サイト内検索
月別アーカイブ
人気記事(最近)
催し案内
予定はありません
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが コモンズブログ を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
  カテゴリー ‘ニュースとお知らせ’ のアーカイブ

速報】2016 GSEFモントリオール大会の成功 ―62カ国から330団体1500人

関西の生コン協組事業の成功事例を紹介

報告:近畿生コン関連協同組合連合会

GSEF2016モントリオール大会 グローバル社会的経済協議体(GSEF)の第2回大会が、9月7~9日、カナダ・ケベック州のモントリオール市で開催された(→公式サイト)。前回の2014GSEF創立総会と比較すると、規模的には3倍ほどの結集となった。世界の期待の大きさの反映である。大会は2年に一度。次回2018年はスペイン・バスク州のビルバオ市で開催される。

■GSEFの特徴
 日本から「ソウル宣言の会」(GSEFの準会員)33名がソウル大会に引き続いてモントリオール大会にも参加した。
 モントリオール大会の第一印象は、ソウル市での創立大会よりも、かなり多くの国際機関、自治体(地方政府、都市)、社会的経済団体(協同組合、社会的企業、非営利事業体)が参加していて、大きな国際会議になったなというものだった。
 ソウルでは14か国、130の国際機関や自治体、社会的経済団体が参加していたが、2年を経て、今回は62カ国、330の国際機関・自治体(特に33市の市長が壇上であいさつ)・社会的経済団体から1500名が参加した。
GSEF2016モントリオール大会
 現在の世界の主流の経済システムは、営利を目的とした資本主義経済である。しかし、資本主義は貧富の格差を拡大し、自然と人間性を破壊し、2008年の米国発の金融恐慌に見られる様に、あくなき利益追求の果てに破綻する。
 日本ではいまだにアベノミクスやTPPという巨大企業の利益追求を本質とする新自由主義政策が支配的であるが、世界では営利を目的としない社会的連帯経済が、貧困、女性、子供、青年、障がい者、教育、住宅、交通、通信、食糧、流通、金融、保険、製造、労働等々、あらゆる領域で有用な非営利事業を立ち上げ、課題を克服し、雇用を創出し、地域社会を支えている。
 また、GSEFの特徴は自治体と社会的経済の連携を強く求めている点にある。この連携の成功事例が多く報告されている。
この記事の続きを読む »

9・22 さよなら原発!さよなら戦争!大雨の中代々木公園に9500人が結集

 9月22日(木)、「さようなら原発・戦争大集会」が行われ、会場となった代々木公園には台風接近による厳しい悪天候にもかかわらず、メイン会場や各ブースなどの公園全域に合計9500人もの人々が結集しそれぞれに反戦・反原発の思いを訴えた。
 12時に開始されたメイン会場の第一部では原発事故被害者団体連絡会(被団連)共同代表の長谷川健一さんが最初に発言した。長谷川さんは福島県飯館村で酪農を営んでいたが、被爆し避難。生活は破壊され家族はバラバラになってしまった。しかしその補償はおこなわれていない。多くの村民が悲惨な環境の中で生活している。しかも除染で取り除かれた汚染土のフレコンバッグが190万個も置かれ、その処置のめどが立っていない。
 つづいて郡山市議のへびいし郁子さん「避難の権利」を求める全国避難者の会の中手聖一さん、北海道平和運動フォーラム事務局の長田秀樹さんらが発言したあと、「寿(ことぶき)」の演奏で第一部を終了。午後1時30分より第二部に移った。

■原発の本当の目的は核兵器開発

 開会あいさつに立った作家の澤地久枝さんは、原発事故の補償や廃炉のためにかかる費用が全て電気代に上乗せされることで責任がすべて消費者に押し付けられ、一方では復興や除染に税金が使われ、それが企業の利権につながっていることに対して「こんなバカなことがありますか!」と怒りを表明した。つづいて被団連共同代表の武藤類子さんは除染によって大量に出た低レベルの汚染土が全国で再利用され、また避難者への救済が少しずつ打ち切られていることへの行政の無責任を批判した。
この記事の続きを読む »

9・19 関西でも5000人結集!総がかり行動in大阪

9・19総がかり行動in大阪 戦争推進の安倍政権を打倒しよう

関西でも5千名が集結!

