サイト内検索
月別アーカイブ
人気記事(最近)
催し案内
予定はありません
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが コモンズブログ を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
  カテゴリー ‘ニュースとお知らせ’ のアーカイブ
3 / 2112345...1020...最後 »

国内短信】新潟県知事選で反原発候補が圧勝 他2件

■新潟県知事選挙、脱原発派候補が圧勝
 県民の脱原発の意志は明らか!

2016/10/16新潟県知事選で反原発候補が圧勝
 10月16日投開票の新潟県知事選挙は医師で弁護士の米山隆一氏(49)(共産・自由・社民推薦)が前長岡市長の森民夫氏(67)(自民・公明推薦)を破って当選した。選挙前には与党がこぞって推薦する森氏の圧勝が予想されていたが、蓋をあけてみれば米山氏と森氏の得票差は6万3千票と大きく開いた。結果が事前予想と全く逆になったことで、県民の脱原発の意志の固さをあらためて示すこととなった。
 今回、柏崎刈羽原発の再稼働申請に激しい不快感を表明するなどした前職の泉田裕彦氏は、四選を目指して出馬の意思を明らかにしたが、森氏を筆頭にした原発推進派からの圧力を受け立候補取りやめに追い込まれた。この事態に米山氏は泉田路線を継承するとして立候補したものである。労働組合の連合新潟は森候補を推薦し自・公に加担した。また民進党は自主投票としたが、蓮舫代表が米山応援に駆けつけた。

過労自死を労災認定  電通の体質変わらず■過労自死を労災認定
 電通の体質変わらず


 大手広告代理店の電通(本社・東京、石井直代表取締役執行役員)の新入社員高橋まつりさん(当時24歳)は昨年12月25日、過労自殺した。
 東京三田労基署は自殺1ヶ月前の時間外労働が105時間だったと認定、過労による労災を認めた。高橋さんは東大文学部を卒業し15年4月に入社。人手不足、パワハラまがいの上司の叱責などにより心労は極限にあったと思われる。安倍内閣の「働き方改革」とは労働者を酷使する企業本位の政策でしかない。
この記事の続きを読む »

青森現地集会 南スーダンへの第9師団の派兵許すな!

自衛隊を南スーダンに送るな!10・30いのちを守れ!青森集会
雨の中、全国から1250人が抗議
0161030南スーダン派兵阻止青森現地集会
 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣される陸上自衛隊第9師団がある青森市で10月30日、派遣に反対する集会が開かれ、全国から約1250人が参加した。
 当日は寒風吹く雨模様の空の下、参加者はねぶたばやしに合わせて「自衛隊を戦地に送るな」「駆け付け警護は絶対させない」などと訴えた。
 政府は来月、第9師団第5普通科連隊などを中心に編成される派遣部隊に、安全保障関連法に基づく新任務「駆け付け警護」を付与するが、交戦権を認めない憲法に違反している。
この記事の続きを読む »

横田基地へのオスプレイ配備許すな!東京集会

横田基地へのオスプレイ配備を許すな!
10・23 東京集会


 昨年5月、米空軍は垂直離着陸輸送機CV22オスプレイ10機の横田基地配備を通告してきた。17年にはそのうち3機が配備される。
 これに対する抗議行動の一環として10月23日、多摩川中央公園にて東京平和運動センター三多摩平和運動センター主催による「『戦争をする国』を許さない!すべての基地撤去!オスプレイの横田基地配備に反対する10・23東京集会」が開催され2000人が参加した。
 激しい重低音騒音で知られ事故率・死亡率も高く危険なオスプレイはもはや沖縄だけではない。自衛隊の配備地として佐賀県や千葉県木更津、また岩国などにも配備される。全国の闘いと連動して横田でもオスプレイ配備反対に起たなければならないとの主催者あいさつが行われた。平和フォーラム、全国基地爆音訴訟原告団連絡会議のあいさつのあと、17日に不当逮捕された沖縄平和センター議長の山城博治さんから連帯のアピールが読み上げられた。
 集会後、横田基地ゲートに向けてデモ行進が行われた。

(「コモンズ」101号の目次にもどる)

朝霞基地の観閲式に抗議集会とデモ 行くな!南スーダン

南スーダンへの自衛隊派兵を許すな!

