戸田ひさよし)
■「プログラム」深化のために
■協同組合運動再生への課題(下山保・武建一)
■アラブ民主革命の大波/書評「新しい労働社会」 ほか
この記事の続きを読む »

時代をスクープ 主要記事一覧1(創刊~30号)ー「コモンズ」100号への道(2)


【2008年】                    【各紙面写真クリックで拡大↓】

創刊号6月10日
創刊号6月10日■運動型新党「革命21」(準)スタート!
 呼びかけ:変えよう!日本を、世界を、私たちを!
■結成総会の報告 ■これまでの経過報告(生田あい)
■冒頭あいさつ:中岡晋太郎
■顧問あいさつ:矢山有作(元衆議院議員)/尾形憲(法政大名誉教授)
■来賓あいさつ:大野和興(農業ジャーナリスト)/ 稲垣浩(釜ヶ崎地域合同労働組合執行委員長)大庭伸介(静岡)/山元一英(全港湾大阪支部)/ 御子神徹(精神科医)
■各地域・産別・諸戦線から:後藤利夫(国労岡山地本)/ 安重根(アンジュングン)/ 佐藤 毅(愛知連帯ユニオン)浜村 暁(管理職ユニオン・関西)/ 中島 弘(茨城)/ 河上義市(連帯労組関生支部)/室政司(女性・地域ユニオンおかやま書記長)/ 木田耕作(東京)
■プログラム骨子案
 わたしたちの理念と世直しの構想 自治・共和・連帯のもうひとつの日本を!
■労働運動研究会/定期購読のおねがい/G8サミット反対行動

第2号8月1日
■G8サミットは破産した!彼らに解決能力はない
■ミキサー車キャラバン隊、北海道をゆく
■反G8闘争、全国で闘われる
■釜ヶ崎労働者への弾圧抗議!支援を!
■韓国最新情報「いま韓国では」
■革命21(準)に期待する
■新連載「協同組合とは何か」
■映評「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」 ほか
この記事の続きを読む »

創刊号呼びかけ文に私たちの熱い思いと「志」が‐「コモンズ」100号への道(1)

「コモンズ」創刊号呼びかけ文に、私たちの熱い思いと「志」が

「もう一つの世界」への、確かな眼差し


 「コモンズ」は10月号をもって100号となりました。2008年6月創刊以来、一度の休刊も合併号も出すことなく、ここまで来ました。これも、一号、一号、皆様のご購読、ご協力のおかげです。ありがとうございました。
 「コモンズ」編集にあたっては、資本主義に代わる新たな「協同社会(アソシエーション)」をめざし、日本列島弧に「自治・共和・連邦のもうひとつの日本」を実現するために、日米安保破棄と資本の政治権力を打破し、労働者民衆の自治と新しい民主主義を創始する政治目標と、2つの戦略的運動環―沖縄連帯と関生型労働運動――を握りしめ、その発展に資するものにと努力してきました。
 しかしながら、まだまだです。「新しい型の恐慌と戦争の時代」への大転換期にあって、地域や労働、生活の場から立ち上がる多様で深い内容をはらんだ抵抗と変革の志向を、次代の希望へと発展させていくには、私たちの課題も大きいと自覚しているところです。100号を節目に、改めて奮闘してゆくつもりです。今後とも、ご協力のことよろしくお願いします。(コモンズ編集委員会 文責・生田あい)

【再録】創刊号 呼びかけ文

日本を変えよう、世界を変えよう!私たちを変えよう!


コモンズ創刊号一面

コモンズ創刊号一面・ロゴマークも一般読者からの募集で決定した

■新たな準備へスタート

 わたしたちは、「生きさせろ!」と命の叫びを挙げ始めた非正規の青年たち、「もう、我慢も限界だ!」と生活不安を募らせる高齢者をはじめ、貧苦の只中にある労働者民衆の自己解放と社会変革をめざし、新しい全国的解放組織「革命21」の創成に挑戦すべく、ここに、本格的準備に入ることを公表します。

