サイト内検索
月別アーカイブ
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが スケジュール を参照しています。)

もっと...
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
  カテゴリー ‘選挙と議会’ のアーカイブ
1 / 41234

国内短信】新潟県知事選で反原発候補が圧勝 他2件

■新潟県知事選挙、脱原発派候補が圧勝
 県民の脱原発の意志は明らか!

2016/10/16新潟県知事選で反原発候補が圧勝
 10月16日投開票の新潟県知事選挙は医師で弁護士の米山隆一氏(49)(共産・自由・社民推薦)が前長岡市長の森民夫氏(67)(自民・公明推薦)を破って当選した。選挙前には与党がこぞって推薦する森氏の圧勝が予想されていたが、蓋をあけてみれば米山氏と森氏の得票差は6万3千票と大きく開いた。結果が事前予想と全く逆になったことで、県民の脱原発の意志の固さをあらためて示すこととなった。
 今回、柏崎刈羽原発の再稼働申請に激しい不快感を表明するなどした前職の泉田裕彦氏は、四選を目指して出馬の意思を明らかにしたが、森氏を筆頭にした原発推進派からの圧力を受け立候補取りやめに追い込まれた。この事態に米山氏は泉田路線を継承するとして立候補したものである。労働組合の連合新潟は森候補を推薦し自・公に加担した。また民進党は自主投票としたが、蓮舫代表が米山応援に駆けつけた。

過労自死を労災認定  電通の体質変わらず■過労自死を労災認定
 電通の体質変わらず


 大手広告代理店の電通(本社・東京、石井直代表取締役執行役員)の新入社員高橋まつりさん(当時24歳)は昨年12月25日、過労自殺した。
 東京三田労基署は自殺1ヶ月前の時間外労働が105時間だったと認定、過労による労災を認めた。高橋さんは東大文学部を卒業し15年4月に入社。人手不足、パワハラまがいの上司の叱責などにより心労は極限にあったと思われる。安倍内閣の「働き方改革」とは労働者を酷使する企業本位の政策でしかない。
この記事の続きを読む »

「沖縄の風」を国会に吹かせよう/伊波洋一さん(参議院議員)

辺野古新基地建設断念を求める7・31全国交流集会での伊波さんの発言

「沖縄の風」を国会に吹かせよう

伊波洋一(参議院議員/元宜野湾市長/沖縄意見広告運動全国世話人)

 本紙前号で既報のとおり、7月31日「辺野古新基地建設断念を求める7・31全国交流集会」が東京御茶ノ水の全電通会館と連合会館で開催され600人を超える人々が参集した。参議院選挙で沖縄から立候補し自民党現職大臣を11万票近くの大差で破り当選した伊波洋一さん(沖縄意見広告運動全国世話人)のあいさつをここに掲載する。

辺野古新基地建設断念を求める7・31全国交流集会

■県民のちからが現職大臣を破った

7・31交流集会での伊波洋一さんの報告

7・31交流集会で報告する伊波洋一さん

 ハイサイ。ご紹介いただきました参議院議員の伊波洋一でございます。
 本日、辺野古新基地建設断念を求める全国交流集会、本当に沖縄が高江を中心に辺野古も含めていちばん緊張状態にあるなかで、こういう集会を通して運動をさらに拡げ、そしてまた沖縄と連帯しながら全国の課題としていただいていることに対して、心から敬意を表したいと思います。私も皆さんといっしょにがんばる決意です。

 ちょうど20年前の1996年に沖縄県議会議員に当選以来7年間県議をし、2003年、宜野湾市長選で当選しまして2期7年半、宜野湾市政を担当いたしました。その頃から普天間の返還に伴う辺野古新基地建設の問題が出ていました。当時は県知事も県議会も名護市長も基地建設推進でありましたが、宜野湾市長の立場で辺野古移設反対を掲げ、その不当性を話してまいりました。
 今回翁長知事を誕生させました島ぐるみ会議やさまざまな県民の応援を得て、7月10日の参議院選挙で、辺野古推進をしてきた現職大臣を破って当選できました事、本当にみなさんのご支援のお蔭だと思っております。
 当選後、21日の高江での集会や27日の国会議員としての行動に参加させてもらっておりますけども、これから国会で、今日皆さま方がここで報告されている様々な課題も含めてしっかり取り組んで行きたいと思います。
この記事の続きを読む »

