サイト内検索
月別アーカイブ
人気記事(最近)
催し案内
予定はありません
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが コモンズブログ を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
  カテゴリー ‘ニュースとお知らせ’ のアーカイブ

8.21 市ヶ谷防衛省前デモ DAの学生ら呼びかけにジグザク会ら参加

四谷見附公園を出発するデモ隊

8・21防衛省デモ 四谷見附公園を出発するデモ隊

 「安倍政権による憲法改正反対」「辺野古・高江の米軍基地建設阻止」「自衛隊の海外での武力行使反対」をスローガンに、8月21日、迎賓館横の四谷見附公園に約80名の学生や市民が集まり、集会と市ヶ谷の防衛省に向けて抗議するデモを行なった。
 主催は昨年8月に参議院議員会館前で安保法制反対のハンガーストライキを行なった(参照)学生らの「直接行動(DA)」。集会とデモには学生らの呼びかけに応えて、反原発ジグザグ会ほか団体や個人が参加した。
先頭を進むDAの学生たち

先頭を進むDAの学生たち

 出発前、参加者たちを前にDAの学生より、「憲法改正反対」を反戦運動の質で闘おう、「戦争反対」とは反安保の闘いでなければ勝利の方向にならないと呼びかけがあった。
 その後、DAの仲間のコールを先頭に元気に防衛省に向けて抗議のデモに出発。防衛省前では公安の私服刑事が前面に出た執拗な妨害をはねのけて、高江住民への暴力をやめろ!辺野古新基地建設を許さないぞ!の声をひびかせた。その後も“闘う学生運動”の登場に危機感を募らせる機動隊・公安の一体となった妨害と強弾圧体制の中、全員が最後までデモを貫徹し、この日の行動を終えた。
 DAでは、次回も10月16日(変更→)22日に再度の防衛省デモを呼びかけている。今後とも要注目の動きだ。
この記事の続きを読む »

関西短信】戦争あかん!ロックアクション/気軽に話そうあんぽと未来 他

戦争あかん気軽に話そうあんぽと未来のこと
みんなでピクニック 9月21日

 あんぽってなんだかよくわからない人も、安保法案に怒ってる人も、まずはみんなで集まりませんか? お弁当持って、おやつも持って気軽に集まりましょう。ママさん弁護士さんが「プチ青空憲法カフェ」してくれるかも?と、大阪府弁護士会が同日10時に大阪城公園集会に集まれと多くの市民に呼びかけている。

戦争あかん!ロックアクション
戦争法可決に抗議!戦争法反対街宣 9月21日

 同日、大阪では、ヨドバシカメラ前で。また「関西共同行動秘密保護保廃止!ロックアクション」は9月23日(水) 17時~18時 京橋(JRと京阪の間)で、戦争あかん!街かどプロジェクトを計画している。 よびかけは「秘密保護保廃止!ロックアクション」。9月24日(木) 18時~19時 ヨドバシカメラ前で再び 戦争法可決に抗議!戦争法反対街宣行動を「関西共同行動・とめよう改憲!おおさかネット」と共催で行う。

豊かな大阪をつくる
~「大阪市存続」の住民決断を踏まえて 9月23日

 大阪市立大学で、(第三回:橋下維新大阪市政を検証する)の総合講座がある。
<プログラム>(午後2:00~3:50 話題提供) 藤井聡(京都大学大学院教授)
・「第一回、第二回シンポジウムの報告と『橋下維新の言論封殺』の検証」 村上弘(立命館大学・教授)
・「維新の党~右派ポピュリズムの国政進出」冨田宏治(関西学院大学・教授)
・「住民投票が浮き彫りにした政治的対抗軸」薬師院仁(鉄香山学院大学・教授)

(「コモンズ」99号の目次にもどる)

緊急】9・28 政府による沖縄への弾圧を許さない集会・デモ 日比谷へ!

9.28 日本政府による沖縄への弾圧を許さない集会へ
翁長知事への提訴 辺野古の工事再開 高江の工事強行を許さない!