10・23 朝霞観閲式抗議集会とデモ

10・23朝霞観閲式抗議集会とデモ
 10月23日(日)、自衛隊朝霞基地において開催される軍事パレードに抗議する集会に市民や労働者など約300人が結集した。主催は「やめろ!軍事パレード 行くな!南スーダン 自衛隊国軍化を許さない!10・23朝霞デモ実行委員会」だ。

 朝霞駅に着いてまず驚かされたのは、朝から南口周辺一帯に埼玉県警機動隊や公安警察がウンカの如く群れ集まり厳戒体制を敷いていたことだ。その数は集会参加者数をゆうに上回るほど。政府・防衛省が抗議行動に対して神経を尖らせていることをよく示している。しかし参加者一同は警察の挑発にも動じることなく、毅然として集会を行なった。

 安倍政権が自衛隊を派遣しようとしている南スーダンはすでに内戦状態にあり、駐屯予定地でも戦闘が起こっている。にもかかわらず安倍政府は「戦闘ではない、衝突だ!」と詭弁を弄し自衛官たちを行かせようとしているのだ。危険極まりない!自衛官が殺されたらどうするのか!
 また沖縄周辺の南西諸島一帯には「対中国戦争」に備えたミサイル基地を建設中である。無謀な戦争へひた走る安倍政権の暴走を何としても止めなければならない。参加者たちの思いはみな同じだ。
この記事の続きを読む »

TPP批准をさせない1万人行動 中央集会では8000人がデモ

10・15 TPP批准をさせない一万人行動 中央集会で8000人がデモ行進

10・15 TPP批准をさせない一万人行動 10・15 TPP批准をさせない一万人行動

 10月15日、東京・芝公園23号地において「TPPを批准させない10・15中央集会」が開かれ、全国から8000人が結集した。「TPPに反対する人々の運動」の山下惣一共同代表らを呼びかけ人として全国270団体の賛同のもとに行われた。社会民主党、日本共産党、自由党など各政党の発言、TPPに反対する全国の団体によるリレートークが行われた。
 集会後、トラクターを先頭にして新橋、銀座を通り東京駅手前までのコースを「賃金下げるTPPは要らない」などのシュプレヒコールを挙げながらTPP反対をアピールした。
この記事の続きを読む »

ヤンバルの森にオスプレイパッドはいらない 住民が国を提訴

10・13 やんばるの森にオスプレイパッドはいらない!緊急集会 住民が国を提訴

やんばるの森にオスプレイパッドはいらない高江緊急集会 10月13日(木)、衆議院第一議員会館多目的ホールにて「ヘリパッド」いらない住民の会辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク主催による緊急集会が開催された。
 当日は集会に先立ち外国特派員協会において記者会見が行われ、NHK、TBS、ワシントンポスト、BBCなど出席した42のメディアの前でヘリパッド建設の不当性を訴えたことが報告された。

 沖縄選出衆議院議員の玉城デニーさんのあいさつに続き、ヘリパッド建設に座りこむ住民を7歳のこどもまでも「通行妨害」で逮捕・起訴する無慈悲な国の対応、市民に暴行を加える警察機動隊の暴行の様子を伝える映像が流された。
 続いてオスプレイパッドを訴えた原告団の安次嶺現達さん、伊佐育子さんが現状を説明。支援を訴えた。
 衆議院議員の赤嶺政賢さんに続き、参議院議員の伊波洋一さんは国際条約で保護が義務づけられている絶滅危惧種はハワイの米軍基地には57種であるのに対して沖縄防衛局の調査では高江のエリアには200種を数えることが知られていると報告した。弁護士の小口幸人さんは騒音回数の凄まじさ(現在はN4の1カ所だけで年間換算で4千回以上、ヘリパッド完成後は1万1千回以上となる)を挙げ、「これで4カ所も出来たら高江に住む事はできなくなる」と訴えた。
この記事の続きを読む »