東京都知事選―鳥越さん残念 新都知事は極右活動家を秘書に

726鳥越演説会(新宿東南口) 7月31日投開票の東京都知事選挙では自民党元防衛大臣の小池百合子が党の公認を得られないまま単独で立候補し、一方自民党は公明党、日本のこころを大切にする党とともに前岩手県知事の増田寛也を立てるという、保守分裂の絶好のチャンスの中、我々は安倍政治に反対する市民、4野党(民進党、日本共産党、社会民主党、生活の党と山本太郎となかまたち)ほか新社会党、緑の党グリーンズジャパン、東京・生活者ネットワークなども含めた大連合で、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんを候補者に押し立ててたたかった。

 鳥越さんは「住んでよし、働いてよし、学んでよし、環境によし」の「4つのよし」を打ち出し、また東京を「非核都市」として宣言しようと呼びかけた。これは核兵器反対だけでなく、原発に対する反対も含むものである。
鳥越候補演説 26日の新宿東南口では、上原公子さん、雨宮処凜さん、澤地久枝さん、鎌田慧さんらの応援のあと、参議院選挙沖縄選挙区で現職大臣を11万票近くの大差で破った伊波洋一さんが登場し、東京での第一声を「鳥越応援」で飾った。伊波さんは糸数慶子さんとともに新会派「沖縄の風」を立ち上げたことを報告し「東京から、沖縄から日本を変えていこう」と訴えた。(→伊波さん発言詳細)

 しかし、選挙結果はこの絶好のチャンスを活かせず、小池候補にダブルスコアの大差をつけられて惨敗した。当選した小池百合子は安倍首相らと同じ極右団体・日本会議に所属し、核武装を主張する改憲論者である。アベノミクスによる結果として生み出されてきた待機児童問題や老人介護予算の削減、青年労働者の非正規化に対して安倍と同じ立場の小池がこれらの問題を解決できるのか。今後の都政に注目していこう。
野田数
■右翼活動家を都政の特別秘書に抜擢!
 小池新都知事は8月2日、政務担当の特別秘書に野田数(のだ・かずさ)氏を任命した。野田氏は戦前の帝国憲法復活を求める請願を起こした右翼の活動家として一般に名が知られた人物。選挙期間中は世論対策上、極右色を控えていた新都知事の正体が早くも顕れた形。
この記事の続きを読む »

当選後の伊波洋一さん東京での第一声

東京での伊波洋一さんの参議院議員としての第一声
――都知事選・鳥越候補応援、新宿駅東南口
伊波洋一さん鳥越候補応援
 みなさん。沖縄では安倍政権に対して「ノー」という大きな結果を出していただきました。今回の都知事選挙、相手候補2人は自民党の候補です。東京では自民党都知事を作っても安倍政権を強くするだけ。私たちは鳥越さんを当選させ、日本には違う声もあるということを知らしめていこうではありませんか。

 「都民の声を聞く都知事を」という標語、まさに沖縄では安倍政権は沖縄の声をまったく聞いておりません。7月10日、私は10万6千400票差という圧勝でしたが、翌日の朝にはあの高江で工事車両を搬入させ、辺野古でも建設を発表するという、安倍政権が日本を支配しています。私たちはこのような日本ではいずれ東京都民の声もどこの地域の声もきかない日本になってしまいます。
鳥越候補演説 この都知事選挙で都民の声、国民の声を聞く政治を誕生させていかなければならない。東京都民がどのような反対をするのか。安倍政権の政治がこの日本を覆いつくすようでは、日本の未来は危ない! 沖縄はまさにその一番のぎりぎりのところで闘っております。皆さんとともに鳥越都知事を当選させ、そして東京から、沖縄から日本を変えていこうではありませんか。

 今日は私の参議院議員としてのスタートの日でございます。国会で糸数恵子参議院議員とともに「沖縄の風」という会を立ち上げてまいりました。沖縄からの風がこの東京にも全国各地にも吹くように、がんばってまいりたいと思います。参議院でも共に闘って勝利を実現してまいりたいと思います。どうもありがとうございました。

「コモンズ」98号の目次に戻る

沖縄選挙区・伊波洋一さん圧勝!‐現職大臣に10万6400票の大差

参院選沖縄選挙区・伊波洋一さんが圧勝
第24回参議院選挙沖縄選挙区 自民党・島尻安伊子現職大臣に10万6400票の大差で

伊波洋一さんが圧勝!

