スケジュール

1
2
3
4
5
6
7
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 18:30
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 @ 日本教育会館
10月 7 @ 18:30
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 2020年7月9日(木)(延期)  日時:2020年10月7日(水)18:30~ ■ 会場:日本教育会館  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2  都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分  都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分  https://www.jec.or.jp/access.html ■ 内容(予定):  主催者挨拶:寺井一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)  基調講演:又坂常人(信州大学名誉教授)「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」  特別報告:伊藤真(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)「違憲訴訟の現状と課題」  リレートーク:宮崎礼壹(れいいち)(元内閣法制局長官)/飯島滋明(名古屋学院大学教授)/新井 章(弁護士)/半田 滋(東京新聞論説委員)/市民代表:全国弁護団からの報告(群馬、横浜、女の会、釧路、山口等)  メッセージ:山田洋次(映画監督)/青井未帆(学習院大学大学院教授)(オーストラリアから) ■ 参加費¥500 ■ 予約:チケットぴあPコード:645395 ■ 主催:安保法制違憲訴訟全国ネットワーク ■ 協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ■ 連絡:安保法制違憲訴訟の会  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階  Tel 03-3780-1260 E-mail office@anpoiken.jp)  http://anpoiken.jp/
8
10・8判決 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座り込み集会 08:00
10・8判決 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座り込み集会 @ 大阪地方裁判所前公園
10月 8 @ 08:00 – 13:00
10・8判決 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座り込み集会 @ 大阪地方裁判所前公園 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 日時:2020年10月8日(木)8:00~13:00 ■ 場所:大阪地方裁判所前公園 〒530-8522 大阪市北区西天満2-1-10(アクセス)      皆様ご存知の通り、全日建連帯労組関生支部の委員長はじめ全ての組合員の奪還は全国の支援者のご協力により叶いました。しかし、この大弾圧の闘いは現在、近畿各地裁等で裁判闘争へと移っています。そして、関生支部の大弾圧から、全国の労働組合に対する弾圧、共謀罪先駆けによる平和運動はじめとする市民運動への更なる弾圧へとつながりつつあります。このような事態を変えれるのは労働組合、市民団体を含めた、私たち一人ひとりの行動と叫びにかかっています。  これまでも、労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会(反弾圧実行委員会)は定期的に集会等を開催してきました。しかし、これからは公正な裁判を求める為に、今まで以上の本気度を一人ひとりが出さなかくてはいけません。そこで、10月8日(木)の判決の日に添付ビラの通りの座り込み集会を開催します。 この日の判決で終わる事はありませんが、この後に続く大きな集まりにしたいと思いますので、各自マスク着用での参加をお願いいたします。 ■ 主催:労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会  連絡TEL06-6575-3131(全港湾大阪支部)
9
10
11
五輪・万博・都構想はいらない10・11集会・デモ 14:00
五輪・万博・都構想はいらない10・11集会・デモ @ 大淀コミュニティセンター
10月 11 @ 14:00 – 16:00