9・28 政府による沖縄への弾圧を許さない集会・デモ

 翁長沖縄県知事は県民を代表して裁判で訴えました。「自国の政府に、ここまで一方的に虐げられている地域が、沖縄県以外にあるのか。沖縄県を政府が総力を挙げてねじふせようとしている」「地方自治の根幹、ひいては民主主義の根幹が問われている」と。
 ここまでして、沖縄の民意を強権で押しつぶす日本政府。今、沖縄で起こっていることは沖縄だけの問題ではありません。日本全体の問題です。日本政府の沖縄差別に屈することなく不屈に闘う沖縄県民の闘いに連帯して、日本政府に怒りの声を上げていきましょう。多くの皆さんの集会への参加を呼びかけます。

  • 日 時:2016年9月28日(水)18:30~20:00(集会後デモ出発)
  • 会 場:日比谷野外音楽堂(東京都千代田区日比谷公園1−5)
  • 交 通:東京メトロ丸の内線 霞ヶ関駅 B1a、B2、B3a出口 徒歩3分
        都営地下鉄三田線 内幸町駅 A7出口 徒歩3分
        東京メトロ千代田線 日比谷駅 A14出口 徒歩5分
        東京メトロ千代田線 霞ヶ関駅 C4出口 徒歩3分
        JR山手線 新橋駅 日比谷口 徒歩15分
        地図→http://hibiya-kokaido.com/image/map-d-ya.jpg
  • この記事の続きを読む »

9.22 さようなら原発 さようなら戦争 全国集会に参加を

クリックで拡大

画像クリックで拡大

川内原発再稼働、戦争法制、辺野古新基地建設、高江ヘリパッド建設の暴力を使った強行着工、多くの市民の反対の声を無視してゴリ押しする安倍政権!9月23日の代々木公園での集会は、NO NUKES NO WARの声で埋め尽くそう!

■日時:2016年9月22日(木、秋分の日)
■場所:代々木公園B地区・けやき並木
JR山手線「原宿駅」、東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」
千代田線「代々木公園駅」、小田急線「代々木八幡駅」下車

■プログラム
  • 11:00 ブース開店(けやき並木)
  • 12:00 第1部 トーク&ライブ(野外ステージ)
    音楽:寿  報告:福島の現状と課題
  • 13:30 第2部 トーク(野外ステージ)
    呼びかけ人あいさつ:鎌田慧(ルポライター)、澤地久枝(作家)
    発言:アーサー・ビナード(詩人)、木内みどり(俳優)
    福島から 協力団体から
  • 15:00 デモ出発
    渋谷方面コース:代々木公園~渋谷駅~神宮通公園
    原宿・青山方面コース:代々木公園~原宿~表参道~(青山通り)~明治公園周辺

■主 催:「さようなら原発」一千万人署名市民の会
 協 力:「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲行動実行委員会
     戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
 連絡先:さようなら原発1000万人アクション事務局

(「コモンズ」99号の目次にもどる)

編集室から(98)

■編集後記

伊波洋一さん圧勝 残念であるが参院選の結果は、与党陣営が4分の1程度の得票率ながら、3分の2と言ういわば<デッドライン>を超えた議席数となった。
 これは奇しくも60年前の同じ7月での参院選挙。合同を果たしたばかりで当時鳩山一郎の首班、これに岸信介幹事長での自由民主党。彼等が改憲再軍備を旗印に選挙に挑んだものの、これら聖域の壁を崩すことが出来ないままでいたのが、今回ついに、保守人脈の底深い野望と宿願を果たしたことにはなる。
 だが、反面全国1人区でのTPPなど、政治争点の明確だった地域などは揃って野党統一候補が勝利した。中でも沖縄での伊波さんの圧勝は、保守反動が何より恐れる、自公戦争勢力を包囲する、保革を越えて結びついた大衆の力の証しでもあり、今後への貴重な指標と思える。(関M)
この記事の続きを読む »

高江へのヘリパッド建設強行を許さない!辺野古新基地建設を断念しろ!9・11新宿デモへ

高江へのヘリパッド建設強行を許さない! 辺野古新基地建設を断念しろ!9・11新宿デモ

■高江へのヘリパッド建設強行を許さない!辺野古新基地建設を断念しろ!9・11新宿デモ
 日 時:9月11日(日)14時アピール開始15時デモ出発
 場 所:新宿アルタ前
 主 催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会
 連絡先:090-3910-4140(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)

