スケジュール

1
2
分断の時代を越える2.2シンポ 1968年-89年-そして世界と日本の「現在」を考える 小倉利丸・山口智之ほか/水道橋 18:00
分断の時代を越える2.2シンポ 1968年-89年-そして世界と日本の「現在」を考える 小倉利丸・山口智之ほか/水道橋 @ スペースたんぽぽ
2月 2 @ 18:00 – 21:00
分断の時代を越える2.2シンポ 1968年-89年-そして世界と日本の「現在」を考える 小倉利丸・山口智之ほか/水道橋 @ スペースたんぽぽ | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ パネリスト  小倉利丸(現代資本主義批判研究)  山口智之(APFS 労働組合)  津川 勤(差別・排外主義に反対する連絡会)  原 隆 (NO-VOX Japan)  司会/坂本 健(早稲田あかね) ■ 日 時:2019年2月2日(土)18時~(17時半開場) ■ 会 場:スペースたんぽぽ   東京都千代田区神田三崎町2丁目6−2ダイナミックビル4階  http://vpress.la.coocan.jp/tanpopotizu.html ■ 資料代:500円 ■ 主催:反資本主義左翼(LAC) 連続講座  連絡先 090-1429-9485荒木 いま世界では、格差・不平等の広がりとともに、二極化と分断が深まる中、グローバリズムとナショナリズムそしてデモクラシーが、相互にトーンを上げながらきしみを立てている。 「1968年」と現在との間に深い「断層線」を走らせたものは何か? 1989年の「冷戦」終焉から30年―世界情勢は大きく転換した。現在は、歴史的にみて、どんな時代なのか? 歴史は繰り返すのか? 「1度目は悲劇として、2度目は喜劇として」とは、『ルイ・ボナパルトのブルュメール18日』でのマルクスの言葉だ。歴史が繰り返されるかどうかはともかくとして、繰り返されなかった「過ち」はない。 「日本ではどういう展望がありうるか?まだまったく見えてこない。しかし、確かなことは日本一国内の視野ではなく、それが広く世界に向けて開かれ、かつ足はしっかりと日本に立ってということだけは、はっきりしていると思う。空間軸をそのようにとるとともに、時間軸も過去・現在・未来のその両方から検証し、理論化していく努力もまた緊要であろう。」(山口健二) 資本主義グローバリズムによる貧富の格差・不平等の広がりが、社会の二極化と分断をもたらす中、かつてないほど既成政治の劣化と不安定、そして「民主主義の危機」が言われている。曖昧にしていた政治的な対立や矛盾もあらわになってきた。だが、「ひとり日本だけが奇妙な静けさに包まれている」(1.7日経)中で、草の根からのデモクラシーと台頭するナショナリズムとがせめぎ合う欧米のように、日本にも「新たな激動の時代」が到来するのか?果たして「国境を越えて団結する運動」(バーニー・サンダース)が創れるかどうか? 「幾度もの失敗を踏み台にして、さらなる高みを目指せ!」(韓国映画『密偵』より) 越えられない壁など、ないのだから。 (文責:原 隆) ーーー 前回、私たちは鵜飼哲さんを招いて「パリ5月革命・プラハの春から50年」シンポを開催しました。 そこでは50年前に世界中でまきおこった「革命」が、それまでの国家・階級・前衛党といった枠組みを超えたものであったこと、たとえば女性や障碍者の問題、国内の被差別者からの告発なども踏まえ、自分たち自身のあり方すら問い直す、いわば社会・文化・大衆生活などの全般にわたり、「人の数だけの68年」とも言うべき、すさまじい多様性を私たちが獲得していったことを学びました。 そこでは議会内の政権交代さえなかったのに、やはりそれは「世界革命」であり、極左から極右まですべての勢力、そして政治を身近に感じてはいない層まで含めて、今もすべての人々がその影響下で「革命後の世界」を生きていることを知りました。 それから21年後の89年、ベルリンの壁が崩壊し、冷戦が終結しました。それは根本的には自由や民主主義といった普遍的な価値観と進歩の勝利であり、それに反するスターリン以来の抑圧的なあり方が否定され崩壊していったということでした。その波はいわゆる「東側陣営」のみならず、西側を含めた全世界に波及するべきものでした。そして私たちは「68年革命」において、そのための方途と武器を手にしていたはずだったのです。 さらにそれから30年。世界は、そして日本は、偏狭な国家主義を否定して、自由や民主主義を基調とした、互いを尊重する連帯社会になっているでしょうか?沖縄に対する残酷なまでの抑圧、ヘイトや差別の蔓延。冷戦終結は単に「資本主義の勝利」のように都合よく喧伝され、自由の風どころか弱肉強食の新自由主義が世界を席巻しました。対抗するはずの左翼は「社会主義」というオルタナティブを取り上げられ、現状への不満は差別を煽るヘイト勢力に吸収され、それによってますます連帯するべき人々の分断は加速していきました。 なぜこのような滑稽なことになってしまったのか?いつまで私たちは自分で自分の首を絞め続けるのか?このたび、前回のシンポを引き継ぎ、政治学者の小倉利丸さんをお招きして、今一度歴史的に問題を整理し、私たちのよって立つべき足場の確認、進むべき方向と内容を語り合いたいと思い、「分断の時代を越える2.2シンポ」と題して第2回シンポを開催することとしました。みなさまのご参加をお待ちしています。 (文責:草加耕助)
