カテゴリー:経済改革

  • 2014グローバル社会的経済協議会の創立総会&記念フォーラム(GSEF2014)

    韓国ソウル市にて グローバル社会的経済体創立される

    2014年11月17日~19日、韓国ソウル市にて「グローバル社会的経済フォーラム(Global Social Economy Forum)2014」(略称「GSEF」ジセッフ)が創立された。以下、ソウル宣言の会HPの丸山茂樹さんによる参加メモ(速報)と、東京新聞の記事から紹介する。

  • アベノミクス経済指標

    「アベノミクス」の欺瞞がもたらす未曾有の危機/同志社大学教授 田淵太一

    元来、「アベノミクス」と称される経済政策は、安倍晋三がめざす「戦後レジームからの脱却」、すなわち憲法改悪と自衛軍創設といった政治目的を達成するための欺瞞策であり、その場限りの欺瞞策であったものが期間を大幅に延長された結果、その効果は破壊的なものとなっている。

  • ソウル宣言シンポジウム

    「2014グローバル社会的経済協議体創立総会及び記念フォーラム」概要

    全地球的な危機と地域問題の解決を追求するために、全世界の社会的経済の先進都市及び民間組織の協力と連帯の場の「2014国際社会的経済協議体の創立総会及びフォーラム(2014 Inaugural Meeting of the Global Social Economy Forum; GSEF2014) 」が2014年11月17日から19日まで3日間、ソウルで開催されます。今回の総会では、昨年開催された2013国際社会的経済フォーラム(GSEF2013)に続き、社会的経済の活性化に社会問題を解決していきている全世界の革新都市と様々な国内外の団体が一堂に会し、より良い未来のためのビジョンと経験を共有し、相互協力を約束するネットワークの場です。

  • 写真中央が、「ソウル宣言」提唱者のパクウォンスン韓国ソウル市長

    「ソウル宣言」の精神をわが国に(その8) ソウル市の壮大な挑戦と関西生コン「共生・協同」運動

    ともかく必要なニーズを必要な社会的経済が供給するそういう世の中にしなきゃいけない。ソーシャルイノベーションにしなければいけない。これはもうエネルギーの問題でも食べ物の問題でも貿易の問題でも、みんなそうなんですよと。そしてみんなが情報を分かちあって参加型の民主主義=パーシティペイトリー・デモクラシーと言うんですけれども。こういうものが必要だと。「じゃあ分かった」と。原因が分かったと。社会的経済、社会的企業、連帯・協同が大事なことも分かった。じゃあそれをどうやったら実現できるのかというのがグローバル社会的経済のネットワークを目指そうということで、実は10項目の具体的な提案をしているんです。一つ一つはとても貴重で含蓄の深いものですけれども、要するにここで彼らが言っているのは、「相手はグローバルなのにこちらは個々がバラバラではダメだ」と。相手がグローバルだったら我々もグローバルにネットワークを作ろうよと。

  • 持論・時論】安倍改造内閣:女性戦略と「地方創生」/大内秀明(東北大学名誉教授)

    新内閣の顔触れには、いろいろ評価が分かれていますが、女性の活躍を進めるため過去最多に並ぶ5人の女性大臣を起用しました。それが効果を発揮したようで、低下していた内閣支持率が急上昇しました。しかし、女性大臣のポストを増やせば、何でもかんでもうまくいくわけではない、安易な利用主義の「女性戦略」には疑問です。女性の差別をなくし、男女共同参画型社会の創造には、むろん賛成です。しかし、とくに最近、女性労働力の利用が急に騒がれだした。会社でも、役所でも、管理職を始め、女性労働力の利用で人手不足を少しでも解消しようとしています。とくに人手不足の深刻な建設現場では、鉄筋工、型枠工、塗装工の技能者まで含め女性を5年間に倍増させる行動計画を立てる。そうした風潮の旗振りに女性大臣のポストを増やす、そんな感じが強いように感じます。