五輪・万博・都構想はいらない10・11集会・デモ @ 大淀コミュニティセンター | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 五輪中止から廃止へ!  安倍首相の「福島はアンダーコントロール」というウソから始まった2020年東京オリンピック・パラリンピック騒ぎ。  新型コロナウイルス感染の拡大が国内でも、世界的にも続いている中で、2021年開催は不可能です。  そもそも「平和の祭典」と言いながら、感染拡大に苦しんでいる世界の国々の状況も配慮せず、福島原発問題への取り組み、コロナ危機への対応を妨げてまで開催するべきなのでしょうか?  安倍首相またはその後任者とIOCは、いつまでも政治的・経済的な思惑で開催にこだわるのをやめて、今すぐ、自らの責任で中止を決断すべきです。  オリンピックや万博などの大型イベントと巨大開発、カジノ・IR、リニア新幹線などによって消費を煽るという歪んだ経済のあり方こそが、私たちの社会を災害や感染に対して脆弱にしてしまったのではないでしょうか?  また、天皇代替わりとオリンピックを通じて煽られてきたナショナリズムは、コロナウイルス感染のパンデミックの中でも危険が増しています。  私たちは五輪中止だけではなく、五輪の廃止の声を広げていきたいと考えています。  オリンピックや万博などの巨大イベントを利用して都市空間を再開発し、住民の生活空間や公共空間を次々と囲い込んでいく「ジェントリフィケーション(高級化)」が現在、世界の多くの都市で深刻な社会矛盾をもたらしています。  大阪都構想や万博・カジノについてもそのような視点からの批判を強めていくことが重要だと考えます。  この集会では、そのような視点から鋭い批判を続けている原口剛さんの講演を中心に、五輪・万博・都構想に一貫している問題とそれに対する闘いの方向について共有していきたいと考えています。  ぜひご参加ください。 ■ 日 時:2020年10月11日(日)  午後2時~4時 集会  午後4時15分から梅田HEP前までデモ(約45分) ■ 会 場:大淀コミュニティセンター・1階ホール  〒531-0074 大阪市北区本庄東3-8-2  地下鉄谷町線・堺筋線、阪急「天神橋筋六丁目」下車 徒歩8分  「天神橋筋六丁目」11号出口を出て北へ、  天神橋8丁目交差点を左折、関電ビルの北側へ  地図→https://tinyurl.com/yxthpxre ■ 内 容: ・実行委員会からの訴え: 「オリンピック・万博・大阪都構想やってる場合か?!  コロナ危機下での私たちの命と生活を守るために」  河住かずみさん(コロナ生活補償・市役所前座り込み行動) ・講演「開発主義の暴力を解体するために」  原口剛さん(神戸大学人文学研究科准教授) ■ 参加費:500円(応相談) ■ 主 催:オリパラ反対実(東京オリンピック・パラリンピック反対!実行委員会)
12
13
14
15
16
17
18
反戦・反貧困・反差別共同行動~白井聡さん、伊波洋一さん講演 14:00
反戦・反貧困・反差別共同行動~白井聡さん、伊波洋一さん講演 @ 京都・円山野外音楽堂
10月 18 @ 14:00
反戦・反貧困・反差別共同行動~白井聡さん、伊波洋一さん講演 @ 京都・円山野外音楽堂 | 京都市 | 京都府 | 日本
第14回 反戦・反貧困・反差別共同行動 in 京都 変えよう!日本と世界 ポストコロナ、ポスト・トランプ、安倍 ~われわれは、どのような社会をめざすのか~ ■ 日時:10月18日(日)午後2時~(開場午後1時30分)  ※雨天決行 ※集会後デモ(京都市役所前まで) ■ 場所:京都・円山野外音楽堂  〒605-0071 京都市東山区円山町 円山公園内  地下鉄東西線「東山駅」より徒歩13分  京阪「祇園四条駅」より徒歩約10分  阪急「河原町駅」より徒歩15分  地図→https://tinyurl.com/yymfbhy2 ■ 講演: ①ポストコロナ、われわれは、どのような社会をめざすのか  -白井聡さん(思想史家、政治学者、京都精華大学教員) ②沖縄の声を国会で、未来を決めるのは私たち  -伊波洋一さん(政治家、沖縄県選出の参議院議員、会派「沖縄の風」幹事長) 公演:反戦・平和を唄う、浪花の歌劇派芸人パギやん  -趙博(チョウ・バク)さん 特別報告:  服部良一さん(元衆議院議員)の国会情勢をはじめ数人から連帯あいさつ。 ※入場無料 ※コロナ感染対策として各自マスクを持参してください。 ■ 主催:反戦・反貧困・反差別共同行動 in 京都 実行委員会  代表世話人:仲尾宏  世話人:  工藤美彌子、新開純也、高橋幸子、田川晴信、渡川順朗、  干葉宣義、野坂昭生、米澤鐵志(50音順) ■ 連絡先:〒601-8003 京都市南区乗九条西山王町7  NPO社会労働セッター「きずな」内  問合せ:TEL 090-5166-1251(事務局長・寺田道男)      FAX 075-981-4121 ★記録集発売!「反戦・反貧困・反差別共同行跡in京都」の13ヶ年の闘いの記録と、その時代・状況に対峙してきた取り組みの収録-「死ぬ日まで空を仰ぎ 一点の恥辱なきことを」を作成。  頒価:1部1000円(送料別・2部まで370円)  問い合わせは上記実行委員会へ。
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
“他者への想像力”を~日韓の歴史認識をめぐる問題にジャーナリストと共に目を向けて 13:30
“他者への想像力”を~日韓の歴史認識をめぐる問題にジャーナリストと共に目を向けて @ オンライン
10月 31 @ 13:30 – 16:00
“他者への想像力”を~日韓の歴史認識をめぐる問題にジャーナリストと共に目を向けて @ オンライン