 第24回参議院選挙が7月10日行われ、「基地のない平和な沖縄を」をスローガンにオール沖縄統一候補として立候補した元宜野湾市長で沖縄意見広告運動全国世話人でもある伊波洋一さんが自民党現職で公明党の推薦も得た沖縄担当大臣の島尻安伊子を10万6400票の大差をつけて破り勝利した。
 午後8時に投票が閉めきられると同時に伊波さんの当選確実が発表され、伊波選挙事務所は応援に駆けつけた市民たちの喜びと興奮でいっぱいとなった。

 これにより、参議院沖縄選挙区の非改選1議席(糸数慶子さん)、衆議院小選挙区の4議席(赤嶺政賢さん、照屋寛徳さん、玉城デニーさん、仲里利信さん)を含め、辺野古新基地建設に反対する「オール沖縄」が国会沖縄選挙区6議席の全てを独占することとなった。

大差で惨敗した自民党・島尻現職大臣

大差で惨敗した自民党・島尻沖縄担当大臣

 それに先立つ6月5日投開票の沖縄県議選、県知事選、名護市議選、名護市長選においても全て、「新基地建設反対」の声が選挙の動向を決めてきた。沖縄県民の「民意」はここに明らかとなった

伊波洋一(オール沖縄)356,355票
島尻安伊子(自民党) 249,955票
・金城竜郎(幸福実現党)  9,937票
この記事の続きを読む »

主張】参院選結果と第三次安倍政権との闘い-改憲阻止とともにアメリカ隷従構造からの脱却を

「3分の2」後の戦後国家を巡る政治攻防

改憲阻止とともにアメリカ隷従構造からの脱却を

急ごう!貧困と格差と闘う労働運動再生へ、
「関生型」労働運動の1万人の闘争力・財力を持った運動と組織建設を!


選挙翌日から安倍政権が強権発動! 沖縄・高江ヘリパッド工事強行、機動隊500人 監視テント守れ!全国から支援を集中しよう!

選挙翌日から安倍政権が強権発動!沖縄・高江ヘリパッド工事強行、機動隊500人の暴力から監視テント守れ!全国から支援を集中しよう!(写真:琉球新報13日

71年目の敗戦の歴史的節目に
 今年の敗戦記念日には特別の意味がある。1945年8月15日、昭和天皇がポツダム宣言受諾を宣す 「玉音放送」を行い、8月30日に連合国総司令官マッカサーが厚木に降り立ち、9月2日に日本が東京湾上の米戦艦ミズーリ号で連合国への「無条件降伏文書」に調印し、ここに第2次世界大戦における 「大日本帝国」 の「大東亜共栄圏」をめざす侵略戦争は終結した。その後、天皇制維持のために沖縄・奄美諸島を米国に売り渡した日本は米軍の単独占領下に置かれた。

 1947年5月には戦争放棄をうたった9条 「平和憲法」 が施行され、敗戦直後からの戦後革命の攻防・敗北過程を経て、1951年9月、日本はサンフランシスコ講和条約 (52年発効)に調印し独立を果した。しかしこの独立は占領軍である米軍がそのまま駐留し、超法規的にふるまうことを許す日米安保条約とセットであった。それは、敗戦で解体された日本の独占資本が本格的に復活し、その対米隷従の戦後政治支配体制が形成されていく政治的節目となった。この敗戦以降の数年間に、戦後日本の「この国のかたち」 の基本的性格は形成され、よって平和憲法と日米安保の原理的矛盾をめぐる問題が、陰に陽に戦後の大衆運動の基調に位置してきたのである。

 敗戦から71年。今、沖縄地上戦での夥しい犠牲者、広島・長崎の原爆や大空襲などの犠牲者とともに軍民300万以上の死者、アジアで2000万以上の尊い命を奪った侵略戦争への反省からもたらされた憲法9条の下での戦後の 「平和国家」への歩みは、安倍政権の 「アメリカとともに世界で戦争できる国家」 への野望のために 「安保法制」 が施行され、今夏の参院選挙の結果によって戦後の平和憲法体制を破壊する「改憲」が具体的な政治日程に上る段階に至り、戦後かってない重大な事態に直面しようとしている。

参議院選の結果
 選挙の結果は、マスメデイアも加担した安倍の争点隠しが功を奏し、自民・公明・おおさか維新・日本のこころの「改憲勢力」が衆参両院で改憲発議に必要な3分の2議席を確保することとなった。他方、野党(民進,共産、社民、生活)と市民連合は、全国32の1人区で戦後初めて政策協定をもって統一候補を立てて闘ったが、11の選挙区での勝利にとどまり、総体として「改憲3分の2」を阻止することはできなかった。
 わたしたちはどう闘うか。「3分の2」後の政治攻防への展望・課題を考える上で、特に重視すべきことは、次の点である。
この記事の続きを読む »

イハ洋一さんがんばれ!注目の沖縄選挙区・沖縄の怒りを国会へ

沖縄の声を国会へ!伊波洋一

届けよう!沖縄の怒り、魂の叫び、イハ洋一さんを国会へ!