最高裁へ破棄を求める緊急集会 高裁トンデモ判決の内容とは

10・28 とんでもない!辺野古埋立容認の高裁判決

最高裁へ破棄求める緊急集会


10・28とんでもない!辺野古埋立容認の高裁判決 最高裁へ破棄求める緊急集会 米軍辺野古新基地建設に向けた日本政府の沖縄への弾圧と工事強行はあまりにもすさまじい。
 これまでの選挙にも国政・県政・市政すべてに連勝し「基地ノー」の県民の意志がはっきりと示されているにもかかわらず、その意志を踏みにじり、警察、海保、そして高江のオスプレイパッド建設に至っては自衛隊まで動員するという無軌道・無法ぶりだ。
 戦後まがりなりにも積み上げられてきたこの国の民主主義の歴史を権力者だからといって根こそぎ破壊することに対する怒りがうず巻いている。
 7月参議院選挙以降、弾圧は沖縄県民への露骨な敵愾心と差別意識を剥き出しにして行われている。政府は選挙で自民党現職候補惨敗が決定するやいなや、「和解」合意も投げ捨て翁長県知事を裁判に訴えた。

■あまりにひどい!国の主張のコピペだ!

 9月16日の福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)の判決は驚くべきものであった。一方的に国側勝訴とするのみならず、国政方針にまで立ち入って行政への完全な従属を明らかにする判決で、三権分立を基礎としてうち立てられできた民主政治をもないがしろにするものであった。
 10月28日、この多見谷判決に対する抗議と最高裁での高裁判決破棄を求める集会が東京水道橋の全水道会館にて開催された。
 最初に主催者あいさつに立った沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックの外間三枝子さんは多見谷判決について「あまりにひどい!コピペだ!」と、こみ上げる怒りを表明し「こんな判決文を許さない。これは沖縄の問題ではない!本土の問題だ!」と述べ、最高裁での破棄を求めるため共に闘うように訴えた。
この記事の続きを読む »

11・20‐21 最高裁キャンドルナイトへ参加しよう

沖縄・辺野古 最高裁は高裁判決を破棄しろ

最高裁キャンドルナイト 11・20‐21 連続行動へ参加しよう

11・20‐21最高裁キャンドルアクションへ
(呼びかけ:止めよう! 辺野古埋立て国会包囲実行委員会)詳細は下記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最高裁判所への署名とキャンドルアクション
JUSTICE for OKINAWA!

 2016年9月23日、沖縄県は辺野古埋立承認取り消し処分を取り消さないのは違法だとした福岡県那覇支部の判決を不服として最高裁に上告しました。
 最高裁への上告は、弁論が開かれずに棄却・却下されることが多いです。したがって、最高裁へ世論が注目していることを目に見える形で訴えるため、下記の緊急署名と最高裁前での集会を呼びかけます。

■呼びかけ団体】「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会
■連絡先】沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック 090-3910-4140
     沖縄意見広告運動 03-6382-6537
     ピースボート 03-3363-7561

■キャンドルアクション JUSTICE for OKINAWA!最高裁前11/20.21連続行動
〜最高裁は口頭弁論を行い、高裁判決を破棄しろ!〜


・とき 11月20日(日)21日(月)
・場所 最高裁判所周辺
 (東京都千代田区隼町4番2号)
 地図 http://www.courts.go.jp/saikosai/about/syozai/saikosai/

<スケジュール>
 11月20日(日)
 18:00~20:00 キャンドル集会
         沖縄からの訴え
         法学者・弁護士から
         歌
         参加者から 他
 11月21日(月)
 8:00~9:00  最高裁前 出勤時のビラまき
 10:00~     最高裁要請行動(署名提出)      
 12:00~13:00 昼休み集会、終了
この記事の続きを読む »