うつぼ公園は戦争法廃止を訴える人々の波で埋まった(写真:中村正男さん)

うつぼ公園は戦争法廃止を訴える人々の波で埋まった
(写真:中村正男さん


■野党共闘の前進呼びかけ

 雨中の国会前を2万5000人の市民が包囲する中、関西の地からも戦争法廃止の声があがった。戦争させない1000人委員会大阪憲法会議、市民共同3組織を中心に取り組まれてきた「おおさか総がかり行動」実行委員会は昨年の戦争法強行成立以降も.「戦争法」の発動に反対し.毎月19日に3団体持ち回りで「戦争法廃止」の街灯宣伝や集会を開催してきた。今回その1年目の9月19日大阪市靭(うつぼ)公園に、約5千もの市民、団体代表らが集結。戦争法の即時廃止と南スーダンへの自衛隊派兵の中止を求めて集会と市内デモが行われた。
 この集会でも、民進.共産、生活、社民の4党の大阪代表が参加し引き続き、安倍政権打倒のため、野党共闘を前進させることが表明された。

■高江の現状をアピール

 各分野からのアピールでは、「安保関連法に反対するママの会」「関西市民連合」「安全保障関連法に反対する学者の会」など各団体から発言があり、沖縄で現在、高江のヘリパット建設に全国から500人の機動隊が動員され、非暴力抵抗闘争を続ける住民に対し、理不尽な暴力による弾圧取締りが発動されている事実が報告され、新たな戦争のための米軍新基地建設の反対と糾弾の意思確認を行なった。
 最後に、集会決議の後、デモに移った 参加者は、北から南の中心地・難波まで行進を続け、道行く市民に戦争法の廃止をアピール。市民からも、各所で支援の声が上がるなど力強い盛り上がりが見られた。

(「コモンズ」100号の目次にもどる)

強行採決から1年!戦争法廃止!9・19 国会正門前行動

国会正門前に雨の中2万3千人が結集


 昨年9月19日、戦争法が強行採決されて1周年となるこの日、雨の中を多くの市民がかけつけ、国会前で戦争法廃止を訴えた。強行採決から1年!戦争法廃止!9・19 国会正門前行動
 集会ではまずシュプレヒコールのあと、野党各党から発言が行われ、民進党・岡田克也さん、日本共産党・志位和夫委員長、社民党・福島みずほ副党首、今回の参議院選挙で野党統一候補として勝利した生活の党・木戸口英司さんらがそれぞれ市民と野党の統一候補による安倍政権打倒を訴えた。

 つづいて主催者の発言にうつった。最初に登壇した「戦争をさせない1000人委員会」の清水雅彦さん(日本体育大学教授)は昨年、戦争法廃止の声明に235人の憲法研究者が名を連ね、また9割の憲法学者が「戦争法は違憲」としている事実を挙げた。また辺野古訴訟裁判でも三権分立が失われていると批判した。
 「憲法こわすな実行委員会」の高田健さんは青森の陸上自衛隊第9師団第5普通科連隊300数十名が重装備で南スーダンの内戦地に派遣されると報告し、10月30日に青森現地で行われる反対行動への参加を呼びかけた。
 憲法共同センターの小田川義和さん(全労連議長)からは、全国で戦争法廃止へ向けた集会が行われている、市民と団体、野党がちからを合わせて「戦争する国」への後戻りを阻止しようと訴えがあった。
この記事の続きを読む »

経産省前テントひろば設立5周年 怒りのフェスティバル

経産省前テントひろば設立5周年

「テントここにあり!」と力強く宣言する淵上太郎さん(右)と司会の乱鬼龍さん

「テントここにあり!」と力強く宣言する
淵上太郎さん(右)と司会の乱鬼龍さん

テントここに在り!

経産省前・怒りのフェスティバル


 2011年、福島原子力発電所が爆発した半年後、東京霞ヶ関の経産省前に原発反対のテントが設置された。今年9月11日はその5周年となるはずだったが、直前の8月21日、テントは設立1807日目にして東京地裁に強制撤去された。
 この時、テントひろば代表者の淵上太郎さんは怒りを込めて「テントは撤去されても我々の脱原発の意志をくじくことはできない」と宣言した(本紙前号に既報)。果たしてそのことばは事実となった。9月11日には大勢の市民がテント跡地に駆けつけ、「怒りのフェスティバル」を決行したのだ。
この記事の続きを読む »

日本政府による沖縄への弾圧を許さない集会に2500人

9・28日本政府による沖縄への弾圧を許さない集会 日本政府は7月の参議院選挙が終わるやいなや、翌日より全国からの機動隊800人以上の動員による高江住民への弾圧体制を敷き、ヘリパッド建設工事再開を強行した。
 さらに沖縄県と交わしたはずの「和解」合意を一方的にかなぐり捨て、突然の辺野古の陸上部分での新基地建設工事再開と翁長沖縄県知事に対する訴訟を行なうという矢継ぎ早の沖縄への暴力的介入を行なっている。
 またこのような政府の暴走に対して本来は三権分立を持って裁くはずの裁判所までもが、政府と一体となってこの沖縄弾圧に手を貸し、一方的に政府の立場から判決を下すという事態に「いったいこの国はどうなっているのか!」「正義はどこにあるのか!」という声が渦巻いている。
 こうした市民の怒りの声を背景に、9月28日(水)、東京の日比谷野外音楽堂で「9・28日本政府による沖縄への弾圧を許さない集会」が開催された。
この記事の続きを読む »