【同時通訳付き Web開催】 SJFアドボカシーカフェ第67回 “他者への想像力”を ~日韓の歴史認識をめぐる問題にジャーナリストと共に目を向けて~  組織ジャーナリズム・メディアの報道に接する日々において、政権に対する「忖度」やフェイクニュースの横行など目を覆うばかりの状況に不信感や危機感が高まっています。  長年メディアの中で活動をしてきたベテラン(?)のおじさん・おばさんたちも危機感を共有してきました。そこから、ジャーナリストを目指す若い人たちに「権力を監視し、市民の側に立つ」という姿勢を育んでもらおうと、「ジャーナリストを目指す日韓学生フォーラム」の活動が3年前から始まりました。  なぜ「日韓」なのか。日韓の間には、従軍慰安婦や徴用工の人たちのこと、強制労働など、今も「歴史認識」をめぐる問題が横たわっています。その解決のためには、まずお互いが相手を学び、理解していくことが必要です。その行為は、ジャーナリストにとって大切な“他者への想像力”に思いを寄せることにもつながります。  ジャーナリストが日々伝える「今」の一つひとつは、「過去」つまり歴史を背負っています。そこに目を向けられるようなジャーナリストが日本で、韓国でニュースを発信していければ、今のメディアは少しずつ変わっていけるのではないか。そんな日韓学生フォーラムの試みをもとに、日韓の皆さんと歴史認識を共有する道を探っていければと思います。 ゲスト 〇植村隆さん:  1958年、高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒、82年、朝日新聞社入社。大阪社会部記者などを経て、テヘラン、ソウル特派員。北海道報道部次長や外報部次長などを経て、北京特派員、函館支局長など。2014年、早期退職。17年秋に「ジャーナリストを目指す日韓学生フォーラム」をジャーナリスト仲間たちと立ち上げる。また現在まで、16年より韓国カトリック大学客員教授、18年より週刊金曜日発行人兼社長、19年6月から「金曜ジャーナリズム塾」塾長も務める。 〇西嶋真司さん:  1957年生まれ、早稲田大学卒。81年に「RKB毎日放送」入社。記者として報道部に配属され、91~94年にJNNソウル特派員。2000年に制作部に異動し、ドキュメンタリー番組を制作。18年に退社し、映像制作会社「ドキュメント・アジア」を設立。ドキュメンタリー映画の代表作に『抗い 記録作家 林えいだい』。現在は元朝日新聞の植村隆記者のバッシング問題をテーマにした映画『標的』を制作中。 〇「ジャーナリストを目指す日韓学生フォーラム」に参加し、現在メディアで働く記者や学生も出演します。 詳細 ●日時: 2020年10月31日(土)  13:30~16:00 ※受付時間13:00~13:25 ●会場: オンライン開催 ★オンライン会議システム・Zoom(言語通訳機能付き)を使用します。スマホやPC等の端末から参加いただけます。参加方法の詳細は、お申込みくださった方に10月26日までにメールいたします。 ★グループ対話セッション(逐語通訳付き)や、ゲストとの対話も行う予定です。聞くだけの参加も可能ですが、この対話の場を一緒につくれるよう、お声を出していただけましたら幸いです。参加者さまのお顔は写らないよう初めはこちらで設定いたしますが、グループ対話中は、自主的にお顔を写していただけます。 ●参加費: 無料  ※通信料は参加者さまのご負担となります。 ●お申込みフォーム: https://socialjustice.jp/20201031.html ★先着50名様。完全事前登録制(上記フォームからのみの受け付けとなります)。 ★締め切りは【10月25日】、または【定員に達した時点】の早い方とさせてください。 ●イベントホームページ: http://socialjustice.jp/p/20201031/ ★同時通訳(日本語・韓国語)をいたします。 ★韓国語でのご案内ページ http://socialjustice.jp/p/ko20201031/ もございます。オンライン開催のため韓国など海外からの参加も容易です。もしお知り合いで韓国語でのご案内の方がよろしい方がいらっしゃいましたら、こちらのリンクを広めていただけましたら幸甚です。 ― 助成: オープン・ソサエティ財団/JANICグローバル共生ファンド ― ■主催・お問い合わせ先: 認定NPO法人まちぽっと ソーシャル・ジャスティス基金(SJF) メール: info@socialjustice.jp
止めよう!沖縄・南西諸島への大軍拡!~小西誠さん講演 18:30
止めよう!沖縄・南西諸島への大軍拡!~小西誠さん講演 @ かながわ県民センター
10月 31 @ 18:30 – 20:30
止めよう!沖縄・南西諸島への大軍拡!~小西誠さん講演 @ かながわ県民センター | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
■ 日 時: 2020年10月31日(土)  18:30~20:30 (開場18:15) ■ 場 所: かながわ県民センター2Fホール  横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2(横浜駅きた西口から徒歩5分)  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u3x/cnt/f5681/access.html ■ 資料代: 800円 ■ 定 員:事前申込み優先で130名  申込先: ytkouen@gmail.com  Fax: 045-881-2772 Tel: 070-6481-4362 ■ プログラム ※予告なく変更する場合があります ⭐18:30~19:00 闘うシンガー川口真由美さんの歌 ⭐19:00~20:00 小西誠さんの講演 ・要塞化される琉球弧~対中国の日米共同「島嶼戦争」~ミサイル戦争の実態 ・琉球弧全域のミサイル基地化・要塞化計画ー与那国島・石垣島・宮古島・奄美大島・馬毛島への新配備 ・エアシーバトルとオフショア・コントロール、オフショア・バランシングと南西シフト ・国民保護法と住民避難~「非武装地域」宣言 再び沖縄を戦場にするな! ⭐20:00~20:30 質疑応答 賛同金募集中!  一口千円 口座名:横浜講演実行委員会2020  〒00290ー1ー98382 店名〇二九 0098382 主催  横浜講演実行委員会2020 ytkouen@gmail.com    
ページ上部へ戻る