サイト内検索
月別アーカイブ
人気記事(最近)
催し案内
予定はありません
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが コモンズブログ を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
  カテゴリー ‘ニュースとお知らせ’ のアーカイブ
1 / 2112345...1020...最後 »

更新遅延のお詫び

サイト更新が滞り誠に申し訳ございません
お詫び
Web版担当者の体調不良と多忙のため、サイトの更新が遅れています。
一週間程度で追いつく予定ですので、今しばらくお待ちください。
お急ぎの方は、郵送・定期購読・書店売りをご利用くださいませ

編集室から(102) カストロ元議長の死を悼む

■編集後記
ゲバラとカストロ 去る11月25日、キューバのフィデル・カストロ元議長が亡くなった。90歳だった。1959年、アメリカの傀儡(かいらい)であったバティスタ政権を打倒し、その後のキューバを社会主義に導いてきた素晴らしい指導者だ。

 キューバ革命政権の誕生によって、のど元にナイフを突きつけられた形となったアメリカは経済封鎖や軍事介入でキューバを苦しめたが、それでもキューバは一歩もひるむことなく持ちこたえ、教育・医療の無料化など貧困者のためにたたかい続けた。カストロ議長の死をキューバ国民は心から悲しみ、万余の人々が弔問の列に並んだ。追悼の記事を来年掲載予定だが、ゲバラとカストロの名は人類が永く記憶に留めて置くべき名だろう。

 日本では相変わらず安倍政権の暴走が止まらない。経済政策の破綻を年金や医療保険など弱者にしわ寄せし、戦争法を可決するや南スーダンへ派兵、そして今度はカジノ法強行採決だ。国民の年金資金を株式相場につぎ込み巨額の損害をこうむったばかりだが、他人の金で大損してもバクチの怖さは学習できないらしい。こんな政権は一刻も早く打倒しなければ本当に日本は「亡国」となる。

 本紙にこれまで8年間100号分全ての目次と表紙写真を掲載した。3~6ページで独立しているので、永久保存版としてご利用いただきたい。読者のみなさん、今年もお読みいただき感謝します。来年もよろしくお願いします。(幹)
この記事の続きを読む »

機関紙カンパのお願い

読者の皆さまへ。

 寒さもきびしくなってまいりましたが、皆さまにはご健勝にてお過ごしのことと思います。

 安倍政権は強行採決された戦争法にもとづき、いよいよ紛争国に武装自衛隊を派遣する事態となりました。戦後70年間守り抜いてきた私たちの平和憲法が事実上踏みにじられようとしています。また国際政治を扼する重要な要となるアメリカでは排外主義・差別主義のトランプが大統領となり、日米の危険極まりない排外的軍事同盟が推進されようとしています。

 グローバリズム資本主義の破綻が私たちの生活をますます困難にするのみならず、それを遠因として極右勢力が台頭し、世界中で戦争やテロの危険が高まりつつあります。

 しかし、これを変革しようとする私たちの隊列はまだまだ弱体であり、極右勢力の拡大を許してしまっている有り様です。この状況を打開するためにも、私たちは『コモンズ』をより役立つ新聞として充実させ、また部数拡大と月2回刊、3回刊へと発展を目指さなくてはなりません。またそのためにも編集体制の強化、インターネットとの連携が必要です。『コモンズ』を真に闘う労働者市民の役立つ新聞とするために、何卒、皆さまのお力をお貸し下さい。下記要項にてカンパをよろしくお願いします。  (コモンズ編集機関紙局

■郵便振替口座/00100-5-391171(コモンズ政策研究機構)

クリックで拡大

郵便局に備え付けの「払込取扱票」用紙の左側に、
・口座番号:00100-5-391171
・金  額:カンパいただける金額
・加入者名:コモンズ政策研究機構

をご記入いただき、郵便局の窓口へお持ちくださるか、ATMの「送金」ボタンを押して案内に従ってください。
右側に「払い込む人(あなた)の住所、氏名、電話番号」の記載欄があり、ここが領収書になります。
通信欄もありますので、コモンズに伝えたいことがございましたら、自由にお書き添えください。
この記事の続きを読む »

1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-

仙台・羅須地人協会

1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-へのお誘い


1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-チラシ表 1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-チラシ裏
(チラシ裏表、画像クリックで拡大)