関西短信】10月後半の市民行動の紹介

とんでもTPP

  • 10月17日(月)
    共謀罪の国会提出を許すな!大阪緊急集会
    エルおおさか 18時半 講演:永嶋靖久弁護士
  • 10月19日(水)
    反TPP集会・討論会
    神戸勤労会館 18時半
    主催:こわすな憲法!いのちと暮らし!市民デモHYOGO
  • 10月19日(水)~24日(月)
    ベトナム反戦闘争とその時代展
    京都精華大・映画『怒りをうたえ』『砂川の熱い日々』『現認報告書 羽田闘争の記録』ほか
  • 10月21日(金)
    10・8山﨑博昭プロジェクト山本義隆講演会
    18時半 京都精華大
  • 10月22日(土)
    「未来のための歴史パネル展・高槻」講演会
    14時 クロスパル高槻・講演:岡本朝也
  • 10月23日(日)
    「生かそうヘイトスピーチ解消法 つくろう神戸市条例」集会
    13時半・私学会館(JR・阪神「元町」) 講演:師岡康子弁護士ほか
  • 10月23日(日)
    armysucks尼崎朝鮮学校70周年記念文化祭
    JR「立花」南西10分 尼崎市西立花町4丁目5−17
  • 10月23日(日)
    私の戦争体験 それでも君は銃をとるか
    14時・浄るりシアター(能勢町役場隣)
  • 10月26日(木)
    さようなら原発1000人集会総括会議
    19時・川西アステ6階(阪急「川西能勢口」南1分)
  • 10月28日(金) 
    自衛隊は南スーダンに行くな!講演会
    18時半 エルおおさか南館1023
    講演:泥憲和(元自衛官)主催:「戦争法」違憲訴訟の会
  • 10月29日(土)
    市民の手で社会を変えよう!連続市民講座「子どもの貧困・子育てを支える社会を」
    14時 川西商工会館多目的ホール 講師:柴田悠京都大准教授
  • 10月29日(土)
    さいなら原発尼崎住民の会講演会
    14時 尼崎小田公民館(JR「尼崎」北東3分) 講演:菅谷昭(医師・松本市長)

(「コモンズ」100号の目次にもどる)

国際有機農業映画祭2016 10周年の今年も12月18日に開催

国際有機農業映画祭2016

 有機農業を主なテーマに内外の秀作を上映してきた国際有機農業 映画祭は、今年で10回目を迎えます。今年のテーマは「未来を引きよせる」。今回の上映は7作品。そのうち3作品は日本初公開作品です。
 また、10 周年を記念して、有機農業運動が果たした役割を振り返りながら、これからのことを考えるシンポジウム「有機農業運動がめざしたもの、めざすもの」を開きます。合わせて国際有機農業映画祭が生まれるきっかけとなった『食の未来』を上映いたします。
 シンポジウムでは基調報告を日本における有機農業運動の先達星寛治さん(山形・百姓)にお願いし、パネリストにアジアにおける有機農業の普及に尽力している稲葉光圀さん、若手有機農業者関塚学さんをお招きしています。ぜひお出かけください。
チケット購入について

  • 日 時:12月18日(日)9:30~19:10
  • 会 場:武蔵大学 江古田キャンパス 1号館〔B1〕
    1002シアター教室
  • アクセス: 【西武池袋線】「江古田駅」より徒歩 7 分 。同「桜台駅」より徒歩 8 分 【都営大江戸線】「新江古田駅」より徒歩 9 分 【西武有楽町線】「新桜台駅」より徒歩 7 分
  • 参加費:◎一般:前売 1,500円・当日 2,000円 ◎25 歳以下:前売 500円・当日 1,000円
    ※25 歳以下の方は、当日、年齢がわかるものを提示してください。
  • 公式サイト:http://www.yuki-eiga.com/
この記事の続きを読む »

編集室から(99) コモンズ100号を想う

■編集後記

ジュゴンおじぎ 「コモンズ」も来月で100号になる。8年と4ヶ月。2008年6月創刊以来、一度も休刊や合併号を出すことなく、ここまできた。支えて下さった読者諸氏に感謝するばかりだ。