■歴史の大きな変化の時がきた

 今、時代は「唯一の超大国アメリカの時代」が終わりを告げ、世界は歴史的激動期に入っています。
 資本の「カネ儲け」のための弱肉強食の暴走と延命のための悪政が世界の自然環境を壊し、地球温暖化と世界的な食料危機を生じさせ、人間が人間であることを否定するような格差と貧困の連鎖をつくりだしています。そしてまた、モラルと人倫の荒廃を生み出し、かけがえのない地球と人間の生命や生活を、根こそぎ破壊しています。
 しかし、苦しい時こそ潮の変わり目、チャンスです。
 米国発サブプライムローン問題を震源地とする、「世界信用恐慌」の始まりに象徴される資本主義の危機は、資本主義が資本主義をやめる以外に解決しようのない根本矛盾の現れにほかなりません。それは同時に、わたしたちの闘いのための団結と発展の条件を生みだしています。
 現に、中南米の「社会主義ルネッサンス」の奔流にみるように、世界は労働者民衆の反米・反資本主義の闘いと資本のグローバリゼーション・新自由主義とのせめぎあいの時代に入りました。それは、労働者民衆による資本転覆によって人類の共有財であるべき水、食糧、エネルギー資源をはじめ労働によって生み出された全てのものと未来とを取り返していく〈共〉に創造する革命の可能性の接近、総じて「もうひとつの世界」への移行期といえます。そこにおける時代精神の要こそ、いかにして資本主義を倒す主体を形成するかにあると考えます。
この記事の続きを読む »

時代が求める日本労働運動の再生に向けて(2)産業別指導機関の存在こそ「砦」
/木下武男(元昭和女子大教授)

時代が求める日本労働運動の再生に向けて
労働社会学者(元昭和女子大教授)木下武男 ※文中の太字、下線は編集部によります。

連載第二回 <産業別指導機関の存在こそ「砦」、各企業を超えた統一司令塔機能…>

連帯労組自動車パレード

産業別横断型労組 連帯労組関生支部
毎年春に生コンミキサー車他2百数十台で市街パレード

 (前回からの続き)この産業別闘争を強力にすすめる組織的保障になったのが、企業の枠をこえた「統一的指導機関」の存在だった。

 欧米の産業別労働組合は、労働組合の権限は企業の組合組織にはない。その上の産業別の地域組織に執有権や財教権、人事権などの権限が置かれている。関西生コン支部も欧米の産業別組合と同じように企業を超えた「統一司令部」をつくった。産業別交渉を実現するには、産業別統一闘争と統一指導者の形成が欠かせないことが関西生コン支部の歴史的教訓である。

 関西生コン支部は関西の運輸産業では最高水準ともいえる労働条件を勝ち取っている。それは長い努力の末に、「共通規則」と「集合取引」という労働組合の原理を獲得してきたからである。この歴史的経験は、この日本で「本当の労働組合」を創るのは困難ではあるが、不可能でないことをおしえている。

●業種別職種別ユニオンという労働組合モデル

 マルクスとエンゲルが指摘した労働組合の根源的機能と、ウェッブが定式化した競争規則の方法(前回参照)は、「本当の労働組合」の理論的な枠組みだった。
 これに関西生コン支部の歴史約教訓を突き合わせる。そうすると、新しい労働組合モデルと日本労働運動の再生の方向が浮かび上がってくる。ポイントは業種別職種別ユニオン外部構築論ジェネラル・ユニオン論、この三つだ。
この記事の続きを読む »

現在に生き続ける植民地主義<連載第3回> 日本における植民地主義

「現在に生き続ける植民地主義<br />
―歴史的断絶を通して再生する同一の原理とその危機」【連載3】齋藤日出治 大阪労働学校・アソシエ副学長
連載第3回 (⇒前回を読む)

3 近代日本の植民地主義 ―「自己植民地化」から植民地主義へ

一 西欧モデルへの自発的隷従―「自己植民地化」

帝国主義列強のクラブに新参の挨拶をする日本(フランスの風刺画:Georges Bigot)

台湾・朝鮮に出兵、帝国主義列強のクラブに新参の挨拶をする日本
(フランスの風刺画:Georges Bigot)

 西欧社会は、非西欧地帯に対する植民地化の関係を自己のうちに内面化して自己の近代社会を築き上げた。これに対して、日本はこのような植民地主義の関係を内面化した西欧近代社会の規範を自発的に受容し、その規範に従属することによって近代化を成し遂げた。