○日時 2017年1月21日(土)13時00分~16時00分(開場12時30分)
○会場 名取市文化会館(仙台空港アクセス線「杜せきのした」、徒歩8分。
    タクシー利用の場合は名取駅からが便利です。→地図
○プログラム
 基調講演 「宮沢賢治と高橋秀松」
       大内秀明(仙台・羅須地人協会代表、東北大学名誉教授)
 太鼓演奏 「復興太鼓」宮城県農業高等学校和太鼓部
 群  読 宮沢賢治作「かしわばやしの夜」ほか
      NPOシニアネット仙台朗読グループ「注文の多い料理店」(代表:加藤益子)
○主催 仙台・羅須地人協会
この記事の続きを読む »

「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告

「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ

「GSEF2016モントリオール大会」から見えた「社会的連帯経済」の到達点と今後

(チラシ:裏・表、画像クリックで拡大)
「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告 「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告(裏)
⇒チラシダウンロード(PDF)

■日時:2017年1月15日(日)午後1時半~5時(開場1時)
■会場:明治大学駿河キャンパス:グローバルフロント2階4021教室
   (⇒アクセス地図キャンパスマップ
■共催:ソウル宣言の会/明治大学日欧社会的企業比較研究センター


■プログラム
  1. 開会及び主催者挨拶
    ・明治大学日欧社会的企業比較研究センター代表
     中川 雄一郎 明治大学政経学部教授
  2. 報告
    (1)2013年の「ソウル宣言」から2016年の「モントリオール宣言へ」
       ソウル宣言の会代表 若森 資朗
    (2)GSEF2016モントリオール国際会議参加報告
       大会参加団団長・明治大学副学長・元日本協同組合学会会長 栁澤 敏勝 氏
  3. パネルディスカッション:モントリオール大会の成果とは?
    司会 ソウル宣言の会 牧 梶郎
    パネリスト モントリオール大会参加者
    高井 康裕 さん(中小企業組合総合研究所 理事長)
    松田 舞 さん(アジェンデ21)
    瀬戸 大作 さん(パルシステム生活協同組合連合会・地域支援本部担当部長)
    上野 しのぶ さん(生活クラブ山梨 理事長)
    松村 和則 さん(筑波大学 名誉教授)
    鈴木 岳 さん(生協総合研究所研究員)
  4. 2018年の開催地、ビルバオ市、モンドラゴン市の紹介
    ・明治大学 特認教授
     マット・ノイズ
この記事の続きを読む »

あけましておめでとうございます

2017酉年新年あけましておめでとうございます

激動の2017年!あけましておめでとうございます!
旧年中はわたしたち『コモンズ』に格別の配慮を賜り、誠にありがとうございました。
本年も変わらぬご支援、ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


なお、ブログのほうでは、引き続き2016年12月号の更新を続けます。
この機会に、最新記事がすぐにお手元に届く、定期購読のご検討をお願いいたします。


主要記事一覧4(79号~100号+2)ー「コモンズ」100号への道(5)

(→前ページからのつづき)               【各紙面写真クリックで拡大↓】

【2015年】
コモンズ79号
第79号1月10日
■戦争でなく、人が人らしく生きられる
 共生・協同・連帯の道こそ希望!
■歴史的節目となる新しい年に!(各界から新年のごあいさつ)
■戦後70年、沖縄にとって/第6期沖縄意見広告関西集会
■11・2「ソウル宣言」プレ・フォーラム-新たな協働の発見
■GSEF(グローバル社会的経済協議会)創立さる!
■精神科クリニックの窓から
 「二等兵物語」と日本軍・日本人の名誉
■乱鬼龍
 「主体の危機、それをどう乗り越えることができるのか」

第80号2月10日
■対「イスラム国」戦争
 いったい誰が湯川さん後藤さんを殺したのか
■沖縄の民意を無視するな!1・25国会包囲
■沖縄県議団東京報告集会
■連帯関生支部旗開き/連帯関生支部滋賀県ミキサー車パレード
■新春第二特集 産別、職種・業種別組織のゼネラルユニオンへ
■大内秀明 戦後70年の『戦後』とは何か?
■大阪「府民のちから2015」結成
■マルクス経済学からみた『21世紀の資本』ピケティ検証
■映画紹介『日本と原発』/意見広告運動・関西キャラバン/GSEF報告
この記事の続きを読む »

主要記事一覧3(55号~78号)ー「コモンズ」100号への道(4)