5・21レジスタンス大行動 辺野古リレー ジグザグ会
※9月28日(水)夜は
日比谷野外音楽堂で集会、デモが行われます。

 日本政府による沖縄への弾圧を許さない集会
 18:30~ 日比谷野音(集会後デモ)

(「コモンズ」98号の目次にもどる)

報告】ソウル宣言の会-GSEF2016モントリオール大会へ向けて/若森資朗

新たな協働の発見――社会変革をめざすグローバルな市民の連帯へ

若森資朗(「ソウル宣言の会」代表)
若森資朗さん

若森資朗さん


 「ソウル宣言の会」は、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長のリーダーシップにより開催された「2013グローバル社会的経済フォーラム・ソウル大会(GSEF2013)2013年11月5~7日」で採択された「ソウル宣言」に触発された有志が集まり、2014年6月に発足した。
 私たちは早速、この年の秋に開催された「GSEF2014ソウル大会」への参加に向け、ソウル市の組織委員会から3名招き、明治大学でプレフォーラムを開催した。そして「GSEF2014ソウル大会」には44名で参加し「グローバル社会的経済協議会(GSEF)憲章」が採択された大会の意義を共有した。
 この大会の成果については、ブックレット[「ソウル宣言の会編『「社会的経済」って何?――社会変革をめざすグローバルな市民連帯へ』(社会評論社、2015年)]を、ご参照頂きたい。

■GSEF2016モントリオール大会へ
GSEF2016カナダ
 今年2016年は9月7日~9日に渡って「GSEF2016モントリオール大会」が開催される。全体では90報告が予定されている。
 その内の3報告が日本からであり、「ソウル宣言の会」が推薦したものである。
 残念なのは今回は日本の地方自治体の参加がないことである。今日の成熟社会にあって、世界的にも市民の活動と連携する地方自治体(政府)の役割がクローズアップされ、社会の健全な発展に不可欠との流れが創られつつある。なお、本大会での日本からの報告は以下である。
  1. 地方政府と市民社会の連帯による自給圏推進機構の結成――山形県・置賜地方の実践
  2. 建設産業における中小企業同組合と労働組合の協力・巨大独占企業との交渉による公正な経済実現の事例――近畿地方生コンクリート関連協同組合連合会
  3. 生活協同組合と地方政府(千葉県・野田市)の地域福祉事業における五つの協同の実践事例――生活協同組合パルシステム千葉
この記事の続きを読む »

国際短信】日韓青少年平和交流団が来日、富山訪問 他4件

IS空爆開始から、2年
支配地が減少したが脅威は増す…

「イスラム国」支配地域への爆撃

IS支配地域への空爆

 米軍がイラクで過激派組織「イスラム国」(IS)空爆を開始してから8日で2年がたつ。米軍主導の「有志連合」による攻撃でイラクとシリアのIS支配地域は減少しつつある。しかし、ISメンバーらが欧州やアジアでテロを起こし、各地で脅威は増しており、来年1月で任期を終えるオバマ大統領は、IS打倒の目標を次期政権に積み残すのが確実な情勢だ。
 オバマ大統領は4日「ISは丸1年、軍事行動で大きな成功がない。敗北しつつある」として、これまでの作戦成果を強調した。有志連合は、イラクの治安部隊やシリアの反体制勢力などへの支援を中心に、4日までに両国で約1万4千回の空爆を実施。ISは6月までの1年間にシリアで約20%、イラクで約50%の支配地域を失ったとされる。その一方でアラブで広がった反政府運動での弾圧や迫害を逃れて自国を脱出する人の数は、国連難民高等弁務官によると全世界で約6,000万人(2014年)。シリアなどからの難民は増え続け、シリア人口2,200万人のうち国内外で400万人以上が難民と言う事実は重い。

韓日青少年平和交流団 富山訪問
青年の力で過去を乗り越え未来の友好を誓う

 8月5日、韓国・光州より「韓日青少年平和交流団」の高校生12名が「勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会」の4名と共に富山市を訪れた。一行は増田都子さんによる記念講演「日本における『歴史偽造』勢力との闘い」を聞き、「大東亜聖戦大碑」の撤去を求める集会を行ない、また戦前、強制連行によって建設されたダムや工場跡などを見学、8日には日本の高校生との交流会を行なった。また強制連行の過去を謝罪せず、現在も操業を続ける企業・不二越を見学した。韓国と日本の過去の「負債」を乗り越え、未来の友好を築くのは両国の青少年にかかっている。(詳細は次号)
この記事の続きを読む »