 幕藩体制下で長期の鎖国政策をとってきた日本は、幕末期に欧米列強の圧力を受けて1858年に幕府が「日米修好通商条約」を結ぶが、この不平等条約に反発して起こった「尊王攘夷」運動を、天皇の権威のもとで「尊王倒幕」運動に転化する。1865年には天皇の勅令による修好通商条約を結び、軍事力を増強した主権国家建設へと向かう。こうして、欧米の出来合いの国家モデルと文化モデルと社会諸制度を外部から受容することによって日本の近代化が推進されることになった。

 小森陽一[2001]は、このような日本の近代化を、欧米による植民地支配を回避しようとして、自己を無意識のうちに植民地化する「自己植民地化」と呼ぶ。
「自国の領土を確保するために、国内の制度・文化・生活慣習、そしてなにより国民の頭の中を、欧米列強という他者に半ば強制された論理によって自発的に装いながら植民地化する状況を、わたしは〈自己植民地化〉と名付けたい」(『ポストコロニアル』岩波書店8頁)。

 サイードが指摘したように、近代につきまとうコロニアル(植民地主義的)な思考とは、他者を自己の鏡として創造し、自己の否定的側面をその鏡に投影して、他者を統治しようとする。これに対して、近代日本は、欧米という他者が差し出した鏡に自己を投影し、その鏡に自己を同化させようとする。これもコロニアルな思考の変種である。
この記事の続きを読む »

現在に生き続ける植民地主義<連載第2回> 近代と植民地主義

「現在に生き続ける植民地主義<br />
―歴史的断絶を通して再生する同一の原理とその危機」【連載1】齋藤日出治 大阪労働学校・アソシエ副学長
連載第2回 (⇒前回を読む)

2 近代と植民地主義

エドワード・サイード

エドワード・サイード

■近代のポストコロニアルな批判

 戦前から戦後への転換を通じて日本近代に潜む植民地主義を究明する方法論的手がかりを与えてくれるのは、ポストコロニアル研究である。
 この研究は、植民地主義を近代史における帝国主義時代のような特定の時代と結びつけるのではなく、近代社会につねにつきまとう無意識の集合意識としてとらえようとする。そしてこの研究は、植民地統治の被統治者よりも統治する主体のまなざしに目を向け、このまなざしが統治する主体と被統治者との関係を構築することに注目する[1]

 E・サイード『オリエンタリズム』[1978]によれば、東洋とは、西欧人が見知らぬ他者と出会ったとき、この他者を自己よりも劣等の存在として、あるいは自己の過去に他者を投影し、自己のかつての未熟な存在と他者を同一視して、その存在に「オリエント」と名づけたことに由来する。東洋をこのように命名することによって、西欧人はみずからの西欧社会をオリエントとの関係において定義する。
「自分にとって他者をオリエントとして描くこと、それは他者を自己よりも劣った存在として描き出し、かつ他者を画一的にとらえる西洋の思考様式にほかならない」(邦訳116頁)。
この記事の続きを読む »

時代が求める日本労働運動の再生に向けて(1)業種別職種別ユニオンの構想
/木下武男(元昭和女子大教授)

時代が求める日本労働運動の再生に向けて(1)業種別職種別ユニオンの構想/木下武男(元昭和女子大教授) 労働社会学者(元昭和女子大教授)木下武男 ※文中の太字、下線は編集部によります。

木下武男さん

木下武男さん

 賃上げと安定した雇用は完全に過去のものとなり、貧困と過酷な労働が長らく日本を支配している。改善の兆しはいくらたっても見えない。いかり、いらだち、あきらめ、出口のみえない陰うつな空気が日本を支配している。何故こんなことになってしまったのだろうか。

 労働運動は政府の悪政や経営者の悪辣な働かせ方のせいにしたがる。政府や経営者が悪いのは言うまでもない。
 だが大きな責任は労働組合にある、労働組合は貧しい虐げられた者たちが身を守り、生きるための武器としてつくられた。欧米の労働運勅の歴史はそのことをおしえている。