(→前ページからのつづき)               【各紙面写真クリックで拡大↓】

【2013年】
コモンズ55号
第55号1月1日
■時代の左へ! 共生・協同の反資本主義対抗勢力を
 安倍極右政権の戦争国家への中央突破許さない
■新年のごあいさつ:
 大内秀明さん/尾形憲さん/矢山有作さん/土屋源太郎さん
 本山美彦さん/安次冨浩さん/山内徳信さん/野添憲治さん
■座談会《いのち》から《いのち》へ未来の希望を拓く
■労働者座談会 関生型モデルの成果と今後の発展
■田淵太一:論考「極右排外主義と対米従属の間隙を突く」
■根本がんさんが多田謡子反権力人権賞を受賞
■沖縄に呼応し厚木基地闘争/乱鬼龍「たたかいの文化を」

第56号2月10日
■平成の沖縄一揆:
 復帰後初144名の大直訴団、政府に建白書!
■NO OSPREY東京行動/関西集会/オスプレイ反対全国キャラバン
■宗教界の腐敗と闘う労働者/社会保障改悪阻止!
■労働者組織化の最前線/集団自衛権の行使容認へ
■米軍の前方展開戦力と化す自衛隊/砂川事件
■3・9~11反原発連続行動/第4期意見広告
この記事の続きを読む »

主要記事一覧2(31号~54号)ー「コモンズ」100号への道(3)

(→前ページからのつづき)               【各紙面写真クリックで拡大↓】

コモンズ31号【2011年】

第31号1月1日
■<年頭>人が人らしく生きられる社会へ
 東アジア・沖縄民衆と結び安保破棄を!「反資本主義左翼」挑戦への大きな協働を
■大きな結集めざし、力を合せよう!〈新年あいさつ〉
■生コン関連ストライキ勝利と今後の目標(武委員長)
 私達は座して死を待つより立って闘ったそして完全勝利した
■新春 労働者座談会:
 2010春闘5ヶ月の大ストライキ関生・闘争の現場から
■11月国際労働者シンポジウム「反資本主義左翼」への挑戦:仏NPAを招いて
■沖縄・第二期意見広告運動へのおねがい ほか

第32号2月5日
■許さん!米国・財界にひれ伏す菅政権
■第2期沖縄意見広告運動成功を
■新連載・TPPが農家の崩壊を加速する
■新連載・新防衛大綱解説
■4月門真市議選で左翼「真剣議員」復活を(戸田ひさよし)
■「プログラム」深化のために
■協同組合運動再生への課題(下山保・武建一)
■アラブ民主革命の大波/書評「新しい労働社会」 ほか
この記事の続きを読む »

時代をスクープ 主要記事一覧1(創刊~30号)ー「コモンズ」100号への道(2)


【2008年】                    【各紙面写真クリックで拡大↓】

創刊号6月10日
創刊号6月10日■運動型新党「革命21」(準)スタート!
 呼びかけ:変えよう!日本を、世界を、私たちを!
■結成総会の報告 ■これまでの経過報告(生田あい)
■冒頭あいさつ:中岡晋太郎
■顧問あいさつ:矢山有作(元衆議院議員)/尾形憲(法政大名誉教授)
■来賓あいさつ:大野和興(農業ジャーナリスト)/ 稲垣浩(釜ヶ崎地域合同労働組合執行委員長)大庭伸介(静岡)/山元一英(全港湾大阪支部)/ 御子神徹(精神科医)
■各地域・産別・諸戦線から:後藤利夫(国労岡山地本)/ 安重根(アンジュングン)/ 佐藤 毅(愛知連帯ユニオン)浜村 暁(管理職ユニオン・関西)/ 中島 弘(茨城)/ 河上義市(連帯労組関生支部)/室政司(女性・地域ユニオンおかやま書記長)/ 木田耕作(東京)
■プログラム骨子案
 わたしたちの理念と世直しの構想 自治・共和・連帯のもうひとつの日本を!
■労働運動研究会/定期購読のおねがい/G8サミット反対行動

第2号8月1日
■G8サミットは破産した!彼らに解決能力はない
■ミキサー車キャラバン隊、北海道をゆく
■反G8闘争、全国で闘われる
■釜ヶ崎労働者への弾圧抗議!支援を!
■韓国最新情報「いま韓国では」
■革命21(準)に期待する
■新連載「協同組合とは何か」
■映評「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」 ほか
この記事の続きを読む »

創刊号呼びかけ文に私たちの熱い思いと「志」が‐「コモンズ」100号への道(1)