関西短信】11月の市民行動紹介

  • 11月10日(木) 18:30~19:30
    anti-racism朝鮮学校のためのヨドバシカメラ梅田前街宣行動
    ヨドバシカメラ梅田前(JR大阪駅北側)
    主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪
  • 11月12日(土) 13:30~
    憲法9条の会・関西 総会&講演会
    テーマ:改憲をもくろむ安倍政権と日本会議
    講師:週刊金曜日編集人成澤宗男さん
    於:大阪市難波市民学習センター第一研修室
    主催:憲法9条の会・関西
  • 11月14日(月) 18:30~21:00
    アイヌ民族連帯!大阪交流集会
    於:国労大阪会館(JR環状線・天満すぐ)
    ゲスト:川村シンリツ・エオリパック・アイヌさん(川村カ子トアイヌ記念館館長・ピリカ全国実副代表)、平田幸さん(レラの会)
    主催:「北方領土の日」反対!「アイヌ新法」実現!全国実行委員会・関西(ビリカ全国実・関西)
  • 11月17日(木) 14:00~(集合13:30)
    「大阪・花岡国家賠償訴訟」第5回口頭弁論
    於:大阪地裁 公判終了後、弁護士会館前で報告会
    連絡先:中国人強制連行「聯誼会連合」を支える会(「国賠訴訟」を支援する会)
  • 11月19日(土) 14:00~16:30
    シンポジウム「改憲とヘイトスピーチに抗して」
    於:アネックスパル法円坂・大阪市教育会館 A棟3階1号室(JR・地下鉄 森ノ宮)
    報告者:前田朗、奥本京子、木戸衛一 資料代:700円
    主催:同シンポ実行委員会
  • 11月20日(日) 14:30~16:30
    日本基督教団大阪教区部落解放協議会2016
    狭山再審の現状と課題 -冤罪と裁判-
    於:日本基督教団阿倍野教会
    講演:狭山再審弁護団事務局長 中北龍太弁護士
    主催:日本基督教団大阪教区部落解放委員会
  • 11月22日(火) 18:45~(18:20開場) 
    映画「鬼郷(クィヒャン)」上映会
    日本軍の慰安婦強制連行などを告発する問題の映画・鑑賞券1,000円
    於:ドーンセンターホール(7階)
    主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
  • 11月26日(土) 13:30開場―14:00開始
    2016秋の憲法集会―武力で平和はつくれない!憲法改悪をとめよう!
    於:国労大阪会館(JR環状線・天満すぐ)
    ・ジャーナリスト青木理さん「安倍改憲と日本会議の正体」
    ・新聞うずみ火 矢野宏さん「安倍政権の『壊憲暴走』を支えるメディア」
    ・子どもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会 相可文代さん など
    各氏による緊急報告と講演学習の会。
    主催:とめよう改憲!おおさかネットワーク
  • 11月27日(日) 14:00集合 デモ出発14:45~
    川内原発は2度と動かさない御堂筋デモ
    於:新阿波座公園(地下鉄本町駅23番出口)
    呼びかけ:とめよう原発!!関西ネットワーク

(「コモンズ」101号の目次にもどる)

編集室から(100) 100号を迎えました!感謝申し上げます

○編集後記

thank_you

読者の皆様へ

『コモンズ』は100号を迎えました。感謝を申し上げます。


コモンズ創刊号

コモンズ創刊号(2008/06/10)

 「コモンズ」は今号をもって100号となりました。2008年6月創刊以来、一度の休刊も合併号も出すことなく、ここまで来ました。これも、一号、一号、皆様のご購読、ご協力のおかげです。ありがとうございました。
 「コモンズ」編集にあたっては、資本主義に代わる新たな「協同社会(アソシエーション)」をめざし、日本列島弧に「自治・共和・連邦のもうひとつの日本」を実現するために、日米安保破棄と資本の政治権力を打破し、労働者民衆の自治と新しい民主主義を創始する政治目標と、2つの戦略的運動環―沖縄連帯と関生型労働運動――を握りしめ、その発展に資するものにと努力してきました。
 しかしながら、まだまだです。「新しい型の恐慌と戦争の時代」への大転換期にあって、地域や労働、生活の場から立ち上がる多様で深い内容をはらんだ抵抗と変革の志向を、次代の希望へと発展させていくには、私たちの課題も大きいと自覚しているところです。
 100号を節目に、改めて奮闘してゆくつもりです。
 今後とも、ご協力のことよろしくお願いします。
                   2016年10月10日  コモンズ編集委員会

【付記】なお次号より新年号にかけて、『100号記念特集』を企画してまいります。つきましては、「コモンズ」へのご意見、今後への提言などを募集いたします。下記要項の通りコモンズ編集部までお送りください。
この記事の続きを読む »

国際短信】止まらない韓国核武装論議/豪への潜水艦輸出失敗 他

■止まらない韓国核武装論議 世論調査で過半数が「賛成」

水爆実験の映像(米・マーシャル諸島1952)

水爆実験の映像(米・マーシャル諸島1952)