 そのあいだにパソコンが古くなり、4年ほど前に新しい機種に取り替えた。いまこの99号を制作中にも古いデータの修復作業を並行しておこなっている。過去の修復・整理も大切だが、更に100号先を想う。200号発行は2025年2月。そのとき日本は、世界は、どうなっているだろうか。

 安倍政権はもちろん無いだろう。しかしそれは打倒されたのか、それとももっとひどい軍事政権になっているのだろうか。いや、それは絶対に許さない。その頃編集子はたぶんいないが、若い世代が世界を変革していることだろう。300号、400号と続き、1000号発行の頃には協働・共生の新しい世界が建設されていることを願う。ひかりの中を進め!(幹)
この記事の続きを読む »

10・2辺野古リレー報告会のご紹介

10・2辺野古リレー報告会

■日時 2016年10月2日(日)13:15 開場 13:30 はじまり 16:30 おわり
■会場 中野区立商工会館 3階 大会議室(東京都中野区新井1-9-1)
 ※JR中野駅北口から徒歩7分。早稲田通り沿い、ブロードウエイ横断歩道渡ってすぐ。
■入場料 無料
■主催 辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ
 https://henokorelay.wordpress.com/

▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎当日のおおまかな内容◀︎◀︎◀︎◀︎◀︎
この記事の続きを読む »

関西生コン6労組連携・国政要求で年内統一行動へ

関西生コン関連6労組・連携

国政直接要請で年内共同行動へ向け、労働側意見を集約

関西生コン6労組連携・国政要求で年内統一行動へ 関西生コン関連労働組合連合会(武建一議長)では、過去実施していた国政直接要請を今年内に再開すべく、労働側要請内容を共同で検討を進めている。その骨格は大要5項目から成る。中でも官庁発注工事では、○適マークを取得し補償制度の確立した協同組合工場からの購入を官側に強力に求めるなど、労使を超えた産業全体での要求が打ち出されてている。今後の動きに大きな期待が集まる。

 国政要請は、2009年の民主党政権時代に数度にわたって、経済産業省や国土交通省を始めとする担当官庁に向けて行われた経緯をもつ。当時、物議を起こした民主党マニフェスト文言の変更要求や、社会インフラへの生コン需要喚起などの産業要請が主であった。
 これらは近畿での生コン関連団体・協同組合など経営者側のその他要請と合わせ、主務官庁に申し入れされ、当時産業全体からの初の国政直接要請だとして大きな話題を呼んだ。

 今回の国政要請再開では、例えば国土交通省向けには、同省からの発注工事での品質適正化、施工時での違法・不法行為の撲滅。また建設現場での労働環境改善と担い手の育成などに実現可能な範囲で論点を絞っている点が特筆される(下記要望書案参照)。
この記事の続きを読む »

連帯労組・関生支部がソウル平和統一集会に参加

東アジア平和キャラバンin韓国2016
韓国の闘争現場へ走る!キャラバンカー 日韓労働階級と市民相互間の平和連帯

連帯労組・関生支部がソウル平和統一集会に参加

日韓労働者階級で怒り共有
連帯労組・関生支部がソウル平和統一集会に参加
 連帯労組関西生コン支部では、8月12日から韓国に平和キャラバン隊を派遣し、今年も日韓労働者交流の実を見せ大きな成果となった。目的の一つはソウルで開催される8・15平和統一集会に参加し、沖縄・基地問題を日韓労働階級と市民相互で共有し東アジアでの真の平和実現を訴える事であった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【連帯労組・西山直浩執行委員の報告】

 12日の晩、フェリーに乗り下関港を出発。13日の朝、釜山に入港して始まったキャラバン隊は、一路、珍島(チンド)港へ。約400㎞の道のりだったが、カーナビのおかげで無事に到着。

注目集めたキャラバンカー

注目集めたキャラバンカー

セウォル号現場で追悼

 キャラバン隊は全羅南道珍島郡彭木港(ペンモクハン)に行き、2014年4月16日に発生した大型旅客船「セウォル号」珍島沖海上での転覆・沈没事故で犠牲になった方々を追悼した。
 私たち日本人もこの惨事を忘れてはならない。新自由主義が起こしたこの事故で亡くなった高校生の親たちによる真相究明と国家責任追及は現在も続いている。日本で起きた福島原発事故と共通するものがある。
 この事故では、死者が295名、行方不明者が9名にものぼっている。そのなかには修学旅行中の学生たち若者250名も含まれていた。事故で子どもを亡くした親たちの怒りや悲しみは限界を超えている。現場に行くことで親たちの深い悲しみの気持ちが切に感じられた。
 その後、全州市まで行き、連帯する仲間(民主労総全北本部のメンバー方)との再会を果たした。
この記事の続きを読む »