「コモンズ」創刊号呼びかけ文に、私たちの熱い思いと「志」が

「もう一つの世界」への、確かな眼差し


 「コモンズ」は10月号をもって100号となりました。2008年6月創刊以来、一度の休刊も合併号も出すことなく、ここまで来ました。これも、一号、一号、皆様のご購読、ご協力のおかげです。ありがとうございました。
 「コモンズ」編集にあたっては、資本主義に代わる新たな「協同社会(アソシエーション)」をめざし、日本列島弧に「自治・共和・連邦のもうひとつの日本」を実現するために、日米安保破棄と資本の政治権力を打破し、労働者民衆の自治と新しい民主主義を創始する政治目標と、2つの戦略的運動環―沖縄連帯と関生型労働運動――を握りしめ、その発展に資するものにと努力してきました。
 しかしながら、まだまだです。「新しい型の恐慌と戦争の時代」への大転換期にあって、地域や労働、生活の場から立ち上がる多様で深い内容をはらんだ抵抗と変革の志向を、次代の希望へと発展させていくには、私たちの課題も大きいと自覚しているところです。100号を節目に、改めて奮闘してゆくつもりです。今後とも、ご協力のことよろしくお願いします。(コモンズ編集委員会 文責・生田あい)

【再録】創刊号 呼びかけ文

日本を変えよう、世界を変えよう!私たちを変えよう!


コモンズ創刊号一面

コモンズ創刊号一面・ロゴマークも一般読者からの募集で決定した

■新たな準備へスタート

 わたしたちは、「生きさせろ!」と命の叫びを挙げ始めた非正規の青年たち、「もう、我慢も限界だ!」と生活不安を募らせる高齢者をはじめ、貧苦の只中にある労働者民衆の自己解放と社会変革をめざし、新しい全国的解放組織「革命21」の創成に挑戦すべく、ここに、本格的準備に入ることを公表します。

■歴史の大きな変化の時がきた

 今、時代は「唯一の超大国アメリカの時代」が終わりを告げ、世界は歴史的激動期に入っています。
 資本の「カネ儲け」のための弱肉強食の暴走と延命のための悪政が世界の自然環境を壊し、地球温暖化と世界的な食料危機を生じさせ、人間が人間であることを否定するような格差と貧困の連鎖をつくりだしています。そしてまた、モラルと人倫の荒廃を生み出し、かけがえのない地球と人間の生命や生活を、根こそぎ破壊しています。
 しかし、苦しい時こそ潮の変わり目、チャンスです。
 米国発サブプライムローン問題を震源地とする、「世界信用恐慌」の始まりに象徴される資本主義の危機は、資本主義が資本主義をやめる以外に解決しようのない根本矛盾の現れにほかなりません。それは同時に、わたしたちの闘いのための団結と発展の条件を生みだしています。
 現に、中南米の「社会主義ルネッサンス」の奔流にみるように、世界は労働者民衆の反米・反資本主義の闘いと資本のグローバリゼーション・新自由主義とのせめぎあいの時代に入りました。それは、労働者民衆による資本転覆によって人類の共有財であるべき水、食糧、エネルギー資源をはじめ労働によって生み出された全てのものと未来とを取り返していく〈共〉に創造する革命の可能性の接近、総じて「もうひとつの世界」への移行期といえます。そこにおける時代精神の要こそ、いかにして資本主義を倒す主体を形成するかにあると考えます。
この記事の続きを読む »

国内短信】自衛官の母が国を提訴 南スーダン派兵取消求め 他2件

■自衛官の母が国を提訴
 南スーダン派遣差し止めを求めて


安倍による新たな戦死者を絶対に出してはならない
(写真はサイパン島の日本軍戦死者)

 自衛官の息子を持つ北海道千歳市の50代の母親が自衛隊の南スーダンPKO(国連平和維持活動)への派遣を憲法違反として派遣差し止めを訴え、11月30日、札幌地裁に提訴した。南スーダンPKO派遣に対して自衛官の家族が訴訟を起こしたのは初めてのこと。
 原告は実名ではなく「平和子」(たいらかずこ)と名乗っている。自衛隊員の家族として平和的生存権を侵害され精神的苦痛を受けたとして国に対し20万円の国家賠償請求も行っている。原告には陸上自衛隊東千歳駐屯地に勤務する次男がおり、「駆けつけ警護で隊員が犠牲になる。自分が産んだ子も誰の子も死なせたくない」と訴えた。
 訴状は自衛隊の国連PKO派遣の違憲性について①各国軍隊が派遣される国連PKOは本質的に軍隊であり、これに自衛隊も参加することは憲法9条1項が禁ずる「武力の行使にあたる②自衛隊を海外へ派遣することは「専守防衛」という憲法9条の政府解釈によっても自国防衛の範囲を超え明らかに9条2項の「戦力不保持」の規定に反すると指摘している。
この記事の続きを読む »

1 / 2112345...1020...最後 »