関西短信】堺・労働者セミナー開催/大阪「芸人9条の会」結成 他

アベノミクスの正体を暴く
第1回 堺・労働者セミナー 8月7日
国会・労働者・イラスト 大阪府堺市の堺・労働者セミナー実行委員会主催で、8月7日まさに労働者が主体になった形で、安倍政権の経済政策の欺瞞性を暴くセミナーが開かれた。
 堺市総合福祉会館であつまった地元の参加者は、アベノミクスで労働者の生活は本当によくなるのか?を問いかけ、地域の暮らしからあらためて現政権の戦争傾斜の経済政策への危険性を訴え、各職場での地道な活動を誓った。

オバマと安倍の広島訪問を徹底批判
「市民の意見30・関西」講演会 8月10日
 8月10日、兵庫県芦市にある山村サロンで、元広島市立大学・広島平和研究所教授、「8・6ヒロシマ平和への集い」共同代表の田中利幸さんを中心に、市民が自主参加し、市民の意見交換会が開かれた。当日は、先のオバマ大統領と安倍首相の広島訪問の問題点を徹底批判し、合わせ関西発の作家、故・小田実の『難死の思想』に市民的抵抗の論拠を学ぶ一時をもった。

<政治に目覚めた芸人>たちの…「芸人9条の会」
原発も戦争法もいりまへん!大イベント 8月21日
 大阪市東成区民センター・大ホールで、芸能人ではあっても、口をつぐまないとする<政治に目覚めた芸人>で結成した「芸人9条の会」の大イベントが8月21日にある。
 当日は、反アベ政治で音楽活動を続けるパギやん(趙博)、9条を守る落語家として活躍する笑福亭銀瓶、桂文福 笑福亭竹林、ナオユキ、古今亭菊千代、オオタスセリほか売り出し中の芸人たち。信念と勇気のある彼らが集合し、原発も戦争法もいりまへん!と一切の圧力に負けない芸人の主張を繰り広げる。当日は木戸銭2000円で、楽しみながら9条の重みを確認する貴重な一日だ。

「コモンズ」98号の目次に戻る

熊本被災地へ義援金 近畿生コン業界-安全な都市造りを労使の課題に

社会資本研が熊本宇土市に訪問団-近畿生コン業界からの浄財届ける

宇土市を訪れた一行。松本市長(右から三人目)を囲み左に武団長右に尾上親方

宇土市を訪れた一行。松本市長(右から三人目)を囲み左に武団長右に尾上親方


 近畿生コン産業に集結する各府県の企業協組や関連6労組などで構成し、地域の生コン産業に関する産業要請を国会や行政へぶつけ、これら提言陳情などの働きかけで大きな実績を残して来た社会資本政策研究会(高井康裕会長)。同会は、今般の熊本震災でも注目の集まった宇土市、益城町、南阿蘇村など甚大被害地域に向けて直接の義援金活動を呼びかけ、7月29日に近畿各地から
集められた篤志の浄財を携え、訪問団が宇土市などに出向いた。
全壊した宇土市庁舎
 訪問団を迎えた熊本県宇土市(元松茂樹市長)は、市役所が全損壊し震災の脅威を印象づける場として繰り返し報道された(写真右)。
 同地は大相撲力士を多く輩出した場でもあり、近畿の生コン産業が応援する尾上部屋親方・尾上圭志氏(濱ノ嶋)もその一人。その尾上氏との縁で武建一訪問団長らが、体育館に仮の執務場を移し、陣頭指揮を続けている元松市長と面談。多額に上った義援金の浄財を直接手渡した。市長自ら尾上氏の大ファンで、尾上氏と業界との結びつきと支援の志に感激の面持ちであった。
益城町は未だ被害状況が生々しい

益城町は未だ被害状況が生々しい


 その後、同市関係者と共に震災各地を視察した訪問団は、あらためて国民の生命資産を守るコンクリートを中心とした社会基盤インフラの重要性を確認。今回の訪問を契機にインフラ資材の再拡充を関係省庁に訴えたいとして、施策に活かすと表明している。