  • 「ソウル宣言」の精神をわが国に(その7)世界の悲惨の元凶「市場原理主義」の克服

    現代世界の問題をどうやったら解決できるのか。今までいろんな国で七転八倒しながらなかなか解決できない。どうしてこんなことが起こるのかというのは、やはりまだ、政治家にも官僚にも業界の大幹部たちにも、大企業が発展すればやがてその恩恵は中企業や下請けに行き、その恩恵が孫請けや零細企業に必ず行くんだという60年代70年代に我々が経験した、あの経験が今でも通用すると思っているんですよ。

  • ソウル宣言プレフォーラムポスター

    「グローバル社会的経済アソシエーション2014」を成功させよう

     ソウル市が11月17~19日に開催する「2014 国際社会的経済協議体創立総会及び記念フォーラム(グローバル社会的経済フォーラム 2014)」を成功させるために、11月2日(日)に東京でプレ・フォーラム「新たな協働の発…
  • NHKスペシャル「震災復興正念場の夏:建設バブルと被災地」

    持論・時論】「建設バブルと被災地」が訴える真実/大内秀明(東北大学名誉教授)

    7月25日夜のNHKスペシャル「震災復興正念場の夏:建設バブルと被災地」は、震災復興の現状の問題点を鋭く生々しく提起しました。被災地の復興の現状として、災害公営住宅の建設の大幅な遅れを取り上げます。すでに災後3年半が近づいているのに、住宅の建設は計画の8・03%しか進んでいない。その遅れにより、いまなお仮設住宅に9万人が避難生活を送り、4度目の夏を迎えて心身ともに疲れ果て、異常な病的状態に追い込まれている。もともと復興計画の期間は5年間で、残りは1年半しかない。(中略)これから1年半で、残りの92%をこなすことなど到底不可能でしょう。深刻な建設バブルの矛盾と混乱が、すでに災害公営住宅の建設現場に襲い掛かっている。「建設バブル」で何が起こっているのか?

  • シェア!

    「ソウル宣言」の精神をわが国に(その6)ボローニャ・国家に先行した協同組合の存在

    私は何回もケベックにもボローニャにも、もちろんソウルにも、マニラ、ケソン、フィリピンも参っておりますけれども、やはりどうやってこういうことが上手く行くんだろうなぁということを考えた場合に、企業経営というのはですね、生協みたいに物を仕入れて売るというのは比較的単純なんですよ。やっぱり物を作るには原材料が必要です。加工するには技術が必要です。販売するのも必要です。アフターケアも必要です。しかもそれが持続しなきゃいけない。2年か3年は上手く行ったけど、その後受注できないのではしょうがない。そこをどうやっていくかという、生産協同組合というのは消費協同組合と原材料というものとリンクしないと上手く行かない

  • マネー至上主義の一掃へ

    「ソウル宣言」の精神をわが国に(その5)マネー至上主義の一掃へ

    穀物を買ってみたり、金を買ってみたり、石油を買ってみたり。それで今、買ったり売ったりして一番激しいのが国債です。それでリーマンショック以後、ヨーロッパのスペインとかギリシャで危機が起こり、今また「今度はどこだ?アルゼンチンか?」という風に言われております。マネー資本主義というものが世界中を支配するのですけれども、それが上手く行かなくなるとどうなるかというと、オバマ政権がやったのは、「GM(ジェネラルモータース)を潰すわけにはいかない」と言って莫大な税金を注いだのです。銀行、証券、自動車会社。これは国民の税金で救済しましたが、しかし、それが一般庶民まで及んだわけではないのです。

カテゴリ一覧

  1. コモンズ最新号目次
季刊「変革のアソシエ」No.29

アーカイブ

さようなら原発 さようなら戦争全国集会

最近の記事

  1. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子
  2. 堺市竹山市長3選
  3. さようなら原発 さようなら戦争全国集会」 代々木公園
  4. 辺野古新基地建設を許さない10.4集会
  5. イラスト ピンチはチャンス
  6. 服部良一さん

特集(新着順)

  1. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  2. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  3. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  4. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  5. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る