翁長知事と共に第一声をあげるイハ洋一さん

翁長知事と共に第一声をあげるイハ洋一さん


 6月22日晴れわたった空のもと、沖縄では参議院選挙が始まった。今回の選挙は安倍政権が議席数の3分の2をとって戦争国家に向かうための改憲に歩を進めるのか、それともこの安倍の野望を阻止するのかがかかった正念場である。野党はこれを何としても阻止するために協力し、ついに全国32の1人区全てで野党統一候補擁立に成功した。
 そのひとつである沖縄選挙区では元宜野湾市長で沖縄意見広告運動の全国世話人でもあるオール沖縄候補、イハ洋一さんが、その第一声を那覇新都心で始めた。(以下は「イハ洋一」オフィシャルサイトの動画より抜粋。中見出しは編集部でつけました。)
この記事の続きを読む »

誰でもできる選挙応援運動ー2016参院選

参院選投票方法

比例区は政党・候補者の得票の合計で議席数が決まります。各党の当選順は候補者名の投票数が多い順で決まります。
比例区も候補者名で投票すると、候補とその所属政党の両方を応援できます。

1.個々人への投票依頼
知人、友人、家族などに会い、候補者への投票依頼ができます。自分がその選挙区に住んでいなくても、当該選挙区の知人に依頼できます。

2.電話での依頼
電話で候補者への投票依頼ができます。

3.選挙事務所で手伝い
選挙事務所で各候補の手伝いができます。

4.ウェブサイトなどでの活動
インターネットを使った選挙運動ができます。ホームページ、ブログ、twitter、フェイスブック、ライン、動画共有サイト、動画中継サービスなどを利用した選挙応援活動は誰でも可能です。

注】ただし、電子メールを利用した一般人の選挙活動は禁止されています(候補者と政党しかできない)。詳しくは各候補の選挙事務所、あるいは総務省の「ネット選挙運動」のページをご覧ください。

「コモンズ」97号の目次にもどる

全国32の一人区野党統一候補一覧 全員当選目指して闘おう!

「誰でもできる選挙運動」ーあなたも各候補の応援を

青森    田名部匡代( たなぶ・まさよ )   民進(社)新
岩手    木戸口英司( きどぐち・えいじ )  無所属(民・共・社・生)新
宮城    桜井  充( さくらい・みつる )  民進(共・社・生) 現
秋田    松浦 大悟( まつうら・だいご )  民進(共・社)元
山形    舟山 康江( ふなやま・やすえ )  無所属(民・社)元
福島    増子 輝彦( ましこ・てるひこ )  民進(社)現
栃木    田野辺隆男( たのべ・たかお )   無所属(民・共・社・生)新
群馬    堀越 啓仁( ほりこし・けいにん ) 民進(共・社)新
新潟    森  裕子( もり・ゆうこ )    無所属(民・共・社・生)元
富山    道用 悦子( どうよう・えつこ )  無所属(民・共・社・生)新
石川    柴田 未来( しばた・みき )    無所属(民・共・社・生)新
福井    横山 龍寛( よこやま・たつひろ ) 無所属(民・社)新
山梨    宮沢 由佳( みやざわ・ゆか )   民進(共・社)新
長野    杉尾 秀哉( すぎお・ひでや )   民進(共・社)新
岐阜    小見山幸治( こみやま・よしはる ) 民進(共・社・生)現
三重    芝  博一( しば・ひろかず )   民進現
滋賀    林 久美子( はやし・くみこ )   民進(共・社)現
奈良    前川 清成( まえかわ・きよしげ ) 民進(共・社・生)現
和歌山   由良 登信( ゆら・たかのぶ )   無所属(共・社・生)新
鳥取・島根 福島 浩彦( ふくしま・ひろひこ ) 無所属(民・共・社・生)新
岡山    黒石健太郎( くろいし・けんたろう )民進(共・社)新
山口    纐纈  厚( こうけつ・あつし )  無所属(民・共・社)新
徳島・高知 大西  聡( おおにし・そう )   無所属(民・共・社)新
香川    田辺 健一( たなべ・けんいち )  共産(社・生)新
愛媛    永江 孝子( ながえ・たかこ )   無所属(民・社)新
佐賀    中村 哲治( なかむら・てつじ )  民進(社)元
長崎    西岡 秀子( にしおか・ひでこ )  民進(社・生)新
熊本    阿部 広美( あべ・ひろみ )    無所属(民・共・社)新
大分    足立 信也( あだち・しんや )   民進現
宮崎    読谷山洋司( よみやま・ようじ )  無所属(民・社)新
鹿児    下町 和三( しもまち・かずみ )  無所属(民・共・社)新
沖縄    伊波 洋一( いは・よういち )   無所属新(オール沖縄候補)

「コモンズ」97号の目次にもどる

主張】沖縄・全国の一人区で野党・市民統一候補の勝利を!