■熊本県内の被害状況
 熊本地震の被災状況は地震による死者49人、行方不明者は1人。避難生活で体調を崩すなどの関連死の疑いが19人。公共土木施設などの被害は、現時点で3千億円を超え、同県の災害史上最悪となった。避難者は4月17日に最大18万人を超えた。
 4月14日以降、県民は過去に例のない余震に耐える。発生後1ヶ月以内にM3・5以上叢は238回で、新潟中越の227回、阪神大震災の101回を準え、1995年以降過去最多ペースで推移している。震度別でみると、震度7が2回(4月14日夜と16日未明)震度6が5回、震度5が11回などとなっている。

(「コモンズ」98号の目次に戻る)

7・31 辺野古新基地断念を求める全国交流集会

20160731 辺野古新基地建設断念を求める全国交流集会 7月10日の参議院選挙は本土では自・公政権が圧勝し、改憲勢力が議席数の3分の2をとるという状況の中で、沖縄ではオール沖縄共同候補の伊波洋一さんが、現職大臣島尻安伊子を10万6400票もの大差で破り勝利した。

 この沖縄の民意が見せた「新基地ノー」の意志に対して安倍政府は敵愾心を剥き出しにし、選挙翌日の11日には全国から警察機動隊500人を投入し、作業員や警備員らと合わせて1000人の体制で、ヘリポート建設強行に向け人口わずか150人の高江に襲いかかった。そのうえ辺野古では、裁判所の斡旋によるこれまでの「和解」ポーズをかなぐり捨て、陸上での建設作業強行を開始、22日には沖縄県に対し新たな裁判を起こし提訴するという暴挙に出た。

 沖縄ではこのように政府・沖縄防衛局と現地住民との緊張が刻一刻と高まるなか、7月31日、沖縄の軍事基地に反対し活動する市民や団体およそ600人が全国から東京御茶ノ水に結集し、交流集会を開いた。沖縄意見広告運動はこの集会で沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック、ピースボートと共に連絡先を引き受けた。また東京のスタッフによって「沖縄意見広告ニュース」が配布された。
この記事の続きを読む »

編集室から(97) 夏季カンパのお願い―「コモンズ」に力をお貸しください

■夏季カンパのお願い

カンパのお願い読者の皆様へ―。

 様々に暑さのつのる折柄、皆様ご健勝にてお過ごしのことと存じます。今年の夏は、いつもの夏と違う夏であったと後世にて振り返る、そんな時を迎えようとしています。

いくさ世(ゆう)か、みろく世(ゆう)か。―〈戦いの世か、弥勒(平和)の世か〉。

 沖縄辺野古で今も桎梏(しっこく)の暑さの下、権力との対峙を続ける民衆のこんな言葉がさらに切実です。
 権力が否応なく2つの道を突きつけようとしている、まさに別れ道…政治の季節だからです。「この道を進む」と意気込む保守反動の領袖が指し示す道。それは形容不能な逆説の歴史が愚かにも煮えたぎる世界でしかありません。

 自公野合2党と、おおさか維新などの、保守政治勢力。そして米国の圧倒的軍事パワーを国民支配に利する官僚や独占資本、また第4権力たる巨大マスコミによる、これら平成の翼賛体制に抗うために…。
 私たち『コモンズ』は、既に寿命の尽きた資本主義社会を変革して人が人らしく生きられる協同社会をめざして活動しております。
 まさに弥勒世の社会実現に向け闘う人たちに真に役立つ理論紙・情報紙としての体制を整えるべく、昨年来より、東京と関西の編集2極体制を進め、購読部数増と内容充実とを目指し、渾身の努力を続けて来ました。

 でも私達の力は、まだまだ微小です。
 世界の多くで起こる大きな地殻変動の記事を外国からの直接発信で得たい。
 また各地で多様な闘争に打ち込む人々の中に分け入って、その正しい息吹きを伝えたい。
 文化面の充実を図りたい。地域と労働現場の声を伝えたい。
 こんな編集創りに向けての大きな野心もあります。

 『コモンズ』を真に闘う労働者市民の役に立つ新聞とするために、どうか私達に皆様の大きなお力をお貸し下さい。
 経済的に厳しい昨今、お願いするのは心苦しいのですが、夏のカンパを何卒、よろしくお願いいたします。

コモンズ編集機関紙局

※送金先は以下の通りです
この記事の続きを読む »