今だから語りたい!森友問題の「真実」/豊中市 19:00
今だから語りたい!森友問題の「真実」/豊中市 @ アクア文化ホール
2月 2 @ 19:00
今だから語りたい!森友問題の「真実」/豊中市 @ アクア文化ホール | 豊中市 | 大阪府 | 日本
 森友問題をスクープしたことでNHK記者を辞めざるをえなくなった相澤冬樹さんと、財務省から公文書改ざんを命じられ、自殺に追い込まれた近畿財務局職員の元同僚に、今だから語れる森友問題の「真実」を存分に語っていただきます。 対談1:相澤冬樹さん(元NHK記者、現大阪日日新聞論説委員)     VS     木村真さん(森友学園問題を考える会・豊中市議) 対談2:近畿財務局元職員(近畿財務局元職員の人数は未定です。)     VS     山本いっとくさん(森友学園問題を考える会・前豊中市議) ■ 日 時:2019年2月2日(土)19:00~(開場18:30) ■ 会 場:アクア文化ホール(豊中市立文化芸術センター 中ホール)  〒561-0802 大阪府豊中市曽根東町3-7-2  阪急「曽根」駅より徒歩5分  http://www.toyonaka-hall.jp/access/ ■ 参加費:500円(障害者.学生300円、介助者無料)  ※手話通訳あり ■ 主 催:森友学園問題を考える会  連絡先:TEL/FAX 06-6844-2280 ※facebookページやTwitterでも森友学園問題を発信しています。  https://ja-jp.facebook.com/groups/700114636825339/  https://twitter.com/moritoyo170208
3
GSEF 2018 ビルバオ大会・日本実行委員会 東京報告会 13:30
GSEF 2018 ビルバオ大会・日本実行委員会 東京報告会 @ 明治大学駿河台キャンパス
2月 3 @ 13:30 – 17:00
GSEF 2018 ビルバオ大会・日本実行委員会 東京報告会 @ 明治大学駿河台キャンパス | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 日 時:2019年2月3日(日)13:30~17:00(開場13:00 ) ■ 資料代:500円 ■ 会 場:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント4031教室  アクセスマップ・キャンパスマップ  GSEF(クローバル社会的連帯経済フォーラム)は、2年に1回国際大会を開催しています。今年は準備大会含め第4回大会にあたり、スペインのビルバオ市で「GSEF2018 ビルバオ大会」として10月1~3日、84 カ国、1700 名の参加で開催されました。日本からは「ソウル宣言の会」が呼びかけ「GSEF2018 ビルバオ大会・日本実行委員会」として、現地合流含め44名で参加しました。他にはワーカーズ・コープ、学者、研究者等10名近くの参加がありました。  しかし日本からは、国の機関や自治体からの参加はなく、GSEF が地方自治体と市民との連携を強く意識していることから残念なことであり、今後の課題として残りました。それでも今までの大会よりも多様な人々の参加となり、日本でも「社会的連帯経済」に対する関心が高まっていることを示しました。国際的にはILOや、国連社会的経済研究所(ジュネーブ)等の国連機関や、RIPESS、モンブラン会議等の国際団体の参加、世界のGSEF 会員、準会員だけでなく、ニューヨーク市やケソンシティ、次回2020 年の開催地となったメキシコシティ等、多くの自治体の参加がありました。世界では着実に広がり、関心が寄せられていることを実感しました。  そこで実り多き大会となったビルバオ大会東京報告会を、以下の様に開催致します。多様な報告と論議がなされ、大会の充実ぶりが伝わると思います。  なお、今回の参加は「ビルバオ大会・日本実行委員会」で取り組みましたが、2 年後のメキシコシティ大会には一段と枠を広げて「社会的連帯経済日本協議会(仮称)」を組織して参加したいと考えています。そのためのキックオフ大会にもしたいと思っており、多数のみなさまの参加をお待ちしております。 ■ テーマ : 世界大会から見えてきた日本の社会的連帯経済運動の課題と方向性 日本の運動の足りない点、優れた点を評価し、その上でどのようにして発展させていくか、そのためには私たちは、何をなすべきかを探ります。 <第一部> ◆基調報告:GSEF ビルバオ大会日本実行委員会団長  栁澤敏勝氏(明治大学商学部教授・元日本協同組合学会会長) <第二部> ◆パネルディスカッション  青竹 豊氏 <日本協同組合連携機構(JCA)常務理事>  木村 庸子氏 <生活クラブ生活協同組合(千葉)理事長)>  相良 孝雄氏 <協同総研 事務局長・理事/日本労協連理事>  鈴木 岳氏 <(公財)生協総合研究所 研究員>、 ■主催:GSEF2018 ビルバオ大会・日本実行委員会 ■連絡先 事務局:ソウル宣言の会 電話:03-6382-7605  FAX:03-6382-6538  〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1 ニューグリーンビル301 号「共同センター東京」内  E-mail:seoulsengen@gmail.com  URL:https://www.seoulsengen.jp/ —– ≪参考:ビルバオ大会テーマ≫ 価値:社会的連帯経済を育てる新しい成長モデルの柱と根っこ; 自己管理、相互支援、自律性、平等性、民主性、経済的連帯、および社会と環境へ責任。 競争力:競争力は、社会的連帯経済と無関係ではなく、むしろその価値の一部を測るパラメータであると、示すこと。競争力を価値との結びつき、言いかえれば、社会的市場経済は、社会的連帯経済を広く受け入れさせるベースである。 包摂的で持続可能な地域創生:社会的連帯経済は、困難に直面している地域開発を経済活動の持続可能な成長と結びつけることができる能力をもつことを示し、その形態、複数の文化、世代などに多様化している社会の要求にも関心を向けさせている。 テーマ:包摂的で持続可能な地域創生への価値と競争力 サブテーマ: 1.公共政策の共同創出 2.地域の改変に対する社会的連帯経済の貢献 3.社会的連帯経済機関の成長に向けた課題 4.仕事と雇用の将来・社会的連帯経済の役割 ≪参考:GSEF2018ビルバオ宣言≫ *2016年のモントリオール宣言をベースに、私たちSE(社会的経済)とSSE(社会的連帯経済)組織、 地方と地域の政府、ネットワークやその他パートナーの代表者達は、さらに以下に対してコミットする。 *公共政策の共同創出と共同展開を継続し、私たちの都市やコミュニティが直面する主要な困難を 克服するために、私たちがそれぞれ演ずる中心的役割を明確に肯定する ①市民社会からのインプットを集め調整する金融プロセスと、フォーラムを支援する努力を、優先順位をつけ、追求し続ける ②すべてのレベルでの活動家の知識を改善し、ベストプラクティスの普及を支援するために、SEとSSE事業体の必要と専門性は何かを特定する研究を認知し支援し、そのインパクトを測定する ③SEとSSEに関する国連リゾリューションにふさわしいメンバー国を擁護する ④都市と農村の双方においてテリトリー間の提携進展の点でさらに協働 を強め、すべてのレベルの政府 (地方、広域圏、国家、国際) において より高度な政策の首尾一貫性に向けて働く ⑤SEとSSE のさらなる発展を支援するために、倫理的でこれまでにない連帯的な金融を活性化させる ⑥望ましい環境に優しく公正な社会革新を生み出すため、環境運動の生産~消費の循環における透明性をより高めるように改善する 私たちはこれらの解決策を実現するために、SEとSSE事業体、政府機関、大学、研究機関、国連およびその他の国際組織のそれぞれが、その役割、責任そして持てる力とをうまく機能させることと、包摂的で公正で弾力的な持続可能な地方の発展を確実なものにするための協働によって、一歩ずつ着実に前進する
4
辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れ行動 18:30
辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れ行動 @ 防衛省前
2月 4 @ 18:30 – 19:30
辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れ行動 @ 防衛省前 | 新宿区 | 東京都 | 日本
抗議文持参OKです。 辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れ行動 日 時:2019年2月4日(月)18:30~19:30 場 所:防衛省前     JR・地下2鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分     http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html 主 催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会     http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html 連絡先:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)     http://www.jca.apc.org/HHK/
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
ページ上部へ戻る