郵政非正規社員65歳解雇無効裁判・レイバーネットより 責任があるとしたのは、日本の労働組合はその武器の役割をはたしていないからだ。それはあたりまえのことで、日本に特有の企業別組合は年功賃金にもとづいた企業内の従業員の賃上げのためにある。働いても貧しい貧困層(ワーキングプア)は企業の外にいる。中で働いている非正規社員は組合員ではない。働く貧困層は日本の労働組合運動から放置されつづけてきたのである。

 反貧困のユニオン運動のあり方が検討されなければならない。それは本当の労働組合を日本で創ることでもある。とりあえずはその労働組合モデルは、「業種別職種別ユニオン」の形をとるものと考えられる。その可能性は現実に広がっている。本稿はそれらを明らかにすることを課題にしている。
この記事の続きを読む »

海南島における日本の国家犯罪<第一回・大阪労働学校公開講座>より

学働館・関生に聴講生多数
日本帝国主義、恐るべき国家犯罪の歴史的検証
第一回・大阪労働学校公開講座海南島における日本の国家犯罪
 本年4月、大阪市西区川口の学働館・関生で開校した大阪労働学校・アソシエ(本山美彦学長)の、待望の<第1回>公開市民講座が9月10日同館4階ホールで開催された。第1回講義は、同校斉藤日出治副学長による「海南島における日本の国家犯罪」を主題とする連続講座の初回にあたる歴史検証問題であり、10月1日、8日とあわせて計3回にわたり、戦前日本帝国の恐るべき国家犯罪の概要が明かされた。

 その中で斉藤氏の所属する<海南島近現代史研究会>がほぼ独力で探り当てた恐るべき歴史的史実が明らかにされ、わが国一般市民にほとんど今回初めてと言う衝撃的内容のドキュメント映像の公開がなされた。70年前同島で旧日本帝国主義の侵略軍が、島の住民に殺戮の限りを尽くした現代史の闇の部分は、まさに痛恨の歴史そのものである。それだけにこの恐るべき虐殺事件を語ることさえしなかった戦後日本における市民的無関心と戦争犯罪に対する追求の無さを反省させる重い証拠の事実として今後の検証と情報の拡大を図らねばならない。
この記事の続きを読む »

現在に生き続ける植民地主義<連載第1回>/齋藤日出治(大阪労働学校・アソシエ副学長)

「現在に生き続ける植民地主義<br />
―歴史的断絶を通して再生する同一の原理とその危機」【連載1】齋藤日出治 大阪労働学校・アソシエ副学長
連載第1回

連載開始に当たって★コモンズ編集部より
 わたしたち「コモンズ」の社会変革のプログラムの大きな柱の一つに「日本の近代史」を革めるという課題がある。それは次のような認識と立場に立ってのことである。
靖国神社 つまり、明治以来の近代日本国家は、「内」にあっては北方の先住民であるアイヌへの侵略と「アイヌモシリ」(アイヌのくに―大地)の略奪、南方の琉球民族への武力による琉球王国の解体・併合によって、北海道と沖縄を国内植民地として創出し、戦後以降も「沖縄への構造的差別」に見るように沖縄の「国内植民地」扱いの本質は変わってはいない。
 同時に、それは外にあっては、台湾出兵以来、朝鮮・中国など東南アジアへの侵略と植民地支配と軌を一つにしたものである。
 9月から、大阪労働学校・アソシエの主催で、本記事の末尾にて案内したような公開市民講座が開催されることとなり、この機会に今号より「外に向かっての植民地主義」について、齋藤日出治氏のご快諾も得て、その論考を連載する(初出『変化と転換を見つめて』2016年3月風媒社刊)。是非、公開市民講座にも参加いただきたい。(生)

はじめに ― 戦前と戦後の断絶において継承される同一の原理
沖縄戦

沖縄戦

 日本の近代史は、一九四五年の敗戦を境にして根本的に変化したものと理解されている。
 日本は欧米列強の圧力を受けて、二六〇年にわたる幕藩体制に終止符を打ち、開国して以降、文明開化と富国強兵策によって自国の近代化を図ると同時に、近隣アジアへの軍事的・政治的な拡張を企図して、植民地支配と侵略戦争を推進してきた。そのゆきついた先がアジア太平洋戦争であり、日本は沖縄戦、大空襲、広島・長崎の被爆という破局的事態を経て敗戦を迎える。
この記事の続きを読む »

1 / 612345...最後 »