 北朝鮮の脅威に対抗して韓国で核武装論議が止まらない。韓国政府は「朝鮮半島に核があってはならない」との立場で、核拡散を嫌う米国も強く反対しているが、最新の世論調査では核兵器保有に「賛成」が過半数を超えた。背景には韓国に「核の傘」を提供している米国への不信感も見え隠れする。
 中国の聯合ニュースの報道によれば、北朝鮮による5回目の核実験の後の23日に世論調査会社のギャラップが発表したアンケート結果で、韓国も核兵器を保有すべきだとする一部政界の主張に賛成する回答が58%と反対の34%を大きく上回った。
 今年1月の4回目の核実験後に実施された同じ調査では、「賛成」が54%、「反対」が38%だった。今回の結果についてギャラップは「度重なる核実験など北朝鮮の最近の態度が韓国国民の対北感情を悪化させているようだ」と分析している。

■豪潜水艦、仏社が受注 日本落選、安倍政権に痛手

海自潜水艦(横須賀)

海自潜水艦(横須賀)

 オーストラリア政府は9月29日、次期潜水艦の共同開発事業でフランスの政府系造船会社DCNSと設計開始の正式契約をしたと発表した。契約額は3兆9千億円規模。戦闘システムの統合は米のロッキード・マーチン社が担う。
 事業受注は日独仏の3国で争ったが、安倍首相と対中国包囲などの軍事戦略で一致すると言われたアボット前首相が支持率低下から退任に追い込まれたのちに、日本は「海外建造の経験不足」を理由に落とされ、仏社が選ばれた経緯だ。
 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は「日本は自国の潜水艦の売却によって、日本政府とオーストラリアの深まりつつある戦略関係が強固になるかもしれないと期待し」また「世界の兵器市場でより大きなシェアを担いたいという野心を大々的に宣伝してもいる」と指摘。米も水面下では日本を支持していた(参照)。ゆえにこの落選は経済的な意味のみならず、豪は安倍の戦略を(少なくとも積極的には)受け入れないという、政治的なメッセージともなった。軍備増強と軍需産業への転換(死の商人化)を目指す安倍政権の野望に少なからぬ痛手となった形だ。
この記事の続きを読む »

国内短信】1兆円の浪費の果てに「もんじゅ」廃炉へ 他3件

■もんじゅ廃炉へ 1兆円の国費浪費の結果

もんじゅ廃炉を求める集会(2012)

もんじゅ廃炉を求める集会(2012)


 政府は9月21日、原子力関係閣僚会議を開き、福井県の高速増殖炉「もんじゅ」廃炉を含む抜本的な見直しをすることで合意した。
 廃炉は歓迎されるべきだが、20年以上ほとんど運転のないまま投じられた1兆円もの国費(=我々の税金)がムダになった事実は重い。だが、なおも安倍政権は核燃サイクル推進と高速炉の研究開発は続けるとしている。いいかげんしろ!

■国、後期高齢者特例廃止を検討 保険料が最大5倍に

 75歳以上の後期高齢者医療制度では低所得者ら916万人の保険料を最大9割軽減する特例があるが、厚生労働省は9月27日、これを廃止し2017年から段階的に引き上げてゆく方向で検討に入った。これにより保険料支払いが最大5倍に増える人もいる。

■ACSA海外で適用拡大 日米の軍事的一体化がさらに深刻化

 自衛隊と米軍が相互に燃料や物資などを融通しあう日米物品役務相互提供協定(ACSA=アクサ)に基づく相互の提供実績が1996年の協定締結以来20年間で大幅に拡大している。件数で見ると2003年まで年間200件程度だったのが、2003年のイラク派兵開始の翌年から件数が3倍に増え、米軍と自衛隊の戦争協力体制に向けた軍事的一体化が深刻化していることをうかがわせる。

■日本政府「沖ノ鳥島」に約100億円で防波堤を作る

防波堤の上から沖ノ鳥島(東小島)を見下ろす

防波堤の上から沖ノ鳥島(東小島)を見下ろす

 日本最南端の「沖ノ鳥島」はわずか9平方メートルの広さだが、日本政府は約100億円を投じ、セメントと棒鋼で防波堤を作る。しかし中国政府や台湾などは「島ではなく岩だ」と主張している。
 一方、その中国は南シナ海の95%の領有権を主張しているが、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は先週、その主張を退け、中国がフィリピンの漁業権を侵害しているとの判決を出した。同裁判所はさらに、南シナ海で中国が「島」と主張するものは実際には「岩」であり、排他的経済水域(EEZ)は生じないと判断している。

(「コモンズ」100号の目次にもどる)

3 / 2112345...1020...最後 »