7月参院選:安倍の9条改憲のための「3分の2」制覇を許すな!
戦争への道を前に進めてはならない
「安保・戦争法」廃止、辺野古新基地断念・米海兵隊の撤退!
原発再稼働・TPP参加・労働法改悪・貧困と社会保障解体阻止のために闘う候補に投票を!

6・19沖縄県民大会 6月19日、沖縄で、「元海兵隊員による残虐な蛮行糾弾!被害者を追悼し、沖縄から海兵隊の撤退を求める県民大会」が開かれ、6万5000人が集まった(右写真)。県民大会は、「怒りと悲しみは限界を超えている」とし、「県内移設でなく普天間基地の閉鎖・撤去」「在沖海兵隊の撤退」を求める決議(→別掲)を日米両政府に突きつけた。同日、県民大会に連帯し、1万人の国会包囲行動をはじめ41都道府県69カ所で集会が行われた。日本全体が沖縄の怒りにわが事として向き合い行動することが求められている。
 こうした中で、参院選は7月10日投開票に向けて熾烈な選挙戦に入った。参院選挙は、沖縄の民意を切り捨てて辺野古新基地建設を強行し、貧困と格差を拡大し、日米同盟強化・戦争への9条改憲を狙う安倍政治を打倒する絶好のチャンスである。今なら引き返すことができる戦後日本のまさに分かれ道に立つ選挙。決めるのは主権者たるわたしたちだ。沖縄と日本の未来を見つめ1票を行使したい。
この記事の続きを読む »

沖縄県議選 辺野古阻止訴え 翁長知事与党大勝利!

 米軍犯罪、アメリカ政府に物言えぬ安倍政権を今こそ打倒しよう!

参議院選挙はそのチャンスだ!

0605国会包囲 総がかり

県議選勝利の6月5日、国会・農水省前・日比谷に4万人の人々が結集した(写真レイバーネット・shinya


■「基地のない平和な沖縄」に向かう歴史的闘いが始まった


 沖縄の未来への選択のかかった県議選が6月5日投開票され、安倍政権が強行しようとしている普天間基地の辺野古移設阻止を訴えてきた翁長県知事を支える県議会与党勢力が過半数を超え大勝した。一昨年の名護市長選、知事選、衆議院選と続けて示した辺野古ノーの民意が改めて明確になった。しかしこの勝利はそれにとどまらず、沖縄県民が「基地のない平和な沖縄」の実現に向かって、日米両政府との攻防戦において新しいステージに大きく政治的に踏み出したことを意味する。
この記事の続きを読む »

参院選勝利!4・23伊波洋一さんを励ます会 在近畿沖縄県人会が結集

7月参院選での勝利を!在近畿の沖縄県人会が総結集!


4・23伊波洋一さんを励ます会

 近畿に暮らす沖縄出身者で構成する近畿シマンチュの会は、このほど翁長雄志知事を支える「オール沖縄」が7月参院選沖縄選挙区に元宜野湾市長の伊波洋一氏を擁立するとの決定を受け、4月23日大阪市大正区にある大阪沖縄会館で、「伊波洋一さんを励ます会」を開催。伊波氏本人を招き、沖縄在住の関係者友人への理解と協力を求める会を行った。

激励に応える伊波洋一さん

激励に応える伊波洋一さん

 この席には、伊波氏が今年7期目を迎える「沖縄意見広告運動」運営責任の一人でもある武建一連帯労組委員長も参加し、徳之島出身でシマンチュ仲間だとの挨拶で会場は盛り上がった。この他、生コン関連労働組合、協同組合、企業関係者など、300名以上の有志が参加し、同氏の参院選勝利への協力体制を誓った。

 翁長雄志県政の与党的立場の県内政党などでつくる参院選沖縄選挙区の候補者選考委員会(座長・新里米吉県議)は3月9日、那覇市で会合を開き、昨年9月に擁立を決めていた元宜野湾市長の伊波洋一氏で7月予定の参院選に挑むことを全会一致で決定している。

「コモンズ」95号の目次にもどる